fc2ブログ

京都母子旅 6

明治創建の平安神宮 2021-7-1参拝  2021-8-17

京都に用事があり、これ幸いにと社寺巡りにも行ってきました。
旅の友は長女です。
なのでメジャーな京都の社寺を中心に巡ってきました。
用事より社寺巡りがメインになってしまいました^^;

7月1日のコース
清水寺→地主神社→清水門前から祇園→平安神宮→二条城
7月2日のコース
金閣寺→晴明神社→大将軍八神社→東向観音寺→北野天満宮→
千本釈迦堂→千本ゑんま堂→釘抜地蔵

- 平安神宮 へいあんじんぐう -

祭神は平安京に遷都した桓武天皇と
平安京最後の天皇である孝明天皇です。

明治28年3月15日、平安遷都1100年を記念して創建されました。
当時の京都は幕末の戦乱で荒廃し、首都が東京へ遷たことにより、
目を覆うほど衰退していたそうです。
そんな中、民衆の京都復興の思いもあり復興事業が展開され、
平安神宮が創建されました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




今回の旅はバス地下鉄のフリーパス2日券を使いました。
コロナ前の京都では、バスに観光客が溢れて市民がバスに乗れなくて
問題になっているとTVで見ましたが、今日は余裕で乗れました。

ただ地下鉄は烏丸線と東西線の二つしかなくて、あまり使えませんでした。
地図を見て、いっぱい線があると思ったのは阪急や京阪でしたーー;

バスに乗って平安神宮に来ました。
ここも娘の希望です。

私は小学校の修学旅行と15年くらい前に桜を見に来ました。
小学校の時の記憶はあまりないですけど、
枝垂れ桜はとても良くて、記憶に残ってます。

2021-7京都母子旅 (103)

平安神宮の周りには公園や図書館、美術館、動物園も建ち並び、
道も広く緑が多くて気候が良ければ絶好の散歩コースです。

2021-7京都母子旅 (101)

前に来た時は桜の時期でもあったので、この辺にずらっと観光バスが停まっていて、
たくさんの観光客で溢れていました。

2021-7京都母子旅 (102)

緑の屋根と朱色の柱が美しい神門。
応天門(おうてんもん)と言う名前の門です。

2021-7京都母子旅 (104)

とても大きくて広い平安神宮の境内。
全景を撮ろうと思うと、こんなに小さくなってしまって左右の美しい楼が
良く見えなくなってしまいました;;

2021-7京都母子旅 (106)

平安神宮の社は平安京の正庁「朝堂院」を約8分の5の規模で再現されています。
これよりもっと大きかったんですね。
拝殿は当時の大極殿です。

平城京の時代はこんなにガランとしてなくて、ここに12堂以上の建物が建ち並んでいました。
正庁ですから、たくさんの人が働いていたんでしょうね~

平安神宮朱印

御朱印。

拝殿の向こうに内庭があって内拝殿があってその向こうに本殿があります。
内拝殿は遠目に見えるけど、本殿は全く見えませんでした。

2021-7京都母子旅 (105)

左右のカッコイイ楼は蒼龍楼(そうりゅうろう)・白虎楼(びゃっころう)と言います。

平安神宮の建物は明治に建てられ、1976年に過激派により放火され本殿、内拝殿も
焼失しましたが、全国からの募金などにより再建され、重要文化財となりました。

2021-7京都母子旅 (123)

神苑を拝観します。600円。

神苑も平安神宮の創建と共に造られ、
社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなっています。
約1万坪の大規模な池泉回遊式庭園で、国指定名勝。

造ったのは造園家7代目小川治兵衛らの手によるものです。

2021-7京都母子旅 (108)

順路に沿って入るとまずは南神苑。

2021-7京都母子旅 (109)

緑豊かで自然な感じで、これはこれで良いんですけど、
前に見た庭園と違うな~と思いながら見学してました。

2021-7京都母子旅 (110)

歩を進めて行くと池に出ました。
そうそう、こんな感じだった~この辺りが枝垂れ桜で有名な場所です。
残念ながら今は真緑ですけどね。

2021-7京都母子旅 (111)

この辺は多分、西神苑。

2021-7京都母子旅 (112)

西神苑には白虎池があります。
この時期は水連が咲いています。

2021-7京都母子旅 (113)

歩いている人も神職さんだと絵になりますね。

2021-7京都母子旅 (114)

ここら辺は中神苑かな~?
似たような写真なんで分からなくなってきました^^;

2021-7京都母子旅 (115)

中神苑には水連と梅花藻が咲いていました。
梅花藻は水草に咲く梅のような小さな花です。
なんとも涼しげで可憐な花です。

2021-7京都母子旅 (116)

中神苑の池は蒼龍池と言います。
黄色の水連がキレイです。

2021-7京都母子旅 (117)

この飛び石は臥龍橋と言います。
石柱は天正年間に豊臣秀吉が造営した三条大橋と五条大橋の橋脚の石材だそうです。

飛び石は渡りたいんだけど、落ちたらどうしようと言う不安があります。
多分、落ちることはないんでしょうけど、落ちた人はいるのかな?とか、思いません?

2021-7京都母子旅 (118)

黄色の水連。造花みたいに見えます。

2021-7京都母子旅 (120)

東神苑に入ってきました。
中央に栖鳳池。池の中の島は鶴島・亀島。
正面の橋が泰平閣(橋殿)、右が尚美館(貴賓館)です。

2021-7京都母子旅 (121)

泰平閣は京都御所から移築されました。

2021-7京都母子旅 (122)

平安神宮では結婚式もできて、和風の豪華な建物がちらりと見えました。
優雅な結婚式と披露宴ができそうですね。

2021-7京都母子旅 (107)

京都の三大祭りの一つ、時代祭は平安神宮の大祭です。
時代祭も平安遷都1100年を記念して明治28(1895)年に始まりました。
平安時代から明治時代まで、各時代のスタイルで街を練り歩きます。
TVでちらっと見た程度ですが、煌びやかな行列です。

見るよりも参加したいですね~
でも小太りのおばちゃんにはロクな役しか回ってこないんでしょうね;;

平安神宮 HP >>

次は本日最後の目的地、二条城です。

<< 京都5 地主神社        京都7 元離宮二条城 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 平安神宮 桓武天皇 池泉回遊式庭園 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示