fc2ブログ

京都母子旅 3

清水寺 奥の院篇  2021-7-1参拝  2021-7-27

京都に用事があり、これ幸いにと社寺巡りにも行ってきました。
旅の友は長女です。
なのでメジャーな京都の社寺を中心に巡ってきました。
用事より社寺巡りがメインになってしまいました^^;

7月1日のコース
清水寺→地主神社→清水門前から祇園→平安神宮→二条城
7月2日のコース
金閣寺→晴明神社→大将軍八神社→東向観音寺→北野天満宮→
千本釈迦堂→千本ゑんま堂→釘抜地蔵

この記事の場所
< 釈迦堂→百体地蔵堂→阿弥陀堂→奥の院→子安塔 >

音羽山 清水寺 おとわさん きよみずでら。

清水寺は広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの
歴史をもつ京都では数少ない寺院の1つです。

宝亀9年(778年)に、僧・賢心が開山、坂上田村麻呂の帰依を受け本堂を建立。
平安時代には「枕草子」に「さわがしきもの」の例として清水寺の縁日があげられ
源氏物語や今昔物語にも清水寺が登場します。

その後10度を超える大火に見舞われますが、都度再建されてきました。
現在の本堂は寛永10年(1633年)に徳川家光の寄進により再建されました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

仁王門から三重塔や諸堂を見ながら本堂に来ました。
本堂をじっくり参拝して出てくると授与所でお札や御朱印を頂きます。

さらに歩を進めると阿弥陀堂や奥の院があるのですが、
その前に地主神社(地主神社の記事は別に書きます)があります。

2021-7京都母子旅 (45)

地主神社を参拝して出てくると、人の流れに乗って本堂横の石段を下って
音羽の滝へ行ってしまい、帰途になってしまいます。

今まで私はこのコースばかりで奥の院へ行った記憶がないです。

2021-7京都母子旅 (64)

今日はもちろん、奥の院方面へ行きます。

ひっそりと苔むした宝印塔が建っています。
今まで見向きもしなかったですけど、いい味出してます。

2021-7京都母子旅 (65)

釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院とお堂が並びます。

2021-7京都母子旅 (66)

釈迦堂。重要文化財。
安土桃山時代の釈迦如来像が安置されていますが、
開いている戸の位置が高いので、私にはあまり中が見えませんでした;;

釈迦堂も寛永6年の大火で全焼し、寛永8年に再建しました。
が、昭和47年に豪雨での土砂崩れで全壊してしまい、
壊れた用材をかき集めて再建されました。
この時、瓦屋根だったのを創建当初の茅葺屋根に戻されました。

2021-7京都母子旅 (68)

釈迦堂と阿弥陀堂の間の奥にある百体地蔵堂。
明治の廃仏毀釈の時に京都中から引き取ったお地蔵さんを安置しています。

子供を亡くした親が子供そっくりの地蔵を探して崇拝を厚くしていったそうです。
夏には地蔵盆が行われます。

2021-7京都母子旅 (67)

阿弥陀堂。重要文化財。寛永8年の再建。
法然上人霊場の札所になります。

清水寺阿弥陀堂

阿弥陀堂の御朱印。

2021-7京都母子旅 (74)

ご本尊は江戸時代初期の阿弥陀如来坐像。
江戸時代の僧・恵心僧都の手による造立です。
見えているご本尊はお前立です。

2021-7京都母子旅 (69)

1996年に改修されたので、とても美しいお堂です。
極彩色で描かれた絵も優美でキレイです。

2021-7京都母子旅 (70)

「日本最初常行念仏道場」の扁額。後柏原天皇の勅筆です。

何が日本最初かと言いますと法然上人が文治4年(1188)に清水寺を訪れ、
僧尼たちを集め、念仏・常行三昧の修法を説いたことから
日本初の常行念仏道場と定められています。

法然上人は平安時代の終わりの人で比叡山で修行し、
浄土宗を開いたえら~~いお坊さんです。

2021-7京都母子旅 (76)

阿弥陀堂の隣の奥の院です。
寛永10年に再建の重要文化財。

ご本尊は三面千手観音坐像。
他にも二十八部衆や風神雷神像が安置されてます。
見えなかった気がするんだけど…見落としたかーー;

清水寺を開創した賢心が行叡に出会い庵を結んだ地です。
つまり清水寺の始まりの場所です。

2021-7京都母子旅 (71)

奥の院から本堂がバッチリ見えます。
この景色、よく写真で見ますよね。

奥の院も懸け造りで舞台があります。
本堂の舞台からの景色より奥の院からの景色の方が
良いように思います。

2021-7京都母子旅 (72)

本堂と京都の街。
この景色に目を奪われ、奥の院の写真をほとんど撮ってないです。
奥の院を拝観することをとても楽しみに来たはずなのに;;

2021-7京都母子旅 (73)

今、京都はこんな都会ですが、江戸時代、平安時代、それ以前と
どんなふうに変わって来たんでしょう。
ここから定点カメラで撮影したものを見てみたいですよね。
鴨川より外側は埋葬地で死体がゴロゴロしてたって言うんだから、
どんな景色だったんだろう?

今でも清水寺の近くに巨大な大谷墓地があります。
私一人だったら、ちょっと行ってみたいと思ってましたが、
旅の友がいるので やめておきました。

2021-7京都母子旅 (79)

奥の院から少し歩いて行くと子安塔に行けます。

子安塔は聖武天皇、光明皇后の祈願所と伝えられてますが、創建時期は不明。
現在の塔は明応9年(1500)に再建された重要文化財です。

明治まで子安塔は仁王門の左手前にあったそうです。
産寧坂は安産祈願に塔へお参りする参道だったんですって。
それであんな漢字が当てられてるんですね、納得!

2021-7京都母子旅 (78)

子安塔からの景色。
ここまで来ないと見れない景色です。

2021-7京都母子旅 (80)

泰産寺。
子安塔の後ろにあり、子安塔を守護するために建てられたお寺です。
拝観も御朱印もないので、参拝だけしてきました。

ここから森の中を通って音羽の滝へ行きます。

<< 京都2 清水寺本堂篇           京都4 音羽の滝と参道篇 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 清水寺 京都 奥の院 朱印 重要文化財

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示