FC2ブログ

三重のルーブル美術館と大観音 前篇

パリのルーブル美術館の姉妹館  2020-10-24訪問  2020-11-29

先日、身内の不幸がありました。
そして「1年間は喪中になるから神社は行ってはいけない」と言われました。
そうだっけ?1年間もだったっけ?
今まで不幸があっても気にせずに行ってましたけど。
知らないとそれで済んでしまうけど、知ってしまうともう行けない><

という事で、これから1年間はお寺のみを巡ることにします。

今回は美術館好きな娘の希望でルーブル彫刻美術館へ行ってまいりました。
何故か美術館と大観音寺というお寺が一緒になっていますので、
もちろん、大観音寺も行ってきました。


津市の青山高原の麓にルーブルと名のつく美術館とでっかい純金観音を謳うお寺が
あることはずっと昔から知っていました。
TVでCMもやっていましたから。

観光臭がするので今まで行ったことはなかったのですが、
娘が「世界で唯一のルーブル美術館の姉妹館なんだって」というので
どうせコロナでどこも行けないし、それなら行ってみようという事になりました。

20-10 ルーブル観音寺 (1)

田舎の山の中に突然現れるミロのヴィーナスとサモトラケのニケ。
この写真は美術館の入り口ですが、敷地の入り口にもこの二体がどーんと
お出迎えしてくれます。

20-10 ルーブル観音寺 (2)

怪しいとか うさん臭いと思っていたけど、
実際に見ると、おおっ、凄いやんと思いました。

キレイに白いまま展示されてます。
いい加減な施設だと薄汚れてるんですけど、
管理が行き届いているんですね、そこは感心。

20-10 ルーブル観音寺 (3)

辺りを見回すと、エジプトの像。
その後ろにはカエルの楽団。
やっぱり怪しい。。。。

20-10 ルーブル観音寺 (4)

そして自由の女神。
いろんな物が詰め込まれた感じ。

パリのルーブル美術館は実は行ったことがあるんです、建物の前までは。
時間が無くて入れず、前で写真を撮って帰って来たのでありました。

本家はどんなもんだか分かりませんが、世界中から文化財を集めて来たという事を
考えたら全体の統一感はないんでしょうかね?
地域や時代ごとにまとめてはあると思われますが。

小さい場所にギュッと詰め込むと雑多な感じにならざるを得ないってことかも。

20-10 ルーブル観音寺 (5)

駐車場。
奥に見えるのが大観音像であります。

思ったよりたくさんの訪問者がいます。

20-10 ルーブル観音寺 (6)

館内にもサモトラケのニケ。

入館料は1500円。
大観音寺との共通券で2000円。
HPに割引券があるので、それを持っていくと1800円になります。

撮影自由!
すんごい一眼レフカメラを持ったカップルがいました。

20-10 ルーブル観音寺 (7)

千手観音像が鎮座してました。

ルーブル美術館の物しかないと思っていましたが、
大英博物館や他の有名博物館の所蔵品もありました。

20-10 ルーブル観音寺 (8)

ミロのビーナス。

このルーブル彫刻美術館の開館式には本家のルーブル美術館の館長が
ちゃんと出席して行われたそうです。
写真が飾ってありました。

ここはちゃんとした美術館です。
怪しいなんて言ってすみませんでした。

20-10 ルーブル観音寺 (9)

ハンムラビ法典碑。

この美術館の展示作品は、、、
「パリ・ルーブル美術館美術部の技術陣が作製した復刻作品で、
実物より直接型取りしている為、大きさはもちろんの事、傷ひとつに至るまで実物と同じであるのが特徴で、
作品的価値も高いものです。」
HPより

20-10 ルーブル観音寺 (10)

ネフェルティティの胸像。
紀元前1354年ころ。

物凄く年代がはっきりしてるんですねぇ。

20-10 ルーブル観音寺 (11)

古代のアポロン。
ギリシャ出土で紀元前500年ころの作品。

20-10 ルーブル観音寺 (12)

ナポレオンのデスマスク。

20-10 ルーブル観音寺 (13)

ソロモン王とシバの女王。

20-10 ルーブル観音寺 (14)

聖母子像がたくさん。

創設者の竹川氏は真言宗の大僧正。
パリ・ルーブル美術館を訪れた時、ミロのビーナスの美しさに感動し、
日本でもこれらの作品を公開できないかと奔走し、
17回も渡仏し交渉を重ね、熱意が通じやっと姉妹館が実現しました。

どこかの国のいい加減なコピーとはわけが違いますよ!!

20-10 ルーブル観音寺 (15)

いろんなレリーフ。

開館には莫大な資金がかかっていると思いますが、
竹川氏が私財を投じて設立されました。

奈良時代に東大寺の大仏を作るために奔走した行基菩薩を
思い浮かべました。

20-10 ルーブル観音寺 (16)

建物の真ん中にガラスのピラミッドがあります。
本家にもあるから、マネして作ったんだと思ったら、
なんと本家より先に造られたそうです。
すごいじゃん、ルーブル彫刻美術館!

20-10 ルーブル観音寺 (17)

阿修羅像。

20-10 ルーブル観音寺 (18)

中宮寺の菩薩半跏思惟像と、、、
えっと確か快慶作の大日如来坐像って書いてあったような気がする、、、

僧侶らしく日本の仏像も展示されています。

20-10 ルーブル観音寺 (20)

何だか可愛くないですか?
小首を傾げて、座り込んで考える男の人と
両脇のなんか分からない動物。

日本のお寺でもこんな彫刻が建物に施されますよね。
きっと何か意味がるんだろうと思うのですが。

20-10 ルーブル観音寺 (21)

背中に手形。
なんだろう?解説を読んだような気がするんだけど忘れた;;

もうちょっと美術品の知識があるともっと楽しめるんでしょうね。

20-10 ルーブル観音寺 (23)

犬の彫刻が二頭。
確か左が紀元前の犬で右が近代の犬だったと思う。
古代の犬は野性味があるな~
近代の犬は飼いならされてる~と思って撮った写真。

20-10 ルーブル観音寺 (24)

ア・・・の石碑。
読めそうで読めない~難の石碑だろう?
石碑って好きで写真を撮ったんだけど、なんも分からない。

20-10 ルーブル観音寺 (25)

最後にロゼッタストーン!
これは大英博物館です。
なんて書いてあるか、当然ながら全く読めませんが、
レプリカでもちょっと感動~~~

20-10 ルーブル観音寺 (19)

30分くらいで鑑賞を終えました。
知識があったらもっと時間をかけてみてると思います。
無知って残念ですね~音声ガイドなんかあるといいかも。

感想ですが、良かったです。
思っていたより、ずっと良かったです。
また行きたいなと思えるくらいです。

興味のある方は行ってみて下さい。

 ルーブル彫刻美術館 HP >>

次は美術館を出て大観音寺へ行きます。

<< 延喜式内社8 仲神社          寳珠山 大観音寺 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング



スポンサーサイト



theme : 絵画・美術
genre : 学問・文化・芸術

tag : ルーブル 美術館 彫刻 津市 大観音寺 ミロのビーナス サモトラケのニケ

comment

Secret

No title

通りすがりにハジメマシテ。
喪中は一年間ですが、忌中(最大で50日間)を過ぎれば神社への参拝はオッケーですよ。
それでも気になる場合は忌中を過ぎてから神社で穢れをお祓いをしてもらえば大丈夫です。

Re: No title

ちと様

訪問ありがとうございます。
そうなんですか!オッケーなんですか。

実家が神道なのに今まで気にせずに生きてきました。
そういえばそんな仕来りがあったなって感じです。

教えて頂いてありがとうございます。
FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示