FC2ブログ

9月連休の伊勢志摩 1

シーカヤックと安乗神社  2020-9-21 2020-9-29

4連休です!コロナが無ければ日本中が行楽大移動だったのにね。
と思っていたら、コロナがあってもそこそこ行楽客が繰り出してました。

私のその一人ですけどね~実はシーカヤックのチケットをもらいまして
志摩へ行ってまいりました。
それだけではつまらないので、安乗神社と天の岩戸も行ってきました。

シーカヤックは志摩自然学校。

そして、
安乗神社 あのりじんじゃ。

創建は不明。
平安時代に「畔乗御厨」(あのりみくらや)として神饌(しんせん:神様に供える供物)を用意する場所でした。

戦国時代に九鬼水軍が戦勝祈願をしたところ、
良い風が吹いて武功をたてたことから、
全に波にるって事で
安乗神社となりました。

最近は「波乗守」が人気だそうです。



チケットをもらったシーカヤック体験は志摩自然学校で行われます。
二人乗りでしたので、相方に頑張って漕いでもらいました^^;

IMG_0316.jpg

折角なのでGo to トラベルを使って宿泊して美味しいご飯を食べようと
思ったら、なんと、どこのホテルも旅館も民宿も満室ではないですか@@;

志摩はコロナの発生も少ないし、海の幸が美味しいしね。
みんな、考えることは同じなんですね。

IMG_0325.jpg

自然学校も修学旅行生などの団体の予約がたくさん入っているそうです。

天気も良く、水もキレイで海底まで見えます。
無人島に上陸したり、遊覧船に手を振ったり。
大きな島を一周して戻って来る3時間コースです。

IMG_0326.jpg

楽しかったです~~アクティブな方にはお勧めです。
カヤックの他にもいろんなプログラムがあります。

お昼はネットで調べたお寿司屋さん。
地元民が行くお店なので、安くて新鮮で量もたっぷり。
ちょっと分かり難い場所にあるお寿司屋さんでしたが、
ちゃんと県外からいっぱい来てました。

次は安乗神社。

安乗崎にある神社です。
安乗周辺には古墳や弥生時代の遺跡などがあり、
昔から漁業と船の寄港地で風待ち港として栄えました。

志摩2 (20)

細い岬にひしめき合うように家々が建っているので、道もとても細いです。
写真でも右も左も浜が見えているように土地が狭いです。

志摩2 (21)

ここが安乗神社の参道です。
もう少し先まで進むと駐車場に入れます。

志摩2 (18)

駐車場はあまり広くはないです。

ここで人形浄瑠璃「安乗文楽」が行われます。
安土桃山時代の文禄年間(1592年 - 1596年)より続く重要無形民俗文化財です。
地元の中学生が保存に力を入れていて、毎年上演してくれるそうです。

志摩2 (6)

お参りに行きます。

この場所は元は八幡宮でした。
明治の合祀で別の場所にあった安乗神社と他村内の11社を合祀しました。

志摩2 (8)

ここが八幡宮であった時の1592年(文禄元年)、豊臣秀吉の朝鮮出兵に
鳥羽城主の九鬼嘉隆(くきよしたか)が水軍を率いて船を出したところ、
畔乗(あのり)沖で急に船が止まってしまいました。

九鬼嘉隆は一度船を下り、八幡宮に戦勝祈願したところ、風向きが変わり、
追風に乗って無事船を進めることができました。
この戦で武功をたてた九鬼嘉隆は、再び神社に参拝に訪れ、
自ら祭典を執行し、例祭日も定めたそうです。

この時に村民が九鬼嘉隆をもてなすために披露した「手踊り」が
現在の「人形芝居」の起源と伝えられています。

そして「安」全に波に「乗」るという事で「畔乗」から「安乗」となりました。

志摩2 (9)

拝殿。
今日は何かの工事です。

御祭神は八幡宮の応神天皇と安乗神社の伊弉諾命、伊弉冉命。
合祀されたので他にもたくさんの神様がいらっしゃいます。

志摩2 (10)

境内社です。
何社か、どんな神様が祀られているのか、どこにも書いてなかったのでわかりません。
境内社にしてはとても立派です。

志摩2 (11)

阿児町指定文化財鉄製砲身。

志摩2 (12)

読めそうで読めない;;

鳥羽城主稲垣藩の紋の刻まれた黒船未就航時代の大砲です。
伊勢神宮警護の役にあった鳥羽藩は安乗崎に大砲を築造しました。

志摩2 (15)

磐座。

安乗神社は小さな神社ですが、祷家(とうや)制度という独特の風習に支えられています。
人形芝居もそうですが、しめ切り神事という正月に行われる行事もあり、
安乗の人々の繋がりの強さを感じます。

志摩2 (13)

ちょっとボケてしまったけど、白いお守りが波乗り守り。
近くに国府の浜というサーファーが集まる浜があり、このお守りが人気だそうです。
サメ?みたいな魚と波のデザインがシンプルでカッコイイです。

女の子二人組はフグのおみくじを買って可愛い~~と言っていました^^

志摩2 (14)

たくさんの祭神の中には綿津見命がいらっしゃいます。
海の神様ですね~海の町ですものね。

安乗神社 朱印

御朱印。
若い神主さんが書いてくれました。

志摩2 (16)

境内から海が見えます。

志摩2 (17)

今日は天気も良くて最高に海がキレイです。

 安乗神社 志摩市阿児町安乗844

志摩2 (28)

安乗崎の先端には灯台があります。
この灯台は昭和尾の映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台にもなりました。

志摩2 (23)

珍しい四角い灯台です。
300円で中に入れ、回廊も歩けますよ。

志摩2 (27)

私は数回入ったことがありまして、写真には写ってないですが、
たくさんの人があの回廊を歩いていたのを見たので止めました^^;

灯台からの景色は絶景ですよ。

志摩2 (24)

岬の右側は太平洋です。

安乗灯台の歴史は古く、延宝9年(1681年)に、徳川幕府が船の道しるべとして、
燈明堂を建てたのが安乗埼灯台の始まりです。

志摩2 (26)

左側は的矢湾です。

志摩2 (25)

的矢には「的矢がき」というブランド牡蠣がありまして、
牡蠣の食べ放題もあります。
前に牡蠣づくしコースを食べました。めっちゃ美味しかったです。
2回ほどリピートしました^^

そして、安乗には「安乗フグ」というブランド河豚があります。
安乗フグはまだ食べてないんですよ。食べなくちゃ!

どちらも11月くらいからしか食べられないので、また冬に来ます。

志摩2 (22)

もう一つ、志摩に美味しいものがありまして、「志摩きんこ」です。
サツマイモの干し芋です。
干してあるけど、水分があってねっとりした柔らかい干し芋です。

この灯台公園にお店があります。

志摩2 (19)

安乗にはたくさんのホテルや旅館があります。
こんなに宿泊施設があるのに全部満室ってどうよって思ったのでありました。

安乗は昔は観光でも栄えましたが、ちょっと寂れた感じがします。
人口も減ってきてるし、空き家も多いです。

観光資源はあるので、女性が喜ぶ海の見えるカフェとか
古民家レストランなんかどうでしょうね?

そんな勝手なことを考えながら安乗を後にしました。

帰途につきますが、途中で「天の岩戸」に寄って行きます。

<< 延喜式内社 紀師神社          神宮林と天の岩戸 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 志摩 安乗 朱印 九鬼 灯台 安乗神社 波乗守 安乗フグ

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示