FC2ブログ

伊勢国多気郡延喜式内社巡り 2

祇園祭のある伊佐和神社  2020-8-23参拝  2020-9-12

コロナでどこも行けない今日この頃。
伊勢の国には、まだまだ行っていない社寺があります。
近くの延喜式内社を巡ります。

今日のコース
相鹿上神社→伊佐和神社→紀師神社

伊佐和神社 いさわじんじゃ。

創建は不明。
合祀、遷座を繰り替えし、由緒もよく分かりません。

江戸時代には上社(産土八王子社)と下社(産土牛頭天王社)があり、
明治に上社を射和神社、下社を八重垣神社と社名を変更。
さらに二社と周辺の神社を合祀して伊佐和神社となりました。

延喜式内社の伊佐和神社は神社の射和神社とされています。


伊佐和神社は櫛田川の近くの集落・射和郷にあります。
町外れの丘の麓に鎮座します。
現在の地にあったのは下社の八重垣神社です。

延喜式内社と言われる上社の射和神社は町中の射和寺(廃寺)の中にありました。

2020-08 櫛田式内 (28)

射和寺は現在もお堂が残ります。
大日堂。かなり傷んでいるようで、近づくこともできません。

2020-08 櫛田式内 (29)

隣には収蔵庫があります。

2020-08 櫛田式内 (30)

重要文化財のお地蔵様がおられます。

2020-08 櫛田式内 (31)

南北朝時代のお地蔵様ですが、凄く美しいお方です。

2020-08 櫛田式内 (32)

射和寺跡には大日堂と収蔵庫と昭和レトロな公民館があり、
あとは駐車場に使われているようです。

2020-08 櫛田式内 (26)

射和寺は伊勢国司北畠氏の祈願所でもあり、地域とって重要なお寺であったようです。
この地区にはたくさんのお寺があるのに、なんで射和寺は廃寺となったんでしょう?

2020-08 櫛田式内 (33)

伊佐和神社はとても狭い道沿いです。

2020-08 櫛田式内 (34)

ちょうど石垣がコンクリートブロックに変わるあたりに斜めに上がる坂道があり、
坂道の先に草地の広場があり車を停められます。

坂道はとても狭く、鋭角に曲がるので来る方向を間違えると
曲がれませんので、お気をつけて。

2020-08 櫛田式内 (36)

ここは下社の八重垣神社の鎮座地でした。
元は牛頭天王社で祭神は建速須佐之男命。

2020-08 櫛田式内 (37)

近くある牛庭神社(こちらも延喜式内社)から勧請したそうです。
 2018年の牛庭神社の記事 >>
文永五年(1268)の創立と伝わります。

2020-08 櫛田式内 (38)

射和郷は約420年前、元亀天正の頃(1570~1573年)の頃は、戸数500戸をもつ活気ある町でした。
軽粉業者(伊勢白粉)83釜が甍を並べて栄えていました。

この軽粉業が盛んになった室町末期、この軽粉素材の水銀による障害により、
職人たちが手足のしびれや痛みや歯がぬけたり、若くして死ぬ人が続出したため、
鎮魂の祭りを行ったのが射和祇園祭りの始まりではないかと思われます。

2020-08 櫛田式内 (39)

射和軽粉(けいふん)で成功した豪商(冨山家、竹川家、國分家等)が江戸、京都に進出し、
京都の祇園祭りを取り入れ、元禄時代から盛んになりました。

私は一度も見に行ったことはないのですが、噂には聞く有名な祭りです。
神輿や山車が出て、花火もあがる祭です。

2020-08 櫛田式内 (40)

主祭神は建速須佐之男命ですが、式内社の射和神社の祭神は?

2020-08 櫛田式内 (42)

射和神社の祭神はどうやら建津奴身命のようです。
このお方は八咫烏です。

2020-08 櫛田式内 (41)

射和の地名は、日本書紀の神武天皇東征の時、宇陀の地で兄磯城、弟磯城の宅へ
頭八咫烏を遣わした時、烏が「天神子召汝。怡奘過(いざわ)、怡奘過(いざわ)」
「天神の子がお前を呼んでおられる。さあさあ」と鳴いた故事によります。

なので祭神は建津奴身命(八咫烏)。

2020-08 櫛田式内 (46)

でもね~宇陀はここからずっとずっと西で、いくつも山を越えた向こう。
なんでここにこの話が伝わって、八咫烏が祀られたのか?

地図を見ていて見つけたのが、兄国と言う地名。
櫛田川を挟んだ対岸にあります。
古代豪族に兄国氏と言う一族がいたそうです。
でも、神武東征で兄磯城は殺されてるし、関係ないかな?

2020-08 櫛田式内 (43)

祇園祭で使われる神輿二基が納められている蔵。
元禄時代と明治時代に造られた神輿です。

お祭りでは神輿の他に町内の地区で所有する山車が12基が
提灯を付けて巡行します。

2020-08 櫛田式内 (44)

射和と隣町の中万はかつて大変栄えた町でたくさんの豪商がいました。
現在は松阪市の外れの町でちょっと寂れた感が否めないのですが、
旧道を歩くと立派なお屋敷があったり、お寺もたくさんあります。

 伊佐和神社 松阪市射和町中山1073

隣町の中万の歴史も書いた式内石前神社も良かったら読んでください。
 2017年石前神社の記事 >>

この時もこの辺をサイクリングしたいと書いていますが、まだ実現していませんーー;

次は櫛田川のもう少し上にある紀師神社へ行きます。


<< 延喜式内社 相鹿上神社        延喜式内社 紀師神社 >>
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 延喜式内社 伊佐和神社 射和 祇園祭 射和寺 櫛田川 松阪

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示