FC2ブログ

古代の里へ 16

精進料理の寺 音羽山観音寺  2020-2-23参拝 2020-7-23

初瀬の里、三輪の里と巡って多武峰街道へ。
「多武峰」は絶対読めないけど「とうのみね」と言います。
三輪の里から談山神社のある多武峰へ行く街道の近くには
磐余(いわれ)の邑(行ってないんだけど)があり古墳や宮跡がたくさんあります。

多武峰街道コース
等彌神社→聖林寺→音羽観音寺

音羽山観音寺 おとわやまかんのんじ。

精進料理を食べたような題名ですが、食べていません^^;
後から知ったのですが「やまと尼寺 精進日記」と言うNHKのTV番組に
出てくるお寺で、精進料理を作っているそうです。
宿泊もできるという事で人気の宿坊なんですって。

創建に関してはいくつかの説が伝わっていますが、
天平時代の創建という事で1200年の歴史を持つお寺です。

眼病封じで有名です。


聖林寺から多武峰街道を山の方へ行きます。
道沿いは家と田畑がずっと続いています。

ネット地図を見ると「崇峻天皇倉梯柴垣宮伝承地」と「崇峻天皇陵(倉梯岡陵)」が
ありますが、この天皇は暗殺された天皇で宮跡も遺跡的な遺構は何もなさそうなので
時間もなくなってきたので今回は行きませんでした。

もう少し山を登って行くと音羽山観音寺と言う看板が出てきます。
ここから音羽山に向かって山を登ります。
音羽の集落に入ると道が狭くなります。
しばらく行くと駐車場と書かれた広場があります。

が、どう考えてもここからかなりあるように思います。

20-2大神神社 (282)

この道の先にはまだまだお寺の影も形も匂いすら感じません。

20-2大神神社 (283)

その先には民家が数件あり、人形が見守っています。
人間の大きさだったので、ちょっとびっくりしました。

20-2大神神社 (306)

のほほんとした所です。時間の流れが違うみたいです。
ですが、もう16時を過ぎようという時間です。
お寺はだいたい17時まで。なんだか私だけ時間の流れが速いみたいーー;

20-2大神神社 (305)

ここからが本格的な参道です。(左の道ね)
ここで、上から下りてくる車に出会いました。

観音寺の尼僧さんです。
私が声をかけると「今から登る?」と聞かれました。
「はい」と答えながら動揺する私。
え?もしかして間に合わない?そんなに遠い?

尼僧さんは「今から登る?」と二度聞き。
私は「だいぶ掛かりますか?お寺閉まりますか?」と聞くと、
「40分くらいです。多分、間に合いますよ。」
40分か~~「頑張ります」と答えて、いざ、出発。

20-2大神神社 (284)

観音寺は尼寺で2人の尼さんが住んでおられます。
あと、お手伝いの女性が一人と番犬が一匹。
ここまでもカワイイ絵の案内があちこちにあり、迷わず来られました。

山奥だし道はきついし、厳しい生活だと思いますが、
女性らしい気遣いや可愛らしさもあって、参拝者はほっとしますよね。

20-2大神神社 (285)

音羽山観音寺の創建は天平時代まで遡ります。
由緒はいつくかの説があり、はっきりしません。

一、藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)が妙楽寺(後の談山神社)をつくるにあたり、
その鬼門除けとしてこの寺をつくり、藤原鎌足作の梅木の千手千眼十一面観音像を
安置したのが始まりという説。

20-2大神神社 (286)

二、天平寛宝元年(749年)に、心融法師が当山を創建したという説。
多武峰(とうのみね)略記に記述があります。

三、京都清水寺の開祖延鎮僧都が霊感を得て堂宇を建立したのが始まりと言う説。
ご本尊の体内にも、この本尊は山城の国清水寺の観音と一体分身の千手観音也と墨書きがあります。

寺名も香法寺、善法寺といろいろ変わったようです。

20-2大神神社 (287)

山寺の秘密兵器発見。
でもね、恐らく参道の半分以上は来ていると思います。
どうせならもう少し下から作ったらどうだろうか。

しかし、このレールの行き先の急なこと。。。
ここまでもかなり急な上りだったのに、まだまだ急な上りは続くようです。

20-2大神神社 (288)

奈良時代の観音信仰が篤かった頃は、霊場として賑わい、壮大な堂宇がこの山中に
軒を連ね、その有様は音羽百坊と称されました。
しかし貞観18年(876年)「音羽流れ」と記録に残る豪雨と山津波で
堂宇が崩壊し残った一寺であると伝えられています。

20-2大神神社 (289)

ずっとコンクリートの坂道でしたが、ちょっと古めかしい石段が現れました。
お堂の屋根も見えます。

写真は撮り忘れましたが、この後に最後の難関の
急な長い石段がありました。

頑張って30分で登り切りました!

20-2大神神社 (300)

本堂。
新しそうに見えますが江戸時代に建立されたお堂です。
山の中腹に建つお寺なので、境内は広くないです。

休憩のベンチがたくさんあり、プランターにお花を植えてあったり
心使いが嬉しいです。

20-2大神神社 (290)

本堂の入り口にまたもや人間大の人形が三体。
どうやらここの尼僧さんの2人とお手伝いの方の人形のようです。

本堂横の受付に伺うと本堂の中へどうぞと言っていただきました。

20-2大神神社 (291)

御本尊は木造千手千眼十一面観音菩薩立像。
良く見えないですけど、平成に修理されピカピカになりました。

しかし、とても古い仏像なんです。
解体修理をした際、台座から鎮壇具(ちんだんぐ)として埋納された796(延暦15)年ごろ鋳造の銅銭「隆平永寶(りゅうへいえいほう)」の発見により、本尊の建立年代が明らかになりました。

796年って創建当時からのご本尊って事ですよね?
もしかしたら藤原鎌足が作ったかもしれない仏像ってことですよね?
凄くない?

お堂内の写真は許可を得て撮らせて頂きました。

20-2大神神社 (293)

堂内も最近直されたようで、色鮮やかで華麗な絵が描かれています。
創建当初はこんな感じだったのかな?
天平時代はまた違う感じだったのかな?

20-2大神神社 (294)

本堂ではお茶とお菓子を頂きました。
これまた有難いおもてなしです。

ちょっと嬉しいのが手作りのお土産が売られていること。
私は500円の手作りブルーベリージャムを買いました^^

しばらく本堂で休憩しながらお手伝いの女性としばし会話を楽しみました。
毎週、土日にあの急な参道を登ってお手伝いに見えるそうです。
いや~~感心しました。ほぼ修行です。

音羽山観音寺朱印

御朱印。妙智力(みょうちりき)と書かれています。
観音妙智力と言って観音様の持つ力だそうです。

20-2大神神社 (299)

ご住職のご自宅。番犬が番犬らしくワンワン吠えまくっていました^^;

はじめにも書いた通り、TVで有名なお寺で、過酷な参道にもかかわらず参拝者が多いです。
私はまだ番組を見たことが無いのですが、この前番宣を見ました。
今度見てみようと思います。
そして精進料理を食べに行きたいです。

20-2大神神社 (297)

十九余社神社。
おそらく観音寺の鎮守社。

20-2大神神社 (298)

不動堂。
このお堂の奥に音羽の滝があります。
湧き水ですが、この水が眼病にご利益があるとか。

いつもなら取り合えず見に行くのですが、今は足がガタガタで
これ以上酷使すると帰れなくなるので止めておきました。

20-2大神神社 (296)

見た記憶がないんですが、たくさんの仏像がいらしたようです。
多分、疲れて見てないんだと思います。残念です;;

他にも寺宝をお持ちだようで、それらも堂内にあったのか、無かったのか???
リサーチも不足していました。うーん、残念です;;

20-2大神神社 (301)

緑の苔に覆われた境内。
どこかに樹齢500年の天然記念物のお葉つきイチョウがあったはずです。
それも見忘れました。

20-2大神神社 (302)

古いお寺ですが、中世の寺史ははっきりしません。
江戸時代に再興されました。

が、近代に入り里から離れた山中にある檀家を持たない寺は廃寺寸前でした。
1980年代末に現在のご住職が入り、再興されました。

20-2大神神社 (303)

この急な参道。
帰りは久々に古傷の右ひざが痛くなり、足がガクガクしました><

そしてこれまた久しぶりに筋肉痛になりました。

20-2大神神社 (304)

それでもまた行きたいなと思えるお寺でした。

 音羽山観音寺 奈良県桜井市大字南音羽832

今回は神武天皇から飛鳥時代辺りまでの1000年以上前の大和の歴史を垣間見ました。
古すぎて本当のところは謎ですが、確かにこの地で歴史が作られていったのですね。
興味深いことをたくさん知ることができ、とても楽しい巡礼でした^^

これでやっと2月の古代の里シリーズが終わりました。もう夏です。。。。

もっとあちこち行きたいのはやまやまですが、コロナが猛威を振るっております。
6月は三重県内の志摩へ行ってまいりました。
ぼちぼち記事を書いていきます。

<< 古代の里15 聖林寺     志摩1 磯部神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ




スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 音羽山 観音寺 朱印 多武峰街道 談山神社 藤原鎌足 定慧 精進料理 やまと尼寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示