FC2ブログ

古代の里へ 15

国宝十一面観音が座す聖林寺    2020-2-23参拝 2020-7-18

初瀬の里、三輪の里と巡って多武峰街道へ。
「多武峯」は絶対読めないけど「とうのみね」と言います。
三輪の里から談山神社のある多武峰へ行く街道の近くには
磐余(いわれ)の邑(行ってないんだけど)があり古墳や宮跡がたくさんあります。

多武峰街道コース
等彌神社→聖林寺→音羽観音寺

霊園山 聖林寺 りょうおんざん しょうりんじ。

和銅5年(712年)に多武峰妙楽寺(現・談山神社)の別院・遍照院として
藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)が創建したと伝わります。
江戸時代に大神神社の神宮寺の一つである三輪山平等寺の建物を移して再興。

明治の神仏分離の時に大神神社神宮寺の大御輪寺の
本尊の十一面観音像が聖林寺にうつされました。



等彌神社から談山神社に向けて多武峰街道を行くと
川沿いの集落の一番奥の一番高い所に聖林寺があります。

国宝を擁するお寺なので大きな看板が出ています。

20-2大神神社 (254)

駐車場に車を置いてさらに坂道を登って行きます。

20-2大神神社 (255)

立派な石垣の上にお寺が見えてきました。

20-2大神神社 (259)

山門。
仁王像がいるような古い山門を思い浮かべていきましたが、
普通の山門でした。

20-2大神神社 (260)

聖林寺の説明がありました。

20-2大神神社 (258)

山門から奈良の都が一望できます。
街の中にポツンとある山は香具山と耳成山だと思います。
右の裾野はさっき歩いてきた山の辺の道かな。

20-2大神神社 (275)

斜面に建つお寺なので、境内が広くありませんが、
庭にはたくさんの植物が植えてあります。

20-2大神神社 (278)

庭に聳える十三重石塔が目を引きます。

20-2大神神社 (276)

多分、ほとんどの人がが国宝の十一面観音を拝みに来るんだと思います。
私もその一人ですけど。

20-2大神神社 (261)

本堂の横に受付があり、拝観料400円と御朱印をお願いして、いざ拝観!
あ、駐車料金300円も忘れずに払います。

20-2大神神社 (267)

本堂の中は撮影禁止です。

御本尊は子安延命地蔵。
石像ですが、着色されたお顔の大きな愛嬌のある地蔵さんです。

江戸時代中期に造られました。

20-2大神神社 (268)

大きなお寺ではないので、たくさんの仏像もありません。
でも、このお寺の見所は国宝の観音さんだけじゃないんですよ。

20-2大神神社 (271)

扉を開けて縁側に出てこの景色も見ないと勿体ないです。
山門の前からも景色は見えましたが、お堂の縁から見るのは格別です。

20-2大神神社 (272)

お庭の様子。

田舎の小さなお寺ですが、歴史は凄いです。
和銅5年(712年)に多武峰妙楽寺(談山神社)の別院・遍照院として
藤原鎌足の長子・定慧が創建したと伝わります。

20-2大神神社 (262)

本堂の次はついに観音様に会いに行きます。
もちろん撮影禁止なので、写真の写真です。

奈良時代作の木心乾漆像。
760年代に東大寺の造仏所で造られ、その願主は智努王(天武天皇の孫)とする説が有力です。
かつては四天王に守られ、前立観音の他、左右に多くの仏像が並び立ち、
背面には薬師如来一万体が描かれた板絵がある荘厳な厨子の中に祀られていたそうです。

20-2大神神社 (264)

カラー写真もありました~

日本美術を救ったと言われるフェロノサが絶賛したといいます。
長い間、秘仏でしたがその禁を説いたのがフェロノサでした。

秘仏として光も当たらず、外気にも触れずに保管されていた為、
金箔が残り、保存状態が良いです。

秘仏でなかなか直接拝ませてもらえない仏様は遠い存在だと思うのですが、
後世に良い状態で伝えるにはその方がいいんですね。
確かに何十年に一度の公開と言う秘仏は年月を超越して美しいです。

20-2大神神社 (266)

この長い登廊を上った先にコンクリート製の強固な観音堂があります。
耐震に問題があるそうで、新しい収蔵庫を建てる計画があるそうです。

頑丈な扉の向こうに、さらにガラスの中で佇む十一面観音像。
荘厳な仏様ですが、無機質なお堂でなにやら寂しそうにも感じました。

20-2大神神社 (277)

すぐに帰ってしまうのは勿体ないので、しばらく観音様を右から左から見て
狭いお堂内をウロウロしてきました。

お願いしていたご朱印を頂いて帰ります。

聖林寺1朱印

十一面観音様の御朱印。

聖林寺2朱印

御本尊の御朱印。

20-2大神神社 (280)

薬師堂。山門の外にあります。
素朴なお堂です。

20-2大神神社 (281)

石垣の下にある墓地です。
植木が丸くカットされていてカワイイです。
門がちょっと西洋的^^;

聖林寺は裏山に新四国八十八か所巡りもあります。
行ってないですけどHPの地図を見ると険しそうに見えます。
時間があったら行ってみたいです。

 聖林寺 HP >>

まだ時間があるのでもう少し山の方にある音羽観音寺へ行ってみます。

<< 古代の里14 等彌神社      古代の里16 音羽山観音寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 多武峰街道 聖林寺 国宝 十一面観音 朱印 談山神社 平等寺 大御輪寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示