FC2ブログ

古代の里へ 7

山の辺の道 三輪の北へ 2020-2-23参拝 2020-5-14

初瀬の里、次に大神神社を中心に三輪の里と山の辺の道、
それから多武峯街道沿いの社寺へ行きました。
初瀬谷や三輪山から香具山の辺り一帯には天皇や皇后の宮が
13もあったと伝えられ、宮が飛鳥に移るまで大和王権の中心地域でした。

さて、初瀬谷の次は三輪の里です。

三輪の里・山の辺の道コース
大神神社→狭井神社→八大龍王弁財天大神→大美和の杜→久延彦神社→
大直禰子神社→大神神社の摂社・末社→平等寺→志貴御縣坐神社→
三輪坐恵比須神社




狭井神社を出て山の辺の道を北に向かって歩きます。
山の辺の道はずっと続きますが、前回に北の方はだいぶ巡ったので、
今回は八大龍王弁財天大神まで行きます。

20-2大神神社 (132)

狭井神社を過ぎると人はぐっと少なくなります。
本気で歩く人ばかりです。

20-2大神神社 (112)

景色はのどかです。
所々に梅の花も咲いています。

20-2大神神社 (113)

山の辺の道沿いに大神神社末社の貴船神社があります。

20-2大神神社 (114)

水と夫婦円満の神様。

20-2大神神社 (116)

20-2大神神社 (115)

小さな祠と磐座があります。

20-2大神神社 (117)

日本最古社 八大龍王弁財天大神 龗神神社とあります。
側面には水子供養とか書いてあります。

20-2大神神社 (119)

貯水池のような池の畔にある神社のはずです。
ネットで写真を見て、行ってみようと思いました。

20-2大神神社 (120)

残念~池は干上がってます。神社はどうでしょう?
建物が見えますので行ってみます。

20-2大神神社 (121)

山の間に奈良の街が見えます。

20-2大神神社 (126)

立派な建物がありますが、閉まっています。
かつては信者もたくさんいて、賑わっていたようです。
ちゃんと掃除はされているので、活動休止ではないようです。

20-2大神神社 (122)

やはりこちらで水子供養をされていたんですね。

20-2大神神社 (123)

狐さんなのでお稲荷さん?

20-2大神神社 (124)

蛇に乗った弁財天の奉納が多数。

昭和のなんでも来ざれ的な宗教施設感は否めませんが、
「日本最古」と言うくらいですから、古くから信仰があったんだと思われます。

20-2大神神社 (127)

池は二段構えで奥の池には水があり、建物の対岸に小さなお社があります。
赤い柵が歯抜け状態になってますけど、行ってみましょう。

20-2大神神社 (128)

途中の林の中にあったお社。
こちらもちゃんと掃除されて管理されています。
大きな石を積み上げた台座に歴史を感じます。

20-2大神神社 (129)

辿り着きましたが、基礎がガタガタで橋は渡れません。
なんだか残念です。

調べてみると今はお寺さんが管理されているそうです。
神仏習合がそのまま残る場所です。
ネットではとても神秘的な写真や動画がたくさんありました。
この場所に惹かれてやってくる人は多数いるようです。

私もそのうちの一人なんですが、そこまで何かを感じ取ることはできませんでした。
荒れていく聖地も残念ですが、どんだけ聖地巡っても霊感の「れ」の字も
会得できない自分も残念です^^;

八大龍王弁財天まで来たので、大神神社方面へ戻ります。

20-2大神神社 (118)

山の辺の道には農産物の無人直売所がたくさんあります。
この建物でもミカンを売っていました。
シーズンにはお店を開けていろんなものを売っているのかもしれませんね。

20-2大神神社 (133)

あちこちに休憩所があったりします。
時期が悪くて花も咲いてないし、おいしい農産物も少ないです。

いろいろあったらもっと楽しく歩けたんでしょうね。

20-2大神神社 (130)

「狭井川」という古い看板があります。
何やら謂れが書いてあるようですが、そこまで行けませんーー;

古事記に狭井河の畔で神武天皇が妻となる伊須気余理比売と出会う話が載っています。
伊須気余理比売は大物主神と勢夜陀多良比売(玉依姫)の娘です。
(大物主神と勢夜陀多良比売(玉依姫)の話も古事記に書いてあります。)

神話の時代の人々がここにいたかと思うと感慨深いです。

20-2大神神社 (134)

次は「大美和の杜」と言う展望台のある公園に行きます。

近くには笹ユリ園もあります。
かつてはこの周辺にたくさんの笹百合が咲いており、
大神神社の御神花でしたが、環境の変化とともに激減してしまったそうです。
笹百合保護のため笹ユリ園を造ったり、境内にユリを植えたりしています。

残念ながら今の季節はどこにもないですけど。

20-2大神神社 (137)

展望台の近くまで来ました。
恐らく桜の木がたくさん植えられているんだと思います。
枯れ木状態の桜はなんとも物悲しい感じがします。

20-2大神神社 (135)

三輪の里。
大鳥居と街の真ん中にある山は耳成山?
ずっと向こうに見える山は葛城山や二上山かなあ?
方向音痴なので違うかもしれない^^;

20-2大神神社 (136)

三輪山だと思って撮ったけど、ちょっと方向的に違うかも?
展望台なんだけど咲いてない桜が邪魔で景色がよく見えませんでした;;

ネットで見た写真はとても良い景色だったので、
楽しみにしていたんだけど、、、時期的に良くなかったか。。。

次は大美和の杜の隣にある久延彦神社へ行きます。

<< 古代の里6 狭井神社     古代の里8 久延彦神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 三輪 八大龍王弁財天 山の辺の道 古事記 大物主神

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示