fc2ブログ

古代の里へ 4

初瀬最古の神社 玉列神社と慈恩寺 2020-2-23参拝 2020-4-25

初瀬の里、次に大神神社を中心に三輪の里と山の辺の道、
それから多武峯街道沿いの社寺へ行きました。
初瀬谷や三輪山から香具山の辺り一帯には天皇や皇后の宮が
13もあったと伝えられ、宮が飛鳥に移るまで大和王権の中心地域でした。

初瀬の里のコース
十二柱神社→白山比咩神社→春日神社→玉列神社(大神神社摂社)
→慈恩寺


玉列神社 たまつらじんじゃ。
そして神宮寺の慈恩寺 じおんじ。

創建は不明。
ですが、初瀬谷で最古の神社と言われ、延喜式内社です。

雄略天皇の泊瀬朝倉宮が近いことから、
三輪山祭祀の南麓拝所として創祀されたとも言われています。

椿が有名で別名・玉椿大明神といいます。


脇本の春日神社から1.2km、あっという間に到着。
こちらの神社は今までの神社と違い、御朱印がもらえる神社です。

20-2大神神社 (34)

玉列神社の前にある立派な公民館?みたいな建物の前に車を停めました。
多分、停めてもいいんだと思います。。。?
それか、その隣にある観光用トイレの前にも一台分の駐車スペースがあります。

20-2大神神社 (35)

玉列神社の参道と隣には神宮寺であった慈恩寺阿弥陀堂があります。

20-2大神神社 (36)

まずは玉列神社へ参拝。

20-2大神神社 (37)

祭神の玉列王子神は大神神社の大物主大神の御子神です。
延喜式内社であり、大神神社の摂社であります。
それから初瀬谷で最古の神社。
椿の名所で玉椿大明神と呼ばれていました。

20-2大神神社 (38)

後ろに聳える山は三輪山。
三輪山に入って行く感じの参道です。

20-2大神神社 (39)

参道の脇にはたくさんの椿の木。
境内には200種約500本の椿が植えられています。
椿は冬に咲くイメージなんですが、残念ながら咲いてないですね;;

椿まつりが3月の最終日曜日と書いてあるので、開花はまだ先でしたね。

20-2大神神社 (46)

祓戸社。
罪穢を祓う神様ですので、初めにお参りするお社です。

20-2大神神社 (45)

拝殿。

20-2大神神社 (40)

本殿。
御祭神・玉列王子神は、御本社・三輪の大物主大神の御子神。
ご神徳は円満成就、延命長寿などです。

20-2大神神社 (42)

かまど三柱大神。
金山彦神社、猿田彦神社、愛宕社。
金山彦神は金属の神様、愛宕社は火の神様で、なんとなく「かまど」と関係あるように
思いますが、開運・導きの神の猿田彦神はなんで「かまど」なんでしょう?

20-2大神神社 (43)

すごく古い神社ですが、歴史的なエピソードは残っていないようです。

20-2大神神社 (44)

拝殿からの眺め。
大きな木があって眺望は良くないですが、木が無かったら
初瀬谷がずっと見渡せます。

20-2大神神社 (47)

拝殿から下りて来たところに「誕生石」があり「たんじょうさん」と呼ばれてます。
玉列大神の御神威が籠る磐座で、子宝石とも言われています。
もしかしたら、こちらが御神体だったのでは???

初宮詣の折りには、この石の周囲を廻りながら
「ヘイチョウ カイチョウ・・・」と三度唱えれば、
元気で健やかな子に育つと言われています。」と書かれています。

「ヘイチョウ カイチョウ」ってどういう意味だろうか?
古代の呪文だろうか?

20-2大神神社 (48)

演芸場と書かれています。
椿まつりでは神前に椿の花を供え、髪に椿の花をつけた巫女が神楽「浦安の舞」を奉納するそうですが、
演芸場で舞わないですよねぇ。

お祭りで何か出し物をするのかなぁ?
地元の楽しい祭りがあるでしょうね。

20-2大神神社 (49)

社務所兼ご自宅。

玉列神社には「金色のお砂」という授与品があり、商売繫盛、土地家屋のお祓い、
火難除けに効果あり!招福のしるしとして人気があるそうです。
え~知らなかったな~買って来ればよかったな~

玉列神社朱印

御朱印。

続きまして、お隣の慈恩寺。元神宮寺と言われています。
字名が「慈恩寺」なので、昔は玉列神社より力を持っていたのかもしれませんね。

20-2大神神社 (50)

道にはみ出した大きなケヤキがあります。
樹齢900年らしいです。すごいですね~~~

20-2大神神社 (57)

ケヤキは中が空洞で、地元では「雷の落ちた木」を呼ばれているそうです。
だからこんなに傾いているのですね。

20-2大神神社 (55)

慈恩寺は奈良時代に創建されました。
しかし南北朝の争乱によって廃寺の憂き目に遭ったそうです。

20-2大神神社 (58)

廃寺になり、この阿弥陀堂だけが残りました。
でも南北朝時代に廃寺になってから約700年、
こうやって残ってきたのは地元の人たちの信仰のなせる業ですね。

20-2大神神社 (54)

平安時代の阿弥陀如来像があります。

20-2大神神社 (52)

お顔は見えませんが、鈍い光を放つ美しい阿弥陀如来像です。

20-2大神神社 (53)

定朝様式の阿弥陀様だそうです。

20-2大神神社 (56)

初瀬街道にあった石仏や道標を移したそうです。
雄略天皇の時代には伊勢に向かう道があったようなので、とにかく古い古代の道です。
石仏や道標は江戸時代の物がほとんどでしょうけど、
歴史って続いているんだなぁとつくづく感じます。

20-2大神神社 (51)

境内にご自宅がありましたので、御朱印をお願いに行きましたが、
ご住職が外出中という事で、御朱印帳を預ずかって書きますと言ってくださいました。
が、ここを通るのは帰りです。
この先でも御朱印を頂くつもりですので、書置きを頂きました。

慈恩寺朱印

御朱印。
頂いてびっくりです。
とてもキレイな色使いで丁寧に書いてありました。

 玉列神社 桜井市大字慈恩寺389
 慈恩寺 桜井市大字慈恩寺390

20-2大神神社 (59)

この辺りはもう桜井市の市街地が近いので、街と農村が入り混じった感じです。

次は本日メインの大神神社です。

<< 古代の里3 白山比咩神社と春日神社     古代の里5 大神神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 初瀬 玉列神社 椿大明神 朱印 慈恩寺 阿弥陀堂

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示