FC2ブログ

近江八幡女子旅1

聖徳太子が開いた教林坊   2019-11-9参拝  2020-2-20

古くからの友人と3人で近江八幡へ遊びに行きました。
コースは私が考えたので社寺中心です^^;
でも観光らしく屋形船や人気のお見せもコースに入れました。

本日のコース
教林坊→近江八幡散策→八幡山・村雲御所瑞龍寺→日牟禮八幡宮

繖山教林坊 きぬがさやま きょうりんぼう。

推古13(605)年に聖徳太子によって創建されました。
石窟に祀られた伝聖徳太子作の石仏「赤川観音」がご本尊です。
「教林坊」という寺名は林の中で太子が説法したことに由来します。

巨石を用いた桃山時代の庭園は小堀遠州作と伝わります。
白洲正子が「かくれ里」で「石の寺」と紹介しました。



近江八幡の紅葉の名所と検索すれば一番に出てくる教林坊。
私だけなら人の多い時期は避けるのですが、
友人と一緒なのでメジャーな所にも行かないとね。

で、朝、開門と同時に入ることにしました。

教林坊は繖山の麓にあります。
繖山の山頂には三十三観音の観音正寺があり、かつては観音寺城がありました。
そして麓には教林坊をはじめ、たくさんの社寺があります。

そのうち、一日かけて全部を巡礼するつもりですが、
なんせ山なのでアップダウンが多いと予想して二の足を踏んでいます^^;

2019-11 近江八幡 (1)

教林坊は古くからの集落の中にあり、道が細いです。
運転は私ですが、おばさん3人でキャーキャー言いながら到着です。

駐車場は広かったです。
紅葉真っ盛りと言うわけではないですが、すでに何台か車はいました。

2019-11 近江八幡 (2)

入り口は林の中に入って行くような感じです。
聖徳太子が林の中で説法をしたと言われていますが、今でも林の中です。

2019-11 近江八幡 (3)

重要文化財ではないのですが、古い時代を感じさせる趣のあるお寺です。

2019-11 近江八幡 (4)

山門の横に入山受付がありますが、無人で中で拝観料を払うようです。
教林坊は普段は非公開で春と秋のみ拝観できます。

2019-11 近江八幡 (40)

表門は江戸時代後期の建立です。
おっ、この紋は目結紋。
この平四ツ目紋は京極氏などが家紋として使っていたそうです。

2019-11 近江八幡 (5)

お寺の建物は全然見えません。
登山にでも行くような道の感じですね。

2019-11 近江八幡 (8)

苔むした道になってきてお寺感が出てまいりました^^

2019-11 近江八幡 (9)

庫裡が見えてきました。
紅葉はまだですね~

2019-11 近江八幡 (10)

が、なかなか着きません。
運動不足の友人はすでに息が切れております。
思ったよりも「山」でした。

2019-11 近江八幡 (11)

庫裡に入って拝観料を納めます。
私は御朱印もお願いしました。

教林坊朱印1

観音様の御朱印。

教林坊朱印2

お不動さんの御朱印。

2019-11 近江八幡 (14)

庫裡から出て順路に沿って行きます。
まずは裏山?の築山からです。

2019-11 近江八幡 (15)

仲良し地蔵って書いてあります。
もう顔もわからないくらいのお地蔵さんで、そもそもお地蔵さんなのかな?って
思うのですが、その時代の人が見て感じたように思えばいいのかなと思えてきました。

2019-11 近江八幡 (17)

裏の築山は割と大きく、苔に覆われ長い年月を感じます。
緑一色もいいですけど、モミジが赤かったらもっと奇麗なのかな?

2019-11 近江八幡 (18)

江戸時代初期に造られたお堂。
茅葺の屋根がほんのりオレンジになった紅葉とイイ感じです。

2019-11 近江八幡 (19)

苔むした巨石に寄り添う石仏。
半透明くらいの白い衣の神様がいてもおかしくないと思いません?
居たとしても私には見えないだけどね。
こんな世界観のアニメをどこかで見たな。

2019-11 近江八幡 (20)

いきなり本堂の中です。
お不動さんです。ご朱印を頂いたお不動さんはこのお方です。

この小石は書かれたお経の中の一文字を書いて願掛けします。
みんなで100円払って書いたんですが、私は何を書いたか忘れました。。。。
願いは叶っても叶わなくても、もう分からないーー;

2019-11 近江八幡 (21)

こちらのお庭が小堀遠州の庭です。
その向こうに見える茅葺の書院が素敵です。

2019-11 近江八幡 (22)

教林坊の由緒が詳しく書いてありますが、言い回しが古いので
今一つ意味が分からない、、、、社寺の由緒って難しい言葉が多いのに
古い言葉だと的確な理解が出来ていない気がします。

聖徳太子の物語が書いてありました~
それだけじゃなけど。

2019-11 近江八幡 (23)

こちらがご本尊の観音様でございます~
聖徳太子が自ら石に刻んだという観音様が祀られています。

ある時、太子を信仰する村の娘が野良で産気づき、容体が一変し危ない時に
一心に祈ると金色の光の中に観音様が現れ、左手に持った鎌を腹にあてると
お腹が割れ安産し、傷もあっという間に治りました。
この時、小川が赤く染まったので「赤川」と言います。

なんかさあ、いい話になっているけど、実際にはどんな事が起こったか考えると
ちょっと怖いです。

2019-11 近江八幡 (25)

本堂の縁側で小堀遠州の池泉回遊式庭園の絵を描いている人がいました。
こうやって見るとお寺と言うより、昔の金持ちの別荘みたいです。

2019-11 近江八幡 (26)

こちらの飛び石の道がある庭は室町時代に造られた「普陀落の庭(ふだらくのにわ)」

2019-11 近江八幡 (27)

こちらは小堀遠州の庭。
この庭にたくさんの石が配されているので石の寺と呼ばれます。

2019-11 近江八幡 (28)

紅葉の名所としか知らずに来てしまったので、
庭の事を調べていませんでした><

なので、ちゃんとした庭の写真がないですーー;

2019-11 近江八幡 (31)

書院の中に入ります。

何の模様の欄間かなぁ?
照明器具もレトロで、ますます昔の金持ちの別荘っぽい。

2019-11 近江八幡 (32)

年を取ったらこんな家で過ごしてみたいと日本人なら思いません?
おばあちゃんの家に似ています。
こんな立派な家じゃなかったけど、懐かしいな~

2019-11 近江八幡 (29)

螺鈿の施された素敵な飾り棚。

2019-11 近江八幡 (38)

二階への階段があります。
もう、梯子に近い急な階段です。

2019-11 近江八幡 (34)

中二階もある。ちょっと秘密の部屋みたいでワクワクします。
何があるのかな?

2019-11 近江八幡 (30)

屋根の神様。ではない???
おみくじがあり、屋根の梁にたくさん結び付けてあります。

2019-11 近江八幡 (36)

もう一回、小堀遠州の庭。

教林坊は20年ほど前まで無住寺で荒れ果てたお寺だったそうです。
それをここまで復興させ、人々を惹きつけるお寺になりました。

2019-11 近江八幡 (37)

並大抵の努力では一度荒れたお寺を復興させるのは出来ないと思います。
よく、昔は栄えたのに戦火で伽藍を失い、荒れ寺になったのを
復興させたお坊さんがいますよね。

この僧侶も正に中興の祖ですね。
これからも頑張って、未来にこのお寺を残していってほしいですね。

 教林坊 HP >>

次は近江八幡の観光の中心地・八幡山や八幡掘のある所へ行きますよ。

<< 和泉葛城篇7 積川神社          近江八幡2 近江八幡散策 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 近江八幡 教林坊 紅葉 聖徳太子 朱印 庭園 小堀遠州

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示