FC2ブログ

和歌山市探訪 3

西国三十三観音の二番札所の紀三井寺 後篇  2019-7-14参拝  2017-10-2

和歌山市を少しだけ巡ってきました。

竈山神社→紀三井寺→玉津島神社→和歌浦天満宮→紀州東照宮

紀三井寺 きみいでら。
紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさん こんごうほうじ ごこくいん)が正式名称です。
西国三十三観音の二番札所です。

三井水の龍神伝説や紀伊国屋文左衛門の結縁坂など、
いろんなエピソードがある紀三井寺です。


結縁坂の途中にもたくさんのお寺があり、御朱印ももらえます。、
また、三井水の中の二つ、清浄水と楊柳水もあります。

和歌浦 (48)

ダーッと階段を上ってしまっては勿体ないので、
あちこち巡りながら登っていたら、結構時間がかかりました。

和歌浦 (49)

階段を登りきると右手に仏殿があります。
朱色と白でちょっと面白い形のお堂でしたが、
木が茂っていて、ほとんど形が分かりませんーー;

和歌浦 (50)

堂内には高さ12メートルの千手観音像を安置します。
ピカピカですが木造です。

お堂は2002年、仏像は2007年に完成しました。

和歌浦 (51)

本堂へ向かって行くと、まずあるのが六角堂。
角度が悪くて六角堂に見えない;;

西国三十三カ所御本尊を祀ります。

和歌浦 (52)

小さ過ぎて読めない!
紀州徳川家の初代・頼宜がお国入りした時に、一緒に駿河から来た
御用商人の天野弥平治(後に雑賀弥左ェ門と名乗る)が寛延年間(1750年頃)建立。

和歌浦 (53)

重要文化財の鐘楼。
天正16年(1588年)安倍太郎の再建。

楼門同様に朱色がキレイで修理されたようです。

和歌浦 (55)

こちらは読めますね^^

和歌浦 (56)

こちらは大師堂。
和歌山だし高野山も近いし、弘法大師が来ていてもおかしくないですよね。

和歌浦 (54)

本堂へ向かいます。
江戸時代、宝暦9年(1759年)の建立。

相変わらず木が茂っていて、本堂全体が写りません。

和歌浦 (58)

宝亀元年(770年)、唐の僧の為光上人が日本中を行脚していた時、
名草山山頂に一筋の光を見つけ、翌日に名草山に登り金色の千手観音を感得します。

自ら彫った十一面観音像を胎内仏として、金色千手観音像を奉納し、
草庵を造って安置したのが紀三井寺の始まりです。

和歌浦 (59)

たくさんの額が並んでいます。
奉納された額を見ると人々の思いを感じられるような気がします。

中世には西国三十三か所巡りや熊野詣の隆盛を受け、大変栄えました。
寺領は49町を算し、歴代天皇の御幸があり、後白河法皇の勅願所でもありました。
鎌倉時代には僧侶も500人がいたそうです。

和歌浦 (60)

天井もみのがしてはダメです。
たくさんの天女が舞っています。

天正13年秀吉の紀州攻め。
穀屋寺の春古尼の活躍?で焼失は免れたものの、
それ以前の文献が失われ詳しいことは歴史の波に消えました。

何百年の間にそりゃあ色んな事があったでしょうにね。
戦争って本当に何も生まない最悪のものです。

和歌浦 (61)

江戸時代に入り、紀三井寺は紀州徳川家歴代藩主の崇敬を受けます。

御本尊の十一面観音菩薩像は秘仏で50年に一度の御開帳です。
千手観音菩薩像も秘仏で50年に一度の御開帳です。
どちらも重要文化財です。

和歌浦 (62)

他にも重要文化財の仏像があります。
兵火を逃れた紀三井寺には藤原期の仏像がたくさんあるのですよ。

秘仏は無理だけど他の仏像は本堂内へ入って拝観できる!のですが、、、
時間が決まっていて、次の拝観時間まで1時間近くあります。
泣く泣く諦めました。。。

和歌浦 (63)

紀三井寺は開創1250年で、これを記念して2020年特別拝観があると、
HP書いてありました。
なんとか来年、もう一度行きたいと画策しております。

和歌浦 (64)

御朱印を頂きに参ります。
御朱印帳もありますが、前回2冊も買ってしまったので今回は止めておきます。

紀三井寺1

御朱印。「救世殿」と書いてあります。

和歌浦 (76)

和歌の浦が一望できる・・・
今日は天気が悪いし、やっぱり木が茂り過ぎで邪魔だわ。

これ、冬だと葉が落ちて景色がよく見えるのかしら?

和歌浦 (65)

まだ上に多宝塔があります。
雨が降ってきましたが、行かないとね~

和歌浦 (66)

左側に開山堂。
ここから紀三井寺は始まったのかな?

和歌浦 (68)

さらに奥の斜面に墓地がありました。
檀家の方々のお墓参りです。

和歌浦 (67)

多宝塔です。
また茂った木々で見えない~~~

和歌浦 (69)

多宝塔も重要文化財です。
室町時代・文安6年(1449)建立。五智如来を安置します。

和歌浦 (70)

多宝塔もキレイに修理されたよですね。
600年近くたっているとは思えないです。

和歌浦 (71)

さらに高い所に三社権現社。
こちらは白いシートで覆われています;;

和歌浦 (72)

屋根しか見えない~~
三社なので三つの小さなお社があります。

和歌浦 (75)

やっぱり気が邪魔で和歌の浦は見えませんーー;

和歌浦 (77)

門前町へ降りてくると名草山に仏殿が燦然と輝いて見えます^^
1250年前、為光上人はここら辺から山が光って見えたのかなぁ?

 紀三井寺 HP >>

この後、和歌山ラーメンが食べたい!とラーメン屋を探して食べたのでありました。
美味しかったです~~~

その次は紀伊国屋文左衛門の妻となった娘の実家の玉津島神社です。

<< 和歌山市2 紀三井寺 前篇      和歌山市4 玉津島神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 紀三井寺 朱印 和歌山 徳川 西国 三十三

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示