FC2ブログ

幻の紫香楽宮 10

式内社かもしれない八阪神社  2019-1-4参拝  2019-5-6

紫香楽も最後の参拝です。

今回のコース
新宮神社→陶器神社→玉桂寺→天神神社→日雲神社→紫香楽宮跡→
仙禅寺→三所神社→二童子神社→八阪神社

八阪神社 やさかじんじゃ。

創祀年代不詳。
正応年間(1288~1293)に領主近衛家基が現在地に奉祀。
天文元年(1532)九月社殿を造立し、現在に至ります。

延喜式内社の川枯神社の比定地ではないかとも言われています。

中野郷から隣の柞原(ほそはら)郷にある八阪神社へ1km。

面白ことにさっきまでお茶の会社ばっかりだったのに
信楽の街が近づくと陶器の会社が増えてきました。

2109-1 紫香楽 (147)

駐車場の記憶が無くなってしまったんですが、
困った記憶はないので、多分あったと思います。

2109-1 紫香楽 (138)

拝殿。
こちらもお正月の雰囲気が残ってます。

2109-1 紫香楽 (146)

由緒書きにはこれだけしか書いてないです。
つまり創祀年代、由緒は不明な訳です。

そこで延喜式内社の川枯神社ではないかと言われるのですが、
どうやら水口の八坂神社が有力な比定地となっているようです。
候補は他にもあるようですが。

2109-1 紫香楽 (139)

全体の写真を撮り忘れましたが、本殿は覆い屋の中にあります。

2109-1 紫香楽 (142)

祭神は素戔嗚尊。
天文元年(1532)建立の本殿は美しい模様が残っています。

2109-1 紫香楽 (143)

江戸時代に屋根を修理した記録があるそうなので、
その時に色も塗り直したのかな?

2109-1 紫香楽 (144)

本殿から見た拝殿。

2109-1 紫香楽 (145)

参道。

2109-1 紫香楽 (148)

参道の入口にあったお地蔵さんの小さなお堂。

2109-1 紫香楽 (149)

不思議な形の丸い石。先端に小さな突起があります。
何だろう?重軽石みたいだけど?

お花が飾られ、今でも大切にされているんですね。

 八阪神社 甲賀市信楽町柞原332

2019年お正月の紫香楽巡り 終わりです。
紫香楽は消えた歴史が散りばめられた街でした。

<< 紫香楽9 二童子神社

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ




スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 紫香楽 信楽 八阪神社 川枯神社 柞原

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示