FC2ブログ

幻の紫香楽宮 7

磨崖仏のある仙禅寺  2019-1-4参拝  2019-5-2

令和の二日目。
御朱印コレクターの方々は長時間並んで令和初日の御朱印をもらいに行ってるんですね~
TVで見ました。
私はあまり記念日に関心がないので、初日の御朱印をもらうって全く思いつきませんでした。

初日の御朱印をどこかにもらいに行った方が良かったかも?
まあ、いいや、日にちは関係ないもんね^^

と言う事で、お正月の紫香楽の続きです^^;

今回のコース
新宮神社→陶器神社→玉桂寺→天神神社→日雲神社→紫香楽宮跡→
仙禅寺→三所神社→二童子神社→八阪神社

岩谷山 仙禅寺 せんぜんじ。

京都の和束にある鷺峰山金胎寺の別院で養老6年(722)の開基と伝えられています。
戦国時代の兵火によりほとんどの堂宇を焼失してしまいました。

鎌倉時代の磨崖仏があります。


日雲神社から紫香楽宮跡へ行って、県道522の田代上朝宮線で南下します。
上朝宮地区のお寺と神社へ行きます。

仙禅寺は上朝宮の集落の少し手前の山の中にあります。

2109-1 紫香楽 (103)

細い林道のような県道にポツリとお寺が現れます。

2109-1 紫香楽 (104)

一見、廃寺寸前のように見えますが掃除は行き届いているようです。
その辺はさすがですね。

2109-1 紫香楽 (105)

由緒書き。これは読めますね^^

養老6年(722)の創建。
鷺峰山金胎寺の別院として僧房五宇を有し栄えました。
南北時代と戦国時代に二回、兵火により焼失。

2014年に鷺峰山金胎寺へも行きました。
こちらのお寺もちょっと寂しい感じになっていました。
かなり山奥のお寺でしたからね。。。

2109-1 紫香楽 (106)

では本堂へ。

朝宮は茶どころで、朝宮茶の発祥の地は仙禅寺です。
今から1200年前、岩谷山(仙禅寺一円)に茶の実を植えたのが始まりです。

2109-1 紫香楽 (114)

本堂はお堂って言うより、倉庫的な感じに見えます。
岩の上に建っているので懸造りなんですが、物が置いてあるのが見えるので
倉庫みたいに見えるんですよね。

2109-1 紫香楽 (108)

本堂。ご本尊は十一面観音。秘仏だそうです。
本堂の入口もお堂っぽくないです。

2109-1 紫香楽 (113)

磨崖仏はお堂の下にあります。
右側のちょっと三角の屋根になった所にあります。

2109-1 紫香楽 (110)

うーん、言われなければ分からない;;

2109-1 紫香楽 (111)

三尊形式の磨崖仏だそうですが、真ん中の仏さんしか分からないです。

2109-1 紫香楽 (112)

奥の方を見ると石の階段がありました。
昔は違う形の建物があったんでしょうね。

色々調べていると、奥の院跡にも磨崖仏があったり
道沿いに五輪塔があったり、仙禅寺の遺跡がまだあるようです。

 岩谷山仙禅寺 甲賀市信楽町上朝宮

<< 紫香楽6 日雲神社            紫香楽8 三所神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 紫香楽 信楽 上朝宮 朝宮茶 岩谷山 仙禅寺 磨崖仏

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示