fc2ブログ

幻の紫香楽宮 4

奈良時代の仮御所であった玉桂寺  2019-1-4参拝  2019-4-20

お正月に行った信楽であります。

今回のコース
新宮神社→陶器神社→玉桂寺→天神神社→日雲神社→紫香楽宮跡→
仙禅寺→三所神社→二童子神社→八阪神社
 
高野山真言宗秋葉山十輪院勅願寺法皇庵 玉桂寺 ぎょくけいじ。

琵琶湖百八霊場 第八十八番、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場 第五番など、
いろんな巡礼の札所となっております。

平城京の頃、孝謙上皇と淳仁天皇が行幸した保良宮の
仮の御所であった宮跡に弘法大師が開いたお寺と言われます。



玉桂寺は国道307号から大戸川を挟んで反対側にあります。
車で行くと大戸川沿いの対向ギリギリの細い道を通らないと行けません。

2109-1 紫香楽 (33)

大きな車が来たり、運転の下手くそが来たら対向は無理かも?

2109-1 紫香楽 (36)

車じゃない人は信楽高原鉄道の玉桂寺前の駅で降りて、この吊橋を渡ってきます。
ちょっと渡って見たかったな~

日当たりの悪い河川敷は霜で真っ白です。

2109-1 紫香楽 (34)

玉桂寺 山門。
門松があります。

駐車場は違う入り口があります。

2109-1 紫香楽 (63)

手水鉢は花の形。睡蓮かな~?

2109-1 紫香楽 (61)

天然記念物の高野槇。
弘法大師が中国から持ち帰った槇を植えたと伝わります。

2109-1 紫香楽 (62)

右側にはお地蔵様。
奉納された小さなお地蔵様は色とりどりの前掛けが付けられています。
風車もカラフルなんだけど、シーンとした中でこの光景を見ると、
ちょっと恐いです。

TVの心霊番組のせいだと思うーー;

2109-1 紫香楽 (57)

本堂。

2109-1 紫香楽 (47)

玉桂寺のお堂はすべて中に入ってお参りできました^^

2109-1 紫香楽 (48)

ご本尊は弘法大師です。

1200年前の奈良時代に淳仁天皇が都を滋賀に遷しました。
その時の宮(保良宮)ができるまで仮の御所としたのが玉桂寺の始まりです。
(保良宮については諸説あり)

その後、弘法大師がお寺に改め、勅願寺となりました。

2109-1 紫香楽 (49)

アクティブな動きの大黒天。
お金が倍になると書いてあるけど、奮発して100円入れても200円です^^;

2109-1 紫香楽 (50)

地下通路発見!行ってみましょう!

2109-1 紫香楽 (51)

暗いです。
なんとなく、古い温泉旅館の大浴場への道に似ていると思ってしまった。
ちょっと恐い感じ。

ずらっと並んだ観音さんがシルエットなのが余計恐怖を煽るよね。

2109-1 紫香楽 (52)

通路の真ん中に薬師如来さまが祀られていました。
足腰、神経痛に御利益のあるほとけさんだそうです。

2109-1 紫香楽 (53)

なんで地下なんでしょうね?何か意味があるのかな?

2109-1 紫香楽 (43)

参拝してから数ヶ月経ってしまって記憶が薄れてきちゃったんですけど、
本堂と護摩堂が隣で地下通路はこの二つのお堂を繋いでいたと思います。

2109-1 紫香楽 (44)

護摩堂。

2109-1 紫香楽 (45)

ぼけ封じの観音様。
いつまでもボケずに元気に社寺巡りができますように。

2109-1 紫香楽 (38)

阿弥陀堂。

2109-1 紫香楽 (39)

古い阿弥陀様がおられます。

2109-1 紫香楽 (40)

かつては重要文化財の阿弥陀如来立像  建暦2年(鎌倉時代、1212年)作を所蔵していました。
胎内に願文が納入されており法然の一周忌に弟子である源智が発願したものでした。

平成22年(2010年)に、法然の800年大遠忌を記念して、玉桂寺から浄土宗へと譲渡され、
佛教大学宗教文化ミュージアムで保管されているそうです。

2109-1 紫香楽 (41)

こちらの阿弥陀様も味がありますよね^^

2109-1 紫香楽 (37)

子宝祈願の杉。
幹が繋がってる夫婦杉です。

2109-1 紫香楽 (42)

ここから四国八十八カ所巡りができますが、今日は時間が無いので止めときます。
巡礼終了証がもらえるとHPに書いてありました。

2109-1 紫香楽 (54)

毘沙門堂。

2109-1 紫香楽 (55)

たくさんの毘沙門天。

2109-1 紫香楽 (56)

古いお墓。

2109-1 紫香楽 (59)

では寺務所へ御朱印をいただきに参ります。

2109-1 紫香楽 (58)

ご住職が出掛けるところで、奥様が車庫まで行って呼び戻してくれました。
すみませ~~~ん。

玉桂寺2

本尊である弘法大師の御朱印。

玉桂寺1

ぼけ封じ観音の御朱印。

2109-1 紫香楽 (31)

思いがけず立派なお寺でした。
小さな奉納仏が多過ぎる様な気はしましたけど、
それだけたくさんの祈りがお寺に捧げられたと思ってます。

 玉桂寺 HP >>

この後は1kmほど離れた天神神社へ行きます。
「保良天神宮」と呼ばれ、かつての仮御所と関わりが深いと思われます。

<< 紫香楽3 陶器神社            紫香楽5 天神神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 滋賀 信楽 紫香楽 保良宮 弘法大師 玉桂寺 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示