FC2ブログ

碓氷峠 熊野神社

軽井沢旅行 長野と群馬にまたがる熊野神社 2018-8-29参拝 2018-9-18

軽井沢旅行の中で行った社寺。
布引観音・釈尊寺(小諸市)→碓氷峠・熊野神社(長野&群馬)→諏訪神社(軽井沢)→
神宮寺(軽井沢)→光泉寺(草津温泉)→車山高原・車山神社(茅野市)

中山道の碓氷峠にあり、長野県と群馬県にまたがる神社です。
長野県側は熊野皇大神社、群馬県側は碓氷権現熊野神社。

由緒ある古社で日本武尊まで遡る歴史があります。
江戸時代には中山道の要所にあることから大変賑わったどうです。

すごい峠にあるのに、門前には何軒かの茶店があり、
名物は力餅です。おいしかったです^^


軽井沢旅行に二日目、朝一番に旧碓氷峠の熊野神社に行きました。

中山道である旧碓氷峠は軽井沢の繁華街を通り抜けていきます。
夏の間は交通規制もあり、賑わってくると車で走るのは困難です。

軽井沢 (102)

峠なのでグニャグニャの道で旧道なので狭いです。
さらにもの凄い霧というか、町から見たら峠は雲の中でした。

到着したのは8時半過ぎ。
参拝者らしき人が一組いましたが、社務所が開いてないみたいな会話をしていました。
やっぱり9時にならないと人は来ないのかな~

軽井沢 (64)

なんで斜めから撮ったんだろう?しかも小さいし。
ちっとも見えないですーー;

軽井沢 (65)

熊野神社の入口。
右側の「決勝点」って看板が気になりますね。
多分、これは安政遠足(とおあし)の終着点のことだと思います。

安政遠足とは群馬県側の安中宿から碓氷峠まで侍たちがマラソンをしたそうです。
毎年、「安政遠足侍マラソン」が開催されてます。

軽井沢 (66)

左が長野県、右が群馬県です。
本当に神社のちょうど真ん中に境界線があるんですね。

神社が二つに分かれたのは、てっきり明治あたりかと思っていましたが、
江戸時代から信濃国と上野国に両方に社家があって
揉めることもあったらしいです。

軽井沢 (67)

熊野神社の由緒。

社伝によれば、日本武尊が東征の帰りに碓氷峠で、濃霧が生じて道に迷った。
この時に一羽の八咫烏が梛(なぎ)の葉を咥えて現れ、道案内をした事に感謝して
熊野の神を勧請したのが熊野神社の由来だとされます。

碓氷峠の頂上で日本武尊は旅の途中、相模灘で身を投げた弟橘姫を偲び、
「吾嬬者耶(あずまはや)」(嗚呼、愛しき吾が妻よ)と三度嘆き、
以後、東の国を「吾妻(あづま)」と呼ぶようになった。
 ― 日本書紀より ―

景行天皇四十年(110年)の話だそうですよ。

軽井沢 (68)

参拝に行きます。
立派な神門です。

軽井沢 (69)

神門前にある石の風車。
江戸時代には追分節に唄われた有名な石の風車なんですって。

実は神社石段を築造した佐藤平八郎、佐藤市右衛門が「二世安楽」を願って
佐藤家の家紋(源氏車)を刻み奉納した物なんです。

軽井沢 (72)

群馬県側の社務所は神門の中にあります。
長野県側の社務所は石段の下にありました。
どちらもまだ人はいませんが。

軽井沢 (73)

お賽銭箱も二つあります。
やっぱり公平に両方に入れないとねぇ。

軽井沢 (70)

本殿への参道の左には長野側の神楽殿。

軽井沢 (71)

参道の右には群馬側の神楽殿。

軽井沢 (79)

本宮。
横からしか見えませんでしたが、凝った彫刻があります。
いつの建立かは分かりませんでしたが、江戸時代かなぁ?

祭神は伊邪那美命、日本武尊です。

軽井沢 (74)

本宮横、長野側にある那智宮。祭神は事解男命。

軽井沢 (75)

本宮横、群馬側にある新宮。祭神は速玉男命。

軽井沢 (77)

こちらのお社も彫刻があります。
左甚五郎の弟子が手掛けたと言われています。

軽井沢 (78)

お社の中を覗くと神仏習合の香りが漂います。
神宝として鐘が残っています。

軽井沢 (76)

鎌倉時代の鐘です。
軽井沢の街に下りた神宮寺にあった鐘なんでしょうね~

峠の頂上から鐘の音がゴ~~~ンって響いていたんですね。
ちょっと聞きたかったですね、その音色。

軽井沢 (80)

群馬県側の境内。お稲荷さん。
他にも小さなお社がいくつかありました。

軽井沢 (81)

苔むした石の祠。

軽井沢 (83)

石の多重塔。南北朝時代(文和3年:1354年)に建立。

元は七重塔だったらしいのですが、天明3年の浅間山の噴火で破損したそうです。

軽井沢 (84)

境内からの景色。
下に見える建物は茶店です。

本当はその向こうに町や遠くの山が見えるはず。。。

軽井沢 (85)

こちらは長野県側。
こちらも小さな祠が並んでいます。

軽井沢 (93)

八咫烏社。何か黒い物体が大量に置かれています。

軽井沢 (94)

八咫烏でした~。
これは社務所に売っていました。確かおみくじ付きです。

軽井沢 (87)

運試しの矢があります。

軽井沢 (89)

お嬢がやってみました。
的ははるか下の四角い

軽井沢 (90)

惜しい!四角の縁に落ちました~

軽井沢 (91)

ご神木の科(しな)の木。

軽井沢 (86)

樹齢850年以上の古木です。
こういう古木を見るとトトロが住んでいるかも。。。と思ってしまいます。
ジブリアニメは偉大です^^;

軽井沢 (96)

ハートが見えるんだって。
「科」の語源は「結ぶ、しばる、くくる」と言われ、縁結びにピッタリ。

軽井沢 (95)

あ~~~ホントだ~~ハートに見える♡

軽井沢 (92)

奥の宮がありますが、なにげに濡れそうなので止めておきます。

軽井沢 (101)

さて、唯一、営業していた茶店・見晴亭に入ります。
名物の力餅を食べたいのです。

軽井沢 (100)

またまた写真を撮る前に食べてしまいましたーー;

力餅は一皿に小さなお餅が10個あります。
あんこときな粉を頼みましたが、他にもいろんな味のお餅がありました。
どれも一皿500円。漬物付き。

美味しかったです^^

軽井沢 (97)

見晴亭と言うくらいだから、よい景色がみられるんだろうけど、
今日はこの有り様。

軽井沢 (99)

天気が良ければ、こんな景色が見られます。
残念ですねぇ。

軽井沢 (104)

お餅を食べ終わったころ、始発のバスが到着しました。
赤いレトロなバスです。ちょっと乗ってみたかったです。

じゃんじゃか人が降りてきます。
こんなに参拝者が来るとは思いませんでした。

結局、御朱印は書置きのものを頂きました。
どれも全部1枚500円です。

碓氷熊野・長野1

長野県側の熊野皇大神社の御朱印。
写真では分かりませんが、金と銀を散らした分厚い和紙に書かれています。

碓氷熊野・長野2

こちらも長野県側の御朱印。
切り抜きになってます。
すでに切ってあるので型抜きみたいに外すのですが、私はこういうの、苦手です。
失敗しないように、慎重に八咫烏を外して、慎重に貼り付けました。
やったー成功です^^

碓氷熊野・群馬

群馬県側の碓氷権現熊野神社の御朱印。

左の水色のは期間限定御朱印です。
右が通常の御朱印です。

 長野 熊野皇大神社 HP >>
 群馬 碓氷権現熊野神社 HP >>

この後は軽井沢の街に下りて、諏訪神社と神宮寺へ行きます。

<< 小諸 布引観音・釈尊寺          軽井沢 諏訪神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 軽井沢 長野 群馬 熊野神社 朱印 力餅 碓氷峠 中山道 安政遠足

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示