FC2ブログ

布引観音 釈尊寺

軽井沢旅行 布引観音  2018-8-28参拝  2018-9-12

台風の次は地震。どちらも大変な被害でしたね。
一日も早く元の生活に戻られますようお祈り申し上げます。

そんな中、のんきな旅行の記事で申し訳ないんですけど、ぼちぼち書きます。

軽井沢旅行の中で行った社寺。
布引観音・釈尊寺(小諸市)→碓氷峠・熊野神社(長野&群馬)→諏訪神社(軽井沢)→
神宮寺(軽井沢)→光泉寺(草津温泉)→車山高原・車山神社(茅野市)

布引山 釈尊寺 (ぬのびきさん しゃくそんじ)

奈良時代の神亀元年(724年)に行基が開き、
聖徳太子が作ったとされる聖観音を祀ったと伝えられます。

「牛に引かれて善光寺」の逸話の強欲な婆さんを、
牛に姿を変え、善光寺へ導いた観音さんなんですって。
てっきり善光寺の阿弥陀さんが牛になったんだと思っていました。
なるほどね~


信州はずっと昔、何度か旅行で来ました。
小諸はたぶん、通り過ぎただけだと思います。
今回も布引観音だけ行くことになります。

諏訪から中山道である国道142号で山を越え佐久盆地に下りてきました。
途中、霧ヶ峰や車山、白樺湖もあり、観光予定だったんですが、本日は雲の中なので、
最終日に少しビーナスラインを通ることにしました。

朝5時に自宅を出発して高速のSAで朝食を食べて、後は一気に布引観音へ。
お寺の参道前に午前10時に到着です。

軽井沢 (3)

布引観音は県道40号線沿いにあり、道の前を千曲川が流れています。
気持ちよく走れる道で分かりやすい看板とか幟がないので、
調子に乗って走っていると行き過ぎてしまいます。

参道入り口がなんとな~く広場で真ん中にロータリー的な芝生と由緒書きがあります。
広場に数台車が停まっており、絶対誰もいないと思っていたので、ちょっとビックリ。
奥にはトイレもあります。

私たちの後からも、数台車が来ました。
この辺では有名なお寺だったようです。

軽井沢 (5)

「牛に引かれて善光寺」の話。

昔、信心のうすい老婆が千曲川で布を洗って干していると、
どこからともなく牛が現れ、角に布をひっかけて走り出します。

老婆は返せ~と牛を追いかけ、野を越え山を越え、
気が付くと善光寺の境内にいました。
牛の姿は消え、一筋の光に導かれ老婆は金堂で一晩、
祈りを捧げ菩薩心を取り戻します。

家に戻ってきて布引山を見るとあの布が岩肌に吹き付けられています。
老婆は布を取り戻したいと一心に念じていると、布と共に石になってしまいました。

と言うお話が書いてありました。

軽井沢 (1)

この話、なにも石にしなくても信仰心を取り戻して 
めでたし、めでたしでばダメなんだろうか?
あと布引観音から善光寺までは60kmばかりあるけど、
昔の人の脚力なら老婆と言えども可能なのだろうか?

逸話んだから、そんなこと気にしなくていいんだろうけどね、天邪鬼なもんで。

軽井沢 (2)

布引観音の歴史。

奈良時代の神亀元年(724年)に行基が創建。
戦国時代の天文17年(1548年)武田信玄が東信地方に進攻した際、
兵火にかかって焼失。

永禄元年(1558年)に望月城主・望月左衛門佐信雅によって再建。
しかし、江戸時代中期の享保8年(1723年)に再度、焼亡。
江戸時代後期に小諸藩主牧野康明によって、現存する堂宇の大半が整備さました。

軽井沢 (4)

けっこうな山道です。
お寺の建物は欠片も見えません;;

軽井沢 (6)

巨石むき出しの岩山なんですね。
あまり調べずに来てしまったので、びっくりです。

軽井沢 (9)

いきなり名勝2です。1は見逃しましたーー;

平安時代に牧場があったんですね。これまたびっくり。

軽井沢 (10)

この岩のことだと思うのですが、駆ける馬の姿は
私にはわかりませんでした。

軽井沢 (12)

こんな急な登りだとは思わなかったので、
娘も私もスカートで行ったしまいました。
大失敗です。

軽井沢 (8)

岩の窪みと言う窪みにはお地蔵さんやを石積みがあります。
信仰の深さと参拝に来る人の多さですかね。

軽井沢 (13)

3はまたまた見落としまして、4の牛岩。

軽井沢 (14)

娘と岩の中に必死で牛を探して、コレじゃないかという結論に達しました。

軽井沢 (15)

5は見守り地蔵。
他にも参道にはたくさんの石仏が並んでいます。

軽井沢 (18)

善光寺穴。善光寺まで続いているという穴。

軽井沢 (19)

6の不動滝はどこにあるか分かりませんでした。
水の音はどこからか聞こえてましたけど、、、

軽井沢 (22)

ついにお堂の屋根が見えました^^

軽井沢 (23)

山門登場!
思いのほか、立派な山門です。

残念ながらこの門からは入れません。

軽井沢 (25)

軽井沢 (26)

仁王像、阿吽とも写真がボケてしまいました><

軽井沢 (28)

到着です。
参道の登り口から写真を撮りながらゆっくり登って17分。
とっとと登ったら15分くらいかな。

ほんのり雨が降る天気で、三重に比べたら涼しいですが、
それでも山に登ったので汗だくになりました。

軽井沢 (30)

本堂。
山肌に建つのでやっぱり狭い境内です。

ずっと奥へ行くと観音堂へ行けます。

軽井沢 (32)

観音堂宮殿(かんのんどうくうでん)
凄いですね~どうやって建てたんでしょうね。

岩の向こうに小諸の街が見えますよ。

軽井沢 (34)

こちらのお堂の横から観音堂へ行けます。

軽井沢 (36)

堂内は暗くて良く見えなかったですが、十二神将が並んでいたり、
なんかいい感じなお堂です。

軽井沢 (54)

凝った彫刻もありますが、このお堂の説明はなくてよく分かりません。
江戸時代に再建された御堂かな~

また写真がボケてます。
どうやら、カメラのダイヤルが動いちゃった見たい。
未だにカメラの機能がよく分かりません。

軽井沢 (35)

ここから行きます。わりと安全そうな道でよかった^^
岩肌の梵字と牛に見送られて観音堂へ。

軽井沢 (38)

白山社。
昔、御牧ヶ原の白山地籍より遷座されたといわれるもので、
室町時代中期の特徴があるそうです。

軽井沢 (39)

岩壁にいくつものお堂があります。
もともと窪みがあったのか、岩を削ってスペースを作ってお堂を造ったのか、
どちらにしても凄ね~

軽井沢 (40)

岩をくり抜いてトンネルも造ってありました。
いつ頃、造られてのかな
まあ、最近ではないよね~

軽井沢 (41)

六地蔵。
いつの間にか数字が13になってますね。

軽井沢 (42)

手前にあるのが愛染堂。奥に見えるのが観音堂。

軽井沢 (48)

愛染堂。

軽井沢 (43)

観音堂。
朱塗りに彫刻が映えます。
朱は最近、塗り直したみたいで鮮やかです。

軽井沢 (44)

重要文化財は観音堂ではなくて、中にある宮殿でした。
岩屋の中に安置されていたので、戦国時代の戦火を逃れられたそうです。

軽井沢 (46)

お堂の方は江戸時代の再建ですね。

軽井沢 (47)

暗くてよく見えませんでした。
キラキラしてまして、小さな観音像がたくさんあるようです。
ご本尊は全く見えないみたい。

軽井沢 (45)

観音堂からの景色。
街が見えるといいんだけど、見えるのは本堂と山。

でも桜や紅葉がたくさん植えてあって、春や秋は綺麗なんだでしょうね。

軽井沢 (51)

こうやって見ると巨大な岩に造られたお寺です。

軽井沢 (50)

観音堂の前の狛犬。
なんかカワイイというか、私は南米の遺跡の彫刻を思い浮かべました。
もしくは奈良の明日香村の石造物に似てるかも。

軽井沢 (52)

六地蔵の横の石仏も個性的^^
多分、脱衣婆と閻魔さんかなぁ~

軽井沢 (53)

御朱印をもらいに寺務所へ行きます。
御朱印は参拝前に出してくださいと書いてあります。
あらら~~参拝しちゃったよ~

軽井沢 (55)

猫ちゃんがお出迎え~とっても人懐っこいです。
カワイイ~~ゴロゴロ喉を鳴らしてスリスリしてきます^^

小諸・布引観音

迫力ある墨書き。
なんて書いてある?「宮殿」かな?

軽井沢 (57)

では山を下ります。
観音堂は沢山の人がいます。

ここから見ると、あんまりたくさんの人が載ったら崩れるんじゃないかと心配になります。
観音堂にいた時はそんな事、思わなかったんですけどね。
知らぬが仏ってことですね^^;

軽井沢 (60)

下りは早いですよ~あっという間に車に辿り着きました。

布引観音は思ったより大変な山道だったけど、
思ったより大きく好きな感じのお寺でした。

この後は小諸城跡の近くで信州そばを食べて軽井沢へ向かいました。
「この辺の蕎麦はどこで食べても外れはない」とネットに書いてありましたが、
確かに美味しかったです。

次は小諸はもちろん、佐久や上田をもっとゆっくり訪問したいです。

では軽井沢へ。。。。

<< 日記 夏が行く          軽井沢 熊野神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 長野 小諸 朱印 釈尊寺 布引観音 善光寺 観音

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示