FC2ブログ

あおによし東大寺8 法華堂(三月堂)

東大寺のはじまりの法華堂   2018-5-19参拝 2018-7-3

東大寺だけを7時間かけて巡る旅です。

本日のコース
東大寺 南大門→大仏殿→鐘楼の丘エリア→手向山八幡宮→法華堂(三月堂)エリア
二月堂エリア→正倉院エリア→戒壇堂エリア→氷室神社

法華堂(三月堂)、三昧堂(四月堂)、不動堂の記事です。

法華堂は東大寺の前身である金鐘寺(こんしゅじ、きんしょうじ)の仏堂と言われ、
東大寺の数々のお堂の中で一番古いお堂です。

金鐘寺は聖武天皇の亡くなった第一皇子「基親王(もといしんのう)」を弔う為、
天平5年(733)に創建されたと伝わります。

お堂も国宝、堂内に安置された10体の仏像もすべて国宝です。


手向山八幡宮から出てくると目につくのが校倉造りの建物。
境内図を見ると法華堂経庫(重要文化財)と書いてあります。

手前にある石塔は御髪塔(おはつとう)。
「大仏殿再建時に使用した『黒髪』で結い上げたロープを埋納している」とか、
「聖武天皇が出家した時の髪を埋納している」など、「髪」に纏わる伝説があります。

東大寺 (123)

経庫のすぐ前には手向山八幡宮の校倉造りの宝庫があります。
二つは対になっているのかな?と思ったけど、元々あった場所も違うようです。

でも、どちらも奈良時代(修理はしたようですが)からの建物らしいです。

東大寺 (124)

経庫の説明。

正倉院の近くにあったんですね。
昔は米蔵として使われたそうですが、現在は経典とか入ってるのかな?

東大寺 (101)

こちらは三昧堂(四月堂)です。法華堂の前にある小さなお堂です。
三昧堂は「さんまいどう」と言います。

小さなお堂にたくさんの人が入っていくのは、御朱印がもらえるからです。

東大寺 (102)

三昧堂の説明。

東大寺四月堂2朱印

御朱印。ご本尊の十一面観音さま。

東大寺四月堂1朱印

御朱印。二代前のご本尊の普賢菩薩さま。

前代のご本尊は千手観音さまで、現在は東大寺ミュージアムにいらっしゃいます。
今回は閉館中で拝観できなかったんですけどね。

東大寺 (8)

真ん中のお方ですけど、お会いしたかったわぁ。

十一面観音さまも普賢菩薩さまも素敵なお方でしたよ。
しっかり拝んできましたよ^^

東大寺 (126)

法華堂へ行く前に、この塀の中のどこかに非公開の開山堂(国宝)があります。
正方形のお堂なので、ここに見えている屋根は違いますが、どこかにあるんです。
お堂の中にはこれまた国宝の良弁僧正坐像が鎮座します。
特別拝観があります。

さあ、法華堂へ行きます。

東大寺 (127)

1300年前、ここから東大寺は始まったんですね~感慨深いです。

天平5年(733)、聖武天皇は1歳で亡くなった第一皇子「基親王」の菩提を弔うため、
金鐘寺を創建し、良弁を招いて住寺させました。

のちに良弁は東大寺の初代別当となります。

東大寺 (130)

法華堂の建物は数少ない奈良時代の建物です。
鎌倉時代に礼堂が造られ、ドッキングされました。

もともと創建当初から2つお堂が存在していたと考えられており、鎌倉時代の再建時に
二つのお堂を接続させて1つのお堂にしたと考えられています。

東大寺 (133)

ちょっと高い所から見ると継ぎ目が良く分かります。
上手に引っ付けてありますね~

東大寺 (129)

古そうな石灯篭。ちょっと欠けてます。
建長6年(1254年)伊行末の銘があり、重要文化財です。

東大寺 (131)

法華堂の拝観は600円。御朱印も頂けます。

何度も言うけど、大仏殿と二月堂は行くけど三月堂は通り過ぎる人が多いみたいです。
私も初めてですもの。
東大寺のルーツともいえる法華堂は絶対に見るべきだと今なら言えます。

法華堂観音

堂内は撮影不可ですのでパンフレットより、不空羂索観音立像です。

国宝。脱活乾漆造。像高362.0センチメートル。天平時代を代表する仏像彫刻の1つ。
この画像では分かりませんが、宝冠にはたくさんの宝石が散りばめられているんです。

天平時代の仏像と言う事は、良弁や聖武天皇をはじめ、たくさんの歴史的な人物が
この観音さんを拝んでいたんでしょうね。
まさに、タイムカプセルや~(彦摩呂風に読んでください)

法華堂四天王

パンフレットより。
配置図がぼやけちゃって読めないです;;

不空羂索観音立像の周りには四天王像や金剛力士像などが守護します。
Tさんと椅子に座って、しばらくボ~~~と眺めていました。

私たちの他にもボ~~~と眺めている人がいっぱいいましたよ。
無心になれる空間です。
雑念の多い私でもここなら迷走できるかもって言う空間です。

東大寺法華堂2朱印

御朱印。

東大寺法華堂1朱印

御朱印。

法華堂から山の方へ入って不動堂へ行きます。
もっと人が減ります。

東大寺 (128)

小さな池のほとりには龍神の祠が。

東大寺 (132)

坂を登って行くと突き当りにあるのが不動堂です。
緑に抱かれる、と言うか、木々に埋もれている感じです。

東大寺 (134)

小さなお堂です。
御朱印に釣られて来たんですが、そうでなければパスしていたと思います。
結果、来て良かったです!

東大寺 (137)

お参りをして、隙間があれば必ず堂内を覗いてみる私ですが、
隣の納経所のおじさんが、「横から中に入れるよ」と声をかけてくれました。

ありがとうございます!とすぐ入堂^^
護摩供養が行われるので、中はススで真っ黒。
真っ黒の中、五大明王さんが揃って鎮座しておりました。

東大寺 (135)

大きくはない像なんですが、像も真っ黒で、目だけがギラギラしてて、
そんな憤怒の形相の像が五人揃うとなかなか迫力があります。

不動堂については、あまり情報がなくて由緒など分からないのが残念です。

東大寺 (136)

「垢離場(こりば)入口」と書いてあります。
よく見ると、奥に小さな滝があって滝修行を行うようです。

お不動さんには滝修行が付きものなんですね~

東大寺不動堂朱印

御朱印。

この後、山側から二月堂へ行きます。

<< 東大寺7 手向山八幡宮      東大寺9 二月堂 前篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 東大寺 奈良 法華堂 三月堂 三昧堂 四月堂 不動堂 朱印 国宝 金鐘寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示