FC2ブログ

伊賀忍者回廊 巻之3-拾

藤堂采女家の墓所である西蓮寺  2018-5-5参拝  2018-5-29

伊賀忍者回廊 三回目の朱印巡り、その十。

本日のコース
鵜宮神社(札所)→正月堂(札所)→西山春日神社→果号寺→
徳楽寺→射手神社→常住寺→百田山不動寺→西蓮寺(札所)
岡八幡宮(札所)→慈尊寺→花垣神社(札所)・池邊寺→
田守神社(式内)・吉田寺→無量寿福寺(札所)→神戸神社(式内・元伊勢)

天台宗真盛宗別格本山 医王山 無量寿院 西蓮寺(さいれんじ)
総本山の西教寺の三大末寺で、宗祖の真盛上人の御廟があります。

伊賀忍者回廊の札所となっております。
伊賀上野城の城代家老・藤堂采女の墓所があります。

百田山不動寺から比自山に沿って300mばかり南下します。
西蓮寺は別格本山と言うだけあって大きなお寺ですので、
道沿いに大きな駐車場があり、すぐ分かります。

忍者回廊3 (161)

大きな木々に覆われてお堂は全く見えません。

お寺の上の方に大きな墓地があるのですが、墓地の近くにも駐車場がありました。

忍者回廊3 (162)

石段の両横には石造りの仁王象が睨みを利かせてます。

忍者回廊3 (163)

数々の文化財を保有してます。
藤堂高虎公の肖像画は国の重要文化財です。

忍者回廊3 (164)

門にかかる緑の枝は紅葉です。
秋はきれいなんでしょうね。

忍者回廊3 (165)

楼門。

忍者回廊3 (166)

門の説明。

忍者回廊3 (174)

本堂。
ご本尊は阿弥陀如来坐像。平安時代末期(12世紀末)の作。

寺伝によりますと延暦24年(805)、伝教大師最澄の創建。
明応元年(1492)に真盛上人が諸堂を復興し西蓮寺と改めました。
しかし、明応4年に真盛上人は西蓮寺で亡くなり、この地に御廟があります。

忍者回廊3 (167)

天正伊賀の乱で被害を受け荒廃しますが、藤堂高虎が津藩主となると、
上野城代家老藤堂家の菩提寺となり復興します。

忍者回廊3 (177)

本堂横にあるのが真盛上人御廟。

忍者回廊3 (182)

桧皮葺きの立派な門があります。

忍者回廊3 (178)

真盛上人は伊勢国の生まれで、比叡山で修行し、
大津坂本の西教寺を再興し天台宗真盛派の祖となります。

忍者回廊3 (179)

必死で覗いてみました。

忍者回廊3 (186)

裏に回ってちょっと高くなっている墓地から見てみました。
う~ん、屋根しか見えないねぇ ^^;

忍者回廊3 (187)

あっ、こんな奥の方に収蔵庫らしき建物があります。
いろいろ、寺宝が入っているんでしょうね。

頂いた由緒書きによると、仏像多数と真盛上人の所持品、
曽我蕭白の屏風絵や雪舟の絵なども所有しています。

伊賀の乱の戦火を免れて平安時代の物も残っています、良かった良かった。

忍者回廊3 (180)

忍者回廊3 (181)

貞享三丙寅年は1686年。
難波のあきんどが奉納した石灯篭です。

忍者回廊3 (175)

楼門前から縦横無尽に通路がありまして、お堂もいっぱいあります。
朱印はセルフになっていたので、印を求めてあちこちのお堂に入ってみました^^;

結局、寺務所へ行ってご住職に押して頂きました。

西蓮寺朱印

御朱印。印を押してもらって200円。

忍者回廊3 (185)

西蓮寺には広大な墓地があります。
ここも比自山の一部らしいので、やっぱり悲惨な戦いの場であったと思います。

城マニアの方が墓地から城跡の探索に行ったと書いてあるのを見ました。

忍者回廊3 (171)

この一角が藤堂采女家の墓所です。

「藤堂」と付くので、てっきり藤堂高虎の家系だと思っていましたら、
服部半蔵と同族の生まれだそうです。
藤堂姓を名乗ることを許されたのは、伊賀の名家である服部家出身なので
伊賀地侍達の懐柔の目的もあったと考えられるそうです。

忍者回廊3 (172)

藤堂采女元則は服部半蔵と同じ予野郷の生まれです。
予野郷にはこの後に行きますよ^^b

紀州土豪保田氏の保護を受け、藤堂高虎が今治に居た時代より高虎に仕え、
慶安4年(1640)に上野の城代家老を世襲する藤堂采女家を興し七千石を与えられる。

この人は天正伊賀の乱の後で生まれた人でした。
でも、大坂の陣で戦っております。

忍者回廊3 (173)

ちょっと私は間違っていまして、「服部半蔵」は一人の人だと思っていましたら、
歌舞伎みたいにその名を襲名していくそうです。
予野の城で織田軍と戦った(とされる)のは服部半蔵保長で、
同時に徳川家康の家臣となったのは息子の服部半蔵正成。
一般的に服部半蔵と言うと「正成」を指すのだそうです。

息子も孫も「服部半蔵」だったんですよ、何か変だよなとずっと思っていました。
みんな別人だったんですね~やっと納得できたわ。
「服部半蔵」までを名字と思わないといけないのかーー;

忍者回廊3 (168)

水鉢。藤堂采女家の寄進。

忍者回廊3 (170)

西蓮寺に関して、情報が少なかったので、見落とした物がたくさんあります。
室町時代の三基の五輪塔とか一石一字経塔とか。

忍者回廊3 (176)

この人は松尾芭蕉の弟子だそうです。
名字が服部ですが、服部家へ養子に行った人だそうです。
この人のお墓も西蓮寺のどこかにあったらしいです。

 西蓮寺 伊賀市長田1931

忍者回廊3 (190)

西蓮寺からの景色。
常住寺からずっと同じ景色ですけどね~

伊賀米はお米で最高ランクの特Aですが、昔は土地が痩せていて、
人々はとても貧しかったそうです。
そんな中で諜報や暗殺などを請け負う忍者が生まれてきたんですね。
生きる術ってことかなぁ。

次は白樫郷の岡八幡宮です。
こちらも伊賀忍者回廊の札所です。

<< 忍者回廊3-九 百田山不動寺      忍者回廊3-十一 岡八幡宮 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊賀 忍者 回廊 朱印 西蓮寺 真盛上人 藤堂采女 服部半蔵 服部 伊賀の乱

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示