FC2ブログ

伊賀忍者回廊 巻之2-参

神幢寺と式内阿波神社  2018-3-24参拝  2018-4-17

伊賀忍者回廊の二回目の朱印巡り、その参です。
今回は札所だけでなく、延喜式内神社や気になるお寺も巡ってきました。

本日のコース
葦神社(式内)→阿波本願寺→神幢寺→阿波神社(式内)
永保寺(札所)→青雲寺(札所)→百地砦→比自岐神社(式内)→
滝仙寺(札所)→宝厳寺(札所)→高瀬神社(式内)・蓮花寺→赤岩尾神社

神幢寺(じんどうじ)は伊賀忍者回廊の札所ではないのですが、
地図に忍者ゆかりのお寺として載っていましたので、参拝に行きました。

阿波神社(あわじんじゃ)は伊賀国 山田郡三座のひとつ。
葦神社と同じですね。
創建は不明で由緒に神功皇后の名や日本武尊の子供の名があるので、とにかく古いです。


上阿波地区から下阿波地区へ来ました。
まずは伊賀忍者回廊の地図に載っていた神幢寺です。

国道163号沿いに小さな看板があり、こちらも機会があったら
行ってみようと思っていたお寺ですが、機会が巡ってきましたね^^

伊賀回廊2 (36)

国道から入った所です。
道幅は狭く、小さな看板は本当に小さいですので見落とさないように。

伊賀回廊2 (35)

参道の坂道を登ってくると獣除けのゲートがあります。
鍵は掛かってないので自分で開けて入ります。
帰りは閉め忘れないように^^b

伊賀回廊2 (27)

本堂は新しいですけど、無人でした。
もちろん、御朱印はなし><

このお寺がなんで伊賀忍者回廊の地図に載っていたかというと、
伊賀忍者の曽我一族の菩提寺だからです。

伊賀回廊2 (28)

下阿波には代々藤堂藩に伊賀者として仕えていた阿波庄右衛門、植田覚左衛門、
曽我五郎兵衛の3人の名が、古文書に残っています。

曽我五郎兵衛は、慶長19年(1614)にも記され、
大坂夏の陣の戦闘要員であったと思われます。

曽我家はその後、200石取として、藤堂藩軍師に出世しました。

伊賀回廊2 (32)

神幢寺は天正伊賀乱にて焼失したが、その後、修験者林昌院が再興。
侍墓ともいわれます。

伊賀回廊2 (30)

菩提寺なんだから曽我一族のお墓があるだろうと境内を見て回ったけど、
本堂の隣の墓地は新しいお墓ばかりで、古い墓石はここにあるくらいでした。

字も薄くなって読めないし、よく分かりませんでした。

伊賀回廊2 (31)

忍者オフィシャルサイトによると。。。
「烏八臼(うはっきゅう)と俗称される字を頭に入れた珍しい石碑がある。
これは救縛の故事になぞらえた成仏保障の呪文。」

「烏八臼」って初耳です。

伊賀回廊2 (29)

本堂裏の紅梅。

この下阿波には歴史に名を残す三人の忍者がいたんですね。
 忍者オフィシャルサイト >>

 神幢寺 伊賀市下阿波3034

伊賀回廊2 (33)

本堂までの参道。細くて急な坂道です。

伊賀回廊2 (34)

向かいの山の麓に次ぎに行く阿波神社があります。

伊賀回廊2 (38)

参道に紅梅が植えられています。
まだ植えたばかり見たいで、小さい木ですが数年後は期待できるかも。

阿波神社も秋祭りの幟とかは見たことがあったんですが、
道から見えず、どこにあるのか分からない神社でした。

伊賀回廊2 (37)

境内の横に公民館があります。
神輿の絵があるので、祭りの神輿に力を入れてるのかな?

伊賀回廊2 (39)

地区の人が大事に管理している神社って感じですね。
とてもキレイにされています。

伊賀回廊2 (40)

伊賀の国 山田郡三座の一つ。
この神社は他に論社もなく、遷座の記録もないそうなので、
2000年近く、この場所に鎮座するようです。

なんか、すごーーーい!

伊賀回廊2 (41)

神社の脇に小川が流れています。
御手洗場のようで、川に下りれるようになってます。

めっちゃ水が綺麗です。

伊賀回廊2 (42)

祭神は稚日女神、猿田毘古命、火産靈命。

大きな本殿!と思ったら覆屋でした。

でも覆いがあるくらいなんだから、本殿は立派なんだ?と思い、
頑張って撮った写真が下の三枚^^;

桧皮葺きということは分かりました…

伊賀回廊2 (45)

本殿、真っ赤です。

この神社の由緒については日本書紀の神功皇后の条に、、、

神功皇后が、死んだ夫の仲哀天皇の斎宮を小山田邑に造り、
さらに、その神々の名を神託によって聞き出した時、
「尾田の吾田節の淡郡(あわのこおり)にいる神である」と答えられた。

この「小山田邑」が当地であり、淡郡の神が当社祭神です。

仲哀天皇、死んだのは九州らしいけど。
その前に実在はかなり怪しいらしいけど。

伊賀回廊2 (46)

もうちょっと柵を低くしてくれたら;;

別の説では、、、

徳島の阿波国で、阿波国造を務めた息長田別命(日本武尊の息子)の子孫が
伊賀に移住し、阿波君の祖人・息長田別命を祀った。

なんで遥か四国から移住したかねぇ?こんな山奥に。

伊賀回廊2 (47)

葦神社の所でここの地名の「阿波」は神様の名前から来たと思うと書いたけど、
「阿波の国」との関連が出てまいりました。

阿波国と伊賀国は遠いと思っているのは現代人だけかもね。

伊賀回廊2 (43)

のんびりした農村の景色をみて、遥か神話の時代の景色を想像してみます。
恐らく、私が想像したのとはまるで違うんでしょうね^^;

 阿波神社 伊賀市下阿波879

次は百地砦のある喰代地区へ行きます。

<< 忍者回廊2-弐 葦神社と阿波本願寺  忍者回廊2-肆 永保寺・青雲寺・百地砦跡 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ




スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伊賀 下阿波 神幢寺 阿波神社 忍者 回廊 曽我 式内社 阿波君 息長田別命

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示