FC2ブログ

初瀬の里の浅春 6

大和国 長谷寺 本坊御開帳篇 2018-3-10参拝  2018-3-26

本日のコース
長谷寺(登廊・本堂・諸堂・本長谷寺・本坊御開帳)→能満院→與喜天満神社→法起院→長谷山口坐神社→白髭神社

真言宗豊山(ぶざん)派総本山 長谷寺(はせでら)。

6年ぶりの御開帳となる大観音大画軸を拝観します。
高さ1646.6cm、横幅622.6cm、重量125.5kgで日本最大の「掛軸」です。
ご本尊の十一面観音像のほぼ原寸大で、観音像再建の設計図と言われています。


掛軸の御開帳を知って訪問したわけではなく、受付の方に、
「6年ぶりの御開帳ですよ、どうですか?」と言われ、
「6年ぶり」という言葉に惹かれ、拝観決意(大袈裟^^)
入山料とは別途、拝観料500円です。

掛軸は本坊で拝観できます。

初瀬の里 (125)

本坊の門。
掛軸の垂れ幕?があるので、すぐ分かりますね。
御開帳は5月31日までですよ^^b

初瀬の里 (126)

この複製でも十分大きいんですが、1/4の大きさです。
あんまりイメージできませんね。
長谷寺のHPで四階建てのビルに相当する長さだそうです。

室町時代の明応4年(1495年)に罹災した本尊の復興の、興福寺の絵師・法眼清賢が
高野紙430枚を繋いで設計図として描かれました。
江戸時代に入り、寛文5年(1665年)に大坂堺の信徒より信施を受けて
日本最大の大画軸を仕立て上げました。

初瀬の里 (136)

本坊。
中には大講堂や書院があります。

前に参拝した時も本坊まで来ましたが、中には入れず外観だけ見て帰りました。
今回、中に入れるので嬉しいです~

初瀬の里 (130)

頑張ったら読めるかな~

本坊は明治に焼失し、現在の建物は大正13年(1924年)の再建されました。
総檜造りで、重要文化財になっています。

初瀬の里 (133)

長谷寺は東大寺や興福寺の末寺になったりしながら、16世紀に覚鑁(興教大師)と頼瑜により
新義真言宗の流れをくむ寺院となります。

そして、天正16年(1588年)、豊臣秀吉により根来寺を追われた新義真言宗門徒が入山し、
同派の僧正専誉により現在の真言宗豊山派が大成されました。
子弟教育・僧侶の育成に力を入れ学問寺となり、現在もたくさんの修行僧がいます。

初瀬の里 (129)

本坊の中は撮影禁止でしたので写真はありません。

掛軸だけでなく、たくさんの仏像も祀られており、壮言な雰囲気漂う空間でした。

初瀬の里 (131)

唯一、ここからだけ掛け軸の写真を撮ることが出来ました。
撮影に数人が並んでいたので、ぱっと撮って帰ってきましたが、
いろいろ小道具が置いてあって、そんなものを使いながら写真を撮ってもいいようです。

ここの上から掛け軸全体を眺めてお参りも出来ました。
昔の人はこの掛軸、どこにどうやって掛けたんでしょうね?

長谷寺掛け軸朱印

掛軸の特別御朱印が頂けました~

初瀬の里 (127)

本坊からは本堂が良く見えます。

初瀬の里 (134)

本堂の左にある一本の木がちょっと邪魔ですが、
この木が天狗杉です。

初瀬の里 (128)

天皇陛下や皇后さま、皇族方のお手植えの松です。

初瀬の里 (138)

柵に囲まれた何かと立札発見。

初瀬の里 (139)

井戸でした~閼伽井です。

初瀬の里 (140)

現在も使われているようですね。

初瀬の里 (137)

こうして本坊を後にしました。

初瀬の里 (141)

境内の東の森へ来ました。

まずは二本の杉。
源氏物語の玉鬘(たまかずら)の巻に長谷寺が登場します。

「二本の 杉の立ちどを 尋ねずは ふる川のべに君を見ましや」

初瀬の里 (142)

源氏物語はコミックで読んだだけなんですけど、
時代が時代だけに、登場する女性たちの人生がやるせなくって
あまり読む気になれないです。

初瀬の里 (143)

源氏物語に登場しなかったら、この杉はきっと夫婦杉って呼ばれたに違いない。

初瀬の里 (144)

二本の杉よりもう少し奥へ行くと「藤原俊成碑・定家塚」があります。
藤原俊成は歌人でその息子が定家、百人一首を選定した人です。

初瀬の里 (145)

「年も経ぬ いのるちぎりは初瀬山 尾上の鐘の よその夕暮れ」 藤原定家
いろんな歌人が初瀬で歌を詠んでいるけど、なんで藤原親子は碑を建ててもらったのか?
ちょっと不思議に思いました。


初瀬の里 (146)

普門院不動堂。
総受付から仁王門へ行くまでの所にあります。

初瀬の里 (148)

さっぱり読めません;;

普門院は長谷寺の塔頭ではありますが、別経営のようです。
ネットにも由緒が載っていなくて、不明のままです。

初瀬の里 (147)

重要文化財の平安前期の不動明王像が祀られています。

ネットで御朱印をもらった人がいたので、もらえるのかもしれません。
私が行った時は、どなたもおられませんでした。

初瀬の里 (24)

これで長谷寺はほぼ全部回ってきました。
奥の院を除いてね。

他にも何か、見逃してきたような気はするけど、長谷寺は好きなお寺の一つなので、
違う時期にまた来たいと思います。

 大和国 長谷寺 HP >>

次は長谷寺の塔頭の能満院・日限地蔵の記事を書きます。

<< 初瀬5 長谷寺 本長谷寺篇     初瀬7 能満院 日限地蔵 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 初瀬 長谷寺 朱印 大観音大画軸 玉鬘 源氏物語 藤原定家

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示