酒造りの神の松尾神社

創建不明の式内社の松尾神社  2018-3-4参拝  2018-3-12

松尾神社。

江戸時代は松尾大明神、ちょっと前は立野神社、
現在は松尾神社となりましたが、地元では立野の明神さんと呼ぶそうです。

本殿へは400段の階段と50基の鳥居が待ち受けています。
なんでも、近所の中学校の野球部の一番初めのトレーニングは
この神社の石段を上ることだそうです。



松尾神社は松阪市立野町にあります。
近くに県立の運動公園があって週末はけっこうな賑わいです。

しかし、松阪市の中心からは外れるので、公園の周り以外はのんびりした田舎です。

初午松阪 (38)

こんな景色です。
この道も少し前に整備されて造られました。
公園が出来て、さらに工業団地や材木団地が出来たからです。

この景色からして、それまでは畦道が舗装された感じだったと思います。

初午松阪 (32)

道沿いに駐車場もありますが、新しい道ができる前はもっと長い参道でした。
道に参道が寸断されてしまったんです。

初午松阪 (37)

こんなになってしまいました。
細い長い参道は味があって良かったんですけどね。
(公園に来た時に、松尾神社の参道だけ見たことがあったのだ^^)

前の参道も残っていたので、行ってみました。

初午松阪 (34)

ここが参道の始まり。
立野町の昔ながらの集落から始まっています。

向いは公民館です。

初午松阪 (36)

立派な石の台座に鎮座する狛犬。
階段付きです。

初午松阪 (33)

参道がまっすぐ伸びた立野山(水汲山)の頂上に本殿が鎮座します。

初午松阪 (40)

手水舎。
おや、ただの水ではないようです。

初午松阪 (41)

亀の井 長寿の水。
霊験あらたかな水ですね。
井戸から湧き出ている水でした。

造り酒屋の信仰があるんですね。
あと、長寿と母乳にいいって書いてあります。

本殿が鎮座する立野山は水汲山って言う位だから、
じゃぶじゃぶ水が湧いていたのでしょうね、きっと。

初午松阪 (42)

隣の小屋は何だと思ったら、井戸水を汲み上げるポンプだったんですね。
石組に「松坂酒屋」って書いてありました。
これが造られたのは寛政5年は1793年です。

初午松阪 (43)

しだれ梅が咲き始めています。

今日は社務所には誰もいません。
期待してなかったけど、やっぱり御朱印はもらえず。

初午松阪 (63)

社務所の由緒ってなんだろうと思ったら、なかなかの由緒を持った建物でした。
読めないですねーー;

「元は旧柿野町深野にあった大庄屋野呂家の別邸であり、建築以来常に注連縄を張り、人の入るのを禁じていた。
ただ、徳川家の和歌山城主紀川公が二回だけ入られた。

この地に移築されたのは大正5年。
平成2年の屋根の補修の際、鬼瓦に天保11年6月(1840年)瓦師松阪中西又兵衛の文字があり、建築依頼150年がたっている。」

とこんなことが書いてありました。

初午松阪 (45)

階段の始まりです。

社務所の横に杖がいっぱい置いてある~

初午松阪 (62)

遥拝所が設けてあります。
おじさんが車でやってきて、ここで拝んで帰っていきました。
定期的に人が参拝に来るんですね。

初午松阪 (46)

鳥居の続く緑の中の参道は森林浴も出来て気持ちいいです。
赤い鳥居だったら、もっと見栄えがするかもね。

初午松阪 (47)

ちょっと読めないですが、奥に立つ石碑には「殺生禁断」と書かれています。
この石碑は享保九年(1722年)に六世徳川宗貞が松阪に来た時に建てたそうです。

何気に凄いじゃんと思った次第です。

初午松阪 (48)

階段はまだまだ続きます。

鳥居の年月日を見ると、とても新しいです。
毎年毎年、たくさんの奉納があることが分かります。

初午松阪 (49)

わりと新しい「中間点」の看板。
部活の学生たちはこの看板を見て、ああ~~~と思ったことでしょう^^;

初午松阪 (60)

ひえ~思ったよりキツイ登りです。

初午松阪 (59)

見晴らしがいいと書いてあったんだけど、木が伸びて隙間からしか見えません。
運動公園とプラネタリウムの銀色が光ってます。
何かイベントがあるみたいで、テントと人がたくさん見えます。

初午松阪 (50)

もうちょっと!

初午松阪 (51)

着きました~10分くらいの登りなんだけど、運動不足の体にはこたえます。

初午松阪 (52)

主祭神は大山咋命。
山の神、酒造りの神として崇拝されています。
他はあちこちから合祀されて二十九柱の神々が祀られています。

初午松阪 (58)

延喜式神名帳には飯高郡九座の首神として記載されている創建不明の古社です。
はるか昔、立野の一帯に住んだ物部氏の一族が、その氏祖を立野村の産神として祀ったと思われます。

初午松阪 (54)

1日と15日は参拝の日と書いてあります。
その時に来たら、もしかして御朱印ももらえるかも?

初午松阪 (56)

佐留女の木。
由緒を読んでみたら、夫である猿田彦命は合祀された一柱として
名前があるのに、妻の佐留女君は名前がないから、
ご神木に名前を付けたと書いてあります。

初午松阪 (57)

百年くらい経ったらこの木ももっと大木になって、仰々しい由緒が語られるのかもしれませんね。

初午松阪 (61)

さあて、帰りましょうか。
気持ちのいいハイキングでした^^

 松尾神社 松阪市立野町786番地

この後は、もう一つ、時間があったら行こうと思っていた牛庭神社へ行きます。
この神社は元伊勢の伝承があります。

<< みろく院善福寺         牛庭神社(松阪) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 松阪 松尾神社 式内社 延喜式 亀の井 長寿の水 野呂家

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示