FC2ブログ

真言密教の根本道場 東寺 前篇

弘法大師の立体曼陀羅の東寺 前篇 2017-12-9参拝 2018-1-10

昨年の参拝記事です^^; 旅の友はOさん。
教王護国寺(東寺)と塔頭の観智院、龍谷山本願寺(西本願寺)、
この二つのお寺だけを1日かけて参拝しました。

「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」または「弥勒八幡山総持普賢院」と2つの
なんか凄い名前があるそうですが、HPを見たら、
「真言宗総本山 教王護国寺 東寺」と書かれていました。

真言宗全体の総本山で、真言密教の根本道場。
弘法大師空海が心血注いで創り上げた寺院ですね。

すっごく楽しみにして来ました!


今日は電車で京都へ来ました。
12月(いつも?)の京都駅は地元民、観光客入り混じって人でごった返してます。

私たちは近鉄電車で東寺へ一駅。
歩いても大した距離ではないですが、体力温存の為^^;

東寺・本願寺 (1)

東寺駅から200mくらいで東寺が見えてきます。
国宝の五重塔。今日は御開帳なんですよ~ヾ(・∀・)ノ

東寺・本願寺 (2)

南大門。重要文化財。
この門は明治(1895年)、三十三間堂の西門を移築したものだそうです。

元々の門は明治元年に焼失してしまいました。

東寺・本願寺 (3)

正面に見えるのは金堂。
おお~~~東寺に来たぞ~~

ちょっと看板が邪魔~~~ーー;

東寺・本願寺 (4)

東寺に行ってから1カ月もたってしまって、記憶が薄れつつあります。
南大門には仁王像がなかったように思います。

東寺・本願寺 (6)

有料拝観は金堂・講堂で、そちらのエリアは柵で囲ってあるのですが、
基本的に境内は自由に歩けます。
仏さまに失礼のないように、文化財は大切に、、、って事ですね。

東寺は桓武天皇の平安京遷都後、すぐに建立されました。
その時は東寺と西寺しか寺院の建立は許されなかったそうです。

西寺なき今、京都最古のお寺は東寺なんです。

東寺・本願寺 (7)

金堂。

拝観の入口は反対の北側でした。
逸る心を抑えつつ、南大門を入って横にある鎮守の神社から参拝です。

東寺・本願寺 (8)

入って右側にあるのが八島社。
由緒は以下の通り。

東寺・本願寺 (9)

京都の土地神様ですね。
昔からいる神様を押しのけたりしないのが良い所です。
ぞんざいに扱うと祟られるんです!

東寺・本願寺 (10)

千年以上もここを守っている神様にご挨拶。

東寺・本願寺 (14)

南大門の左側の八幡神社。
正面からちゃんと撮った写真がありませんでしたーー;
由緒は以下の通り。

東寺・本願寺 (15)

本殿に安置されている木造僧形八幡神坐像1躯、女神坐像2躯、附・武内宿禰坐像 は、
平安初期の作で、わが国最古の神像の1つで国宝です。

東寺・本願寺 (18)

灌頂院の門。灌頂院は重要文化財ですが拝観はできませんでした。

東寺・本願寺 (19)

小子房(しょうしぼう)は、天皇をお迎えする特別なところです。
由緒は以下の通り。

東寺・本願寺 (20)

昭和に入って再建されました。

東寺・本願寺 (21)

透かし彫りがきれいですね。
ちょっと洋風なデザインもあるように思います。

東寺・本願寺 (23)

国宝・御影堂は修理中です。
毘沙門堂もあるので、あとで行ってみます。

東寺・本願寺 (24)

こちらは寺務所。

東寺・本願寺 (25)

食堂(じきどう)。

南大門、金堂、講堂と続いて一番北に食堂が建ちます。
初代の食堂は空海没後の9世紀末から10世紀初め頃にかけて完成したと推定されますが、
文禄5年(1596年)の地震で倒壊。
江戸時代に再建されますが昭和5年に焼失。

現在のお堂は昭和9年の再建です。

東寺・本願寺 (28)

食堂内では写経、納経所、お札、お守りのお土産の販売所、それからギャラリーがあり、
名前を忘れたけど見たことのある画家の絵が並んでいました。
新しい十一面観音がご本尊でしたが、古い仏像もありました。

東寺・本願寺 (27)

御朱印は長蛇の列で、だいぶ並びました^^;
Oさんにはずいぶん待ってもらいました。

東寺 朱印帳

買ってしまった御朱印帳。
写真では分かりませんが、赤地に金色の紅葉が豪華で綺麗なんです。

他にも何種類かの御朱印帳がありました。

東寺朱印2

御朱印 弘法大師。

東寺朱印1

御朱印 大日如来。

納経所には、弘法大師、大日如来、薬師如来と三つの御朱印が見本として
掲げられていましたが、人が多かったので二つまでしかもらえませんでした。

東寺では9つの御朱印があるそうです。

東寺・本願寺 (29)

やっと食堂から出てきました。
両端にお堂の一部が写るという変な写真になってます。
なんでこんな構図で撮ったのか、自分でも不明ですが^^;
このお堂は夜叉神堂です。

由緒は以下の通り。

東寺・本願寺 (30)

由緒は撮ったのに、お堂のまともな写真は撮ってなかったです;;

では、金堂、講堂、五重塔を拝観してきます^^
しかし、長くなってしまったので後篇へ続く。

 東寺 HP >>

<< 謹賀新年               東寺 後篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 東寺 教王護国寺 弘法大師 真言宗 根本道場 朱印 朱印帳 平安京

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示