FC2ブログ

ひもろぎの山辺 1

山辺の道 巡礼の旅 前編 2017-11-25訪問  2017-12-8

3週連続の奈良です。
山辺の道も何度も計画しながら実現できなかった巡礼地です。

本日のコース
天理市トレイルセンター→長岳寺→崇神天皇陵→景行天皇陵→各伝承地→
相撲神社→穴師坐兵主神社
→檜原神社(元伊勢)→玄賓庵→大和神社→
夜都伎神社→石上神宮→弘仁寺→安倍文殊院

サイクリングは天理市トレイルセンターから玄賓庵までです。
ここで力尽きたので後は車で回りました。

山辺の道のメインとも言うべき三輪神社は時間の都合で次回に。
近いうちに行けたらいいな。。。

いつもは朝、5時とか6時に家を出るのですが、今回は娘を送るという
ミッションがあったので、出発が7時半です。
なので天理市トレイルセンターに着いたのが10時。

山辺の道 (47)

天理市トレイルセンター。
駐車場は二つに分かれていて、私たちが停めたのは手前の駐車場。
6台くらいしか停められず、ちょうど1台分空いていました。ラッキー☆
ネットには全部で18台と書いてありました。

山辺の道 (48)

トレイルセンターからの景色。

なんか警備員がいるな~と思ったら、トレイルセンターの奥が長岳寺で、
紅葉を見に来るのかな?車がどんどんやって来て、駐車場が満車で入れません。

で、駐車場待ちの車が道に並んでいるんです。
こうやって写真を見ると駐車場がたくさんあるように見えますが、
レストランの駐車場だったり、お墓の駐車場だったりで、
観光客は停められません。

私たちはホントにラッキーだったんだと様子を見ながら思いました。

山辺の道 (58)

まずは長岳寺。
観光バスもたくさん来ていて、びっくりです。
もっと静かなお寺だと思ってました。

山辺の道 (60)

紅葉と地獄絵の御開帳で人がいっぱいでした。
人が来るだけあって、良いお寺でした。

 長岳寺の記事はこちら >> 執筆中

山辺の道 (49)

山辺の道と言えば古墳なので、古墳も巡っていきます。
トレイルセンターからも見える崇神天皇陵。

山辺の道 (92)

古墳って近くで見ると、山と池なんだよね~

山辺の道はサイクリングよりハイキングの方が良いようです。
道は細くて人とすれ違うのも自転車から下りないと危険です。
ガタガタの石畳になっている道もあって、とてもじゃないけど走れませんでした。
そしてときどき階段があります。

実際、サイクリングしているのは私たちのみでした^^;

山辺の道 (93)

行燈山古墳。
第10代崇神天皇の墓として宮内庁が管理しています。
4世紀前半頃(古墳時代前期)の築造と推定され、埴輪、土器、須恵器などが出土しています。

山辺の道 (94)

法隆寺サイクリングに続いて本当にいいお天気。
とっても気持ちいいです。

山辺の道 (96)

ちょっと走るとすぐに見えてくるこんもりした山。
この辺は本当に古墳が多いです。

山辺の道 (95)

渋谷向山古墳。
第12代景行天皇のお墓とされています。
古墳時代前期後半の4世紀後半頃の築造とされ、埴輪などが出土しています。

山辺の道 (98)

宮内庁管理の古墳は私の知る限り、ちゃんと鳥居が建てられ、看板があります。
そして掃除は完璧。

山辺の道 (97)

こちらは多分、景行天皇陵の陪塚(大きな古墳に付随する小さな古墳)
とにかく古墳だらけです。

近くに天理市の古墳展示館があって、出土した埴輪などが展示されていて
行きたかったんだけど、時間の都合で諦めました;;

山辺の道 (99)

垂仁天皇纒向珠城宮跡。(すいにんてんのう まきむく たまのきみや あと)
垂仁天皇は第11代の天皇です。崇神天皇と景行天皇の間ですね。
垂仁天皇の墓はなぜか西の京の方にあります。

纒向(まきむく)って聞いたことありますよね?
そう、邪馬台国の有力候補地の纏向遺跡が近くにあります。
この遺跡は3世紀から4世紀にかけての遺跡だそうで、大和王朝とどんな風に
関わるのでしょうね?古代ロマンですね~~~

ちなみに近くには卑弥呼の墓ではないかと言われる箸墓古墳(はしはかこふん)もあります。

山辺の道 (100)

纒向珠城宮は、第11代垂仁天皇の営んだ宮とされています。
日本書紀によりますと、垂仁天皇の時、野見宿禰(ノミノスクネ)と当麻蹴速(タイマノケハヤ)が天皇の前で初めて相撲を取ったとされています。

山辺の道 (102)

珠城山古墳群。石室に入れる古墳があるそうです。
が、この古墳群は6世紀ごろのもので、ずいぶん時代が後です。

山辺の道 (106)

この道はR169から穴師坐兵主神社まで1.3km、延々と登坂です。
途中に相撲神社と宮跡があり、休み休み行きますが、体力を使い果たしました。

山辺の道 (104)

景行天皇纒向日代宮跡碑(けいこうてんのう まきむく ひしろのみや あと)

なんでこんな山の中腹に宮?と思うけど、奈良盆地って昔は湿地帯だったそうです。
なので、昔の遺跡はだいたい山の麓が多いんだそうです。

山辺の道 (103)

景行天皇は日本武尊の父です。

ここに書かれている「神代文字」って知ってます?
私は最近、ネットで日本固有の古代文字が存在することを知りました。

古代日本は文字がないと思っていたので、古事記や日本書紀の神話は
どうやって伝わってきたんだ?と不思議に思っていました。
神代文字も秀真伝も偽物との主張もあり、真偽のほどはわかりませんが、
有ってもおかしくないかもと(希望も込めて)思います。

山辺の道 (108)

日本武尊は父の景行天皇にあちこちの征伐を命じられ、
最後に伊吹山で病に倒れ亡くなります。

私は「勇ましい英雄」と言うより、「父に過酷な命令ばかりを押し付けられた
可哀そうな人」と言うイメージなんです。

「大和は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 大和し美し」
彼が望郷の念を詠んだ歌だそうです。

山辺の道 (109)

ちょっと見にくいですが、こんな感じで宮殿と集落があったんじゃないかと言う
想像図ですね~
纏向遺跡は邪馬台国かもと言われてますが、初期の大和王権ではとも考えられています。

どちらにしても纏向に大きな建物群があったのは間違いないです。

山辺の道 (110)

ここに宮殿が建っていたかもね?

山辺の道 (111)

奈良盆地が見渡せる丘陵地帯です。
がんばって上ってきました。
でも、やっぱり自転車は私たちだけです。

道沿いには民家の前で農産物を売っていたり、無人販売所があったり、
ハイキングの人は買ったミカンや柿を持って歩いている人もたくさんいます。
しかし、私は自転車。
振動で果物が潰れるのは嫌だから、帰りに買おうと思ったら、
帰りの道は国道で、何も売っていませんでした><

山辺の道 (107)

ここからもまだ上りです(´Д`*)
目指す穴師坐兵主神社はあの山の麓。。。

山辺の道 (112)

相撲神社に到着です。
垂仁天皇の時、初めて相撲を取った野見宿禰も祀られています。

山辺の道 (113)

相撲神社への参拝は後にして穴師坐兵主神社へ向かいます。

山辺の道 (125)

穴師坐兵主神社。
垂仁天皇や景行天皇まの時代まで遡るものすごーーーく古い神社です。

 穴師坐兵主神社と相撲神社の記事はこちら >> 執筆中

山辺の道 (169)

長くなってしまったので、前後編に分けます。

この後はサイクリングで檜原神社と玄賓庵へ行きます。
足はガクガクでしたが、とっても気持ち良かったです.゚+.(・∀・)゚+.

<< 錦の里 正暦寺         ひもろぎの山辺2 巡礼の旅 後編 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 山辺の道 奈良 長岳寺 古墳 崇神天皇 垂仁天皇 景行天皇 纏向 邪馬台国

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示