まほろばの斑鳩 10

法隆寺の守護神 龍田神社  2017-11-10 参拝  2017-12-4

念願の斑鳩をサイクリングです。

本日のコース
法隆寺・夢殿→中宮寺→法隆寺→斑鳩神社→中宮寺宮墓→法輪寺→
法起寺→中宮寺跡→斑鳩大塚古墳→伊弉冊命神社→龍田川→龍田神社

龍田神社。

聖徳太子が法隆寺の建立場所を探していた時、龍田大明神が現れ、
斑鳩が良い土地であると教えたので、法隆寺の守護神として祀られました。

斑鳩の町を通って、龍田川沿いをサイクリング。
龍田川は残念ながら在原業平が見たような「からくれなゐ」ではありませんでした。
紅葉にはちょっと時期が早かったかな。

斑鳩の里 (143)

龍田神社の周辺は、その業平が恋しい女のもとに通ったと言う業平道があったり、
古い町並みがあったりと、やっぱり歴史の溢れる所です。

自転車に乗っていると写真が撮れないのが難点です。
相方はどんどん行っちゃうし、置いて行かれちゃう;;

斑鳩の里 (145)

龍田神社。

実は私、龍田大社と勘違いしておりまして、あれ?ネットで見たのと違う?
と思いながらの参拝となりました。

龍田大社は龍田川が合流する大和川を少し下った所にありました。
近いと言えば近いんですけど。

斑鳩の里 (147)

立派な拝殿はコンクリートです。

龍田神社は聖徳太子が法隆寺の建設地を探しいた時に、
龍田大明神の化身の老人に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。
私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、
鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建しました。

斑鳩の里 (151)

当時は龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀る神社で、
延喜式神名帳は「龍田比古龍田比女神社」と記されていました。

しかし、後に龍田大社より天御柱命・國御柱命の二神を勧請したため、
龍田比古神・龍田比女神は配神となりました。

明治まで法隆寺が別当寺で、かつては経蔵、三重塔等が存在したそうです。

斑鳩の里 (148)

境内の大楠。楠大明神として神格化されてます。

明治の神仏分離で龍田大社の摂社になりますが大正11年に独立します。

斑鳩の里 (146)

手水舎には鶏。神の使いです。

境内に金剛流発祥之地碑(ごんごうりゅうはっしょうのちひ)がありました。
写真撮ったんだけど、ボケボケで…

金剛流とは、能楽のシテ方の流派の一つであり、法隆寺に仕えた猿楽座である坂戸座を
源流とする流派なんだそうです。

斑鳩の里 (150)

境内社です。

斑鳩の里 (149)

末社の恵比須・弁財天・白龍大神・廣田・祇園・粟島の神。

龍田神社

御朱印。
紅葉のハンコだ~と思ったら、これは神紋でした。
「竜田紅葉」と言うそうです。

この後、駐車場へ戻ってちょっとお土産を買って帰りました。

        まほろばの斑鳩 おわり

<< 斑鳩9 法起寺         錦の里 正暦寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 斑鳩 龍田川 龍田神社 聖徳太子 法隆寺 朱印 龍田大社

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示