まほろばの斑鳩 6

法隆寺 国宝の建物群  2017-11-10 参拝  2017-11-24

念願の斑鳩へやっと来られました。

本日のコース
法隆寺・夢殿→中宮寺→法隆寺→斑鳩神社→中宮寺宮墓→法輪寺→
法起寺→中宮寺跡→斑鳩大塚古墳→伊弉冊命神社→龍田川→龍田神社

法隆寺で有名なのは西院伽藍と夢殿ですよね。
大宝蔵院は宝物館で、その三つは、みんな行くと思います。

境内に何気なくひっそりと建っているお堂も国宝がたくさんあります。
拝観券を買った時にもらえる由緒書きの裏の境内図に国宝と重要文化財が
ちゃんと色分けして書かれているので、みなさん、見ないと勿体ないですよ!


東院伽藍(夢殿)の次に西院伽藍と拝観して、観光客は大宝蔵院へみんな流れていきます。
が、しがし、西院伽藍のさらに西に国宝の西円堂があるんです。
西円堂では御朱印も頂けます。
これは行かなくちゃね!と、言う事で観光客とは逆方向へ。

斑鳩の里 (56)

弁天池。
正面は木が茂っていて祠が見えなかったので横からの写真です。

弁天池の横には西茶所もあります。
普通の売店ですが、休憩もできます。

斑鳩の里 (55)

弁天池の向かいにあるのが国宝の三経院・西室。
西室の一部を鎌倉時代に改造して建立。
扉も閉まっているし、こうやって外から見るしかないんですけどね、素敵なお堂です。

斑鳩の里 (57)

三経院から少し登った所に西円堂があります。
木々が生い茂っていて、八角形の形が見えません。
ちょっと残念かな~

斑鳩の里 (59)

国宝の西円堂。横から写真ですけど。
現在の建物は鎌倉時代の建長2年(1250)の再建。

養老2年(718)に橘夫人(県犬養橘三千代)の発願により、行基菩薩が創建しました。
現在も礎石や須弥壇に天平期の名残があるそうです。

斑鳩の里 (58)

正面から撮るとこんな写真になりましたーー; 

西円堂のご本尊は薬師如来で国宝です。
2mもある大きな像で最古級と言われる乾漆造り。
民衆の信仰が厚く、明治には奉納された刀剣、鏡など1万点以上があったそうです。

現在でも鏡の奉納ができるんですって~

法隆寺・西円堂

御朱印。
西円堂の横に授与所があって、そちらで頂けます。
「峯薬師如来」と書いてあります。
法隆寺の中で一番高い所にあるので「峯の薬師さん」と呼ばれるそうです。
おじさんが説明してくれました^^

斑鳩の里 (60)

西円堂を下った所に小さな祠と小さな滝。
滝修行もあったのかも?

斑鳩の里 (62)

西院伽藍の所まで戻ってきました。
なんか、芸術的な手水です。
きっとこの壺みたいな宝物があるんだろうな。
宝物館で見たような、見てないような。。。。

斑鳩の里 (61)

すごい古そうな木。
いや、絶対古い。他所なら神木だと思う。

斑鳩の里 (63)

国宝、聖霊院・東室。
飛鳥時代に建立された東室の一部を鎌倉時代の1284年に改造して建てられました。
聖霊院は聖徳太子を祀るお堂で、国宝の聖徳太子像が安置されています。

お堂に上がってお参りさせてもらえました。
なんとも厳かな雰囲気の漂う堂内でした。

そして、こちらで法隆寺のほとんどの御朱印を頂けます。

法隆寺・西院

「以和為貴」の文字。「和を以て貴しと為す」と言う意味です。
御朱印をお願いするとこの文字を書いてくれます。

法隆寺・夢殿

夢殿の御朱印。

法隆寺の御朱印は他にもいろいろあります。
書いてくださる方は二人だったので、混雑することもあるかも。

斑鳩の里 (65)

左が東室(あずまむろ)国宝、右が妻室、重要文化財。
どちらも僧坊だったそうです。

斑鳩の里 (68)

網封蔵(こうふうぞう) 国宝。平安時代。
こんな写真しかないのは、国宝だと思わなかったんですーー;
他の人も素通りだったし。
真ん中に空間がある変わった形の蔵だと思って、歩きながら写真を撮りました。

今、思い返すとこの蔵、高床式で古い造りでしたわ。

斑鳩の里 (69)

網封蔵の横を通り抜けて奥へ行くと大宝蔵院(平成10年)です。
お寺にマッチするような外観ですが、中はもちろん近代的です。

収蔵物は国宝満載。

斑鳩の里 (70)

西宝蔵、東宝蔵があり、真ん中に観音堂。

入口から入ったら、ぐるぐる~と順路に沿ってすべて見れますけど、
やっぱり百済観音や玉虫厨子は忘れないようにしっかり見てきましょう。
とにかく宝物がいっぱいあるので、何を見たか忘れるんですよね。

斑鳩の里 (71)

私はこの後、春と秋に開催される法隆寺秘宝展も拝観してきました。
別途500円ですが、大宝蔵院よりも収蔵物が多いように思いました。

あれ?さっき大宝蔵院で見なかった?と思うような仏像がいくつも。
何らかの理由で国宝指定から外れたけど、同時期の物がたくさんあるんですね。

見学者は少なく、じっくり見ることが出来ました。
外国人も来てましたが、英語の説明が少ないのはダメだよね。
オーディオガイドもないし、せっかく来たのにつまらないと思う。

斑鳩の里 (72)

網封蔵と細殿。
そして法隆寺を後にして、斑鳩神社へ向かいました。

観光客がふっと途切れ、境内がシーンと静まった時、
お堂の影から奈良時代の装束の人が現れそうな気がします。
聖徳太子の時代から現代まで、時間の流れが入り混じっているようです。

法隆寺にはボランティアでガイドをしてくれる人がいるそうです。
ネットにそれが凄く良かったと書いている人がたくさんいました。
法隆寺iセンターでお願いできるそうなので、次回はぜひ、ガイドを頼みたいものです。

 法隆寺 HP >>
 法隆寺iセンター >>
あと、「法隆寺・御朱印」と言うサイトも情報が多く、役に立ちました^^

<< 斑鳩5 法隆寺・西院伽藍            斑鳩7 斑鳩神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 斑鳩 法隆寺 西院伽藍 大宝蔵院 国宝 西円堂 朱印 聖徳太子 百済観音

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示