FC2ブログ

まほろばの斑鳩 3

斑鳩宮後の法隆寺・夢殿  2017-11-10 参拝  2017-11-16

念願の斑鳩へ行ってきました。

本日のコース
法隆寺・夢殿→中宮寺→法隆寺→斑鳩神社→中宮寺宮墓→法輪寺→
法起寺→中宮寺跡→斑鳩大塚古墳→伊弉冊命神社→龍田川→龍田神社

法隆寺の夢殿はかつて聖徳太子が住んだ斑鳩宮の跡。
夢殿の秘仏、救世観音菩薩立像(ぐぜかんのんぼさつりゅうぞう)は
春と秋の御開帳でしかお目にかかれません。

このお方にお会いするのが、本日一番の私の使命です。


夢殿の御開帳はとても混雑すると聞いていたので、
今日は一番に夢殿へ行きます。

斑鳩の里 (40)

東院伽藍と西院伽藍を繋ぐ道。

夢殿は東院伽藍にあり、法隆寺の金堂などがある西院伽藍とは結構離れています。
行ったり来たりすると大変な距離です。

斑鳩の里 (5)

境内図。右端が東院伽藍です。

斑鳩の里 (9)

東院伽藍入口の四脚門。
門も重要文化財ですが、それに連なる築地塀も重要文化財です。
ここから中宮寺へも行けます。

斑鳩の里 (6)

聖徳太子が斑鳩宮に住み始めたのが推古天皇13年(605年)。
法隆寺が創建されたのは推古15年(607年)。
推古30年(622年)、聖徳太子が亡くなりますが、斑鳩宮には一族が住みます。
蘇我入鹿によって上宮王家(聖徳太子一族)が滅んだのが皇極天皇2年(643年)。
夢殿を中心とする東院伽藍は、天平10年(738年)ごろ、行信僧都が斑鳩宮跡に
聖徳太子を偲んで建立しました。

斑鳩の里 (12)

ここの手水は龍じゃなくて鳳凰です。

斑鳩の里 (10)

夢殿は回廊で囲まれています。
回廊の入口で拝観料300円を払います。

西院伽藍から来る人三院共通券1500円を買えますが、
東院伽藍ではこちらだけの拝観券しか買えません。
この券を西院伽藍で提示すると1200円で西院と大宝蔵院の券が買えます。

斑鳩の里 (18)

じゃーん!念願の夢殿!
夢殿は「ゆめどの」と読み、八角形で八角円堂で、国宝です。

多分、修学旅行や前回来た時にも見ていると思うのですが、
夢殿を見たという記憶が全くありません;;

興味がなかったんでしょうね~時が経てば人は変わるものですね。
自分の行動を見てつくづく思います。

斑鳩の里 (17)

思った通り、まだ、参拝客は3組くらいです。
ゆっくり拝観できます。

てっきり夢殿の中に入れるんだと思っていたんですが、扉の外からの拝観でした。
救世観音は奥の方で厨子に入っていて、その扉が開いているのですが、
お顔と体の一部までしか見えませんでしたが、それでも異彩を放っていました。

ネットで見たお姿は金色で美しく、体の横についたヒラヒラが
私には天使の羽のように見えました。
残念ながら、その羽は見えなかったんですけどね。

斑鳩の里 (19)

八角形なのでどこから撮っても同じに見えるんですが、右から左からと
たくさん写真を撮りました。

私の好きな聖徳太子の漫画の中で、彼が八角円堂を建てて瞑想するという
シーンがあって、てっきり聖徳太子がいた頃からあるお堂だと思い込んでいました。

聖徳太子が没して100年以上経ってから建てられたと知って、
私の中の何かが壊れたような気がします ○| ̄|_

斑鳩の里 (21)

ご本尊の救世観音は聖徳太子の等身像と言われ、
夢殿建立の時にご本尊して迎えられました。
推定629年~654年の作で夢殿の本尊になる前の経緯は不明です。

鎌倉時代と江戸時代の初めに修理の記録があるようですが、
200年以上は誰も見たことがない仏様でした。

斑鳩の里 (15)

明治にフェノロサと岡倉天心が来た時、救世観音は布でグルグル巻きにされて
安置されており、僧侶たちは開けたら聖徳太子の呪いが降りかかると
随分、抵抗したそうです。
秘仏だったおかげで救世観音菩薩は金箔もそのままに美しい姿なのです。

斑鳩の里 (13)

絵殿・舎利殿。
鎌倉時代建立の重要文化財。

斑鳩の里 (14)

絵殿には、かつて摂津国の絵師・秦致貞が延久元年(1069年)に描いた「聖徳太子絵伝」の
障子絵(国宝)が飾られていました。
現在は「法隆寺献納宝物」として東京国立博物館の所蔵です。

斑鳩の里 (16)

聖徳太子やその一族がここを歩いていたんですかねぇ。
ドラえもんのひみつ道具でちょっと1400年前を覗いてみたい!

斑鳩の里 (20)

礼堂。

この後、もう一回、救世観音を拝観して夢殿を後にしました。
やっぱり朝一はおススメですよ!
何回でも拝観できるもん^^v
あと一回、救世観音を拝んできたら良かったな~

斑鳩の里 (23)

夢殿を囲む回廊から出てきました。名残惜しいですけど。

斑鳩の里 (24)

鐘楼。
鎌倉時代のもので、ほとんど何も書いてなくて 分からないんですが、国宝です。
法隆寺じゃなかったらシンボル的存在になるよね。

斑鳩の里 (39)

鐘楼の左横の白い壁の建物、伝法堂と言います。
ひっそりと建っていますが、こちらも国宝です。
あまりにも目立たないので、写真はこれしか撮っていませんーー;

伝法堂は聖武天皇夫人・橘古奈可智の住居を移転して仏堂に改めたものです。
奈良時代の住宅遺構として貴重な建物です。
堂内にはたくさんの重要文化財の仏像があるそうです。
覗いてみたいもんですのう。。。

斑鳩の里 (25)

この先に中宮寺があります。
法隆寺の西院伽藍の前に中宮寺に行きます。

<< 斑鳩サイクリング 後編          斑鳩4 中宮寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 法隆寺 斑鳩 夢殿 東院伽藍 聖徳太子 救世観音 中宮寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示