FC2ブログ

多岐原神社と道の駅・木つつ木館

伊勢神宮・摂社の多岐原神社  2017-10-28参拝  2017-11-1

台風が迫る雨の中、三重県内を巡礼。

本日のコース
有久寺(紀北町)→多岐原神社(大紀町)→石前神社→安楽寺

多岐原神社(たきはらじんじゃ)
伊勢神宮125社の中の内宮の摂社です。
近くには伊勢神宮の別宮である瀧原宮があります。


紀北町の有久寺温泉からR42を北上して戻ってきました。
大紀町まで戻ってくるとR42沿いには伊勢神宮の別宮である瀧原宮があります。
そして、近くに同じ「たきはら」と言う名の伊勢神宮の神社があるので行ってきました。

その前に。。。滝原宮の前の道の駅・木つつ木館へ立ち寄りました。

紀北と松阪 (20)

地元の農産物も食堂もありますが、滝原宮へ来る人も多いし、
観光客へのお土産もたくさんあります。

木つつ木館2

店内にはヒノキの良い匂いが漂い、定番のお土産とはちょっと違った物があります。
紀伊山地は木の産地。
ヒノキの桶やワッパ弁当箱もあり、まな板から洗濯板も、ただの木の板も売ってます。

お勧めはお風呂に入れるヒノキボールやヒノキチップ。
自宅のお風呂が檜風呂に早変わり!

木つつ木館3

木の御朱印帳を発見。
うーん、欲しいけど未使用の御朱印帳がいっぱいなので次に買います^^

木つつ木館1

ご当地Tシャツもありました~
熊野古道のKODOや瀧原宮の文字が入ってます。
外国人なら喜んで買うかも。

南紀のみかんを買ったんですが、私が1つも食べないうちに2日でなくなりました;;

紀北と松阪 (21)

生憎の雨だけど瀧原宮にはそこそこ観光客が来てました。
瀧原宮の記事(2013年)>>

さあ、多岐原神社へ向かいます。
ここから宮川を6kmほど下った所にあります。

R42から県道747へ入ります。
多岐原神社への入口はすごく分かり難いです。
小さな案内板があるので、見落とさないように。

紀北と松阪 (40)

川沿いの集落の中を通ってくると、この先はもう川だなと思う所で
写真のように二手に分かれます。
これは右です。あぜ道並みに細いけど右なんです。
私は左へ行って集落をぐるっと回って元の道へ戻りました^^;

紀北と松阪 (39)

有久寺と同様、車の運転に自信のない人は止めた方が良いです。
カーブのある坂道でUターンはできないし、私なら半泣きです。

紀北と松阪 (38)

ここは駐車場なのかな?
この奥は畑があったので、私有地かもしれませんが、
ちょっと車を置かせてもらって方向転換も。

ドロッドロになりましたーー;

紀北と松阪 (23)

道に木がはみ出して生えてますが、相方が言うには、軽自動車なら通れるそうです。

紀北と松阪 (25)

あの木をクリアーできたら、ここまで来るまで来られます。
方向転換も出来なくは無いかな~でも私にはキビシイかも。

伊勢神宮の神社なので管理人がしょっちゅう来てると思います。
彼らはきっと軽トラですよね。

紀北と松阪 (24)

こんな萌え~な説明の看板が!
伊勢神宮の神社にも萌え~の波が来てるのか?!

確かに文字だけだと読まないけど、これはついつい読んじゃうよね。

紀北と松阪 (35)

2000年ほど前、天照大御神の鎮座地を求めて倭姫がこの地を訪れました。

紀北と松阪 (36)

川を渡れずに困っている所を助けたのが真奈胡神(まなこのかみ)。
倭姫はお礼に真奈胡神を祀る御瀬社(みせのやしろ)を建てました。

紀北と松阪 (34)

倭姫は真奈胡神の案内で三瀬坂峠を越え、「大河の瀧原の国」に宮殿を造立しました。

紀北と松阪 (37)

その宮殿が瀧原宮で、元伊勢となります。

紀北と松阪 (28)

写真、ボケてしまったけど、さすが伊勢神宮の神社。
神聖な雰囲気が漂います。

紀北と松阪 (33)

地元では「まなこさん」と呼ばれ親しまれているそうです。

一時、荒廃したこともあり、寛文3年(1663年)に大宮司・河邊精長(大中臣精長)によって
再興されました。

紀北と松阪 (26)

伊勢神宮の神社ですので、20年ごとに遷宮を行います。
隣には新しい社のスペースがあります。

紀北と松阪 (29)

この奥に行くと三瀬の渡し跡があります。
三瀬の渡し保存会なるものが出来たそうで、連絡すると(どこへ?)船を出してくれるとか。。。
ネットでちらっと読みました。

紀北と松阪 (30)

雨の中、川を目指して突き進む。

倭姫が渡った三瀬の渡しと、案内されて越えた三瀬坂峠は熊野古道の伊勢路です。
残念ながら世界遺産には、ここは入ってないんですが、
今でも歩く人はたくさんいるらしいです。

県道747には三瀬坂峠への看板もありました。
急坂のつづら折りですが茶屋跡や、宝暦6年に祀られたとされる地蔵などがあり、
古道の雰囲気を残しているらしいです。

紀北と松阪 (32)

うわ~~先週の台風のせいかな、倒木が多くてこの先は断念。
清流宮川へ出られたら、きっと清々しい気分になれた事でしょう。

三瀬坂峠越えは約1時間の行程で、多岐原神社から瀧原宮へ行きます。
倭姫やかつてのたくさんの熊野巡礼者が歩いた道です。
いにしえの旅人を思って歩いてみるのもいいかもしれませんね。

帰り、県道を通ろうと思ったら、先週の台風であちこちがけ崩れがあり、
通行止めが頻発。
結局遠回りをしてR42へ戻りました。

次は松阪市まで戻って、よく前を通るのに行ったことがなかった石前神社です。

<< 秘湯の有久寺        式内社の石前神社(松阪市) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 大紀町 滝原宮 多岐原神社 伊勢神宮 熊野古道 伊勢路 倭姫 三瀬の渡し 三瀬坂峠 真奈胡神

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示