FC2ブログ

奥三河探訪 5

奥三河の古刹 平勝寺 2017-9-15参拝 2017-10-6

猿投町から足助町を通り奥三河の山の中を走り抜け設楽町の田峰を訪ね、鳳来町へ。

本日の訪問コース
猿投神社→香嵐渓・香積寺→足助八幡宮→足助の町並み→足助城跡→
鳳凰山平勝寺→田峰観音→田峰城跡→煙巌山鳳来寺→鳳来山東照宮

鳳凰山平勝寺 へいしょうじ。
聖徳太子が開いたと伝わるお寺で、奥三河では一番古いそうです。

長い歴史にふさわしく、文化財も所有しているお寺です。


ネット地図で見ると山の中にポツンとあるようなお寺です。
山々の緑に埋もれたようなお寺かな?と思いながら行ってみました。

足助城から6Km、車で30分くらいです。
上って下ってまた登って、峠を越えて・・・と思っていたら、
意外にも大した峠はなく、しかも道沿いにはポツポツと民家と田畑があります。

山と言うより盆地的な感じです。
後で調べると標高が510mで高原なんだそうです。
とても涼しい。気持ちいい~~さすが高原。

奥三河 (150)

巨大な古木に囲まれた平勝寺に到着。

お寺の隣に広い駐車場があります。
今日は平日だし、参拝者は私たちだけですが、近くに東海自然歩道もあり、
訪れる人は多いようです。

奥三河 (148)

平勝寺の説明。
ちょっと読みにくいですね;;

略縁起(元和2年(1616))によりますと。。。
聖徳太子が自ら作った観音菩薩像を本尊として創建。
弘法大師が一夜にして作った不動明王と毘沙門天も祀っておりました。

保元の乱(1156)で戦火によって本尊以外すべて焼失。
平治元年(1159)に藤原・若尾の豪族により再建。

ご本尊は助かったって書いてあるけど、現在の重文のご本尊は、
胎内に平治元年十月二十五日と墨書きされているそうです。
やっぱりご本尊、焼失したんじゃない?

奥三河 (149)

平勝寺のある綾渡町に伝わる夜念仏。
こちらはもっと読みにくいですね;;

重要無形民俗文化財です。
かつては奥三河で広く行われていたそうですが、現在は綾渡の里に残るのみ。
綾渡町でも保存会の人によって平勝寺の境内で踊られるだけだそうです。

奥三河 (151)

山門前にニョキニョキ生えてる巨木たち。

奥三河 (167)

樹齢400年以上。。。400年前は入口をこんなに塞ぐとは思ってなかったでしょう^^;
名木となった今では切ることもできない。。。

で、この木に気を取られて山門の写真と撮り忘れました。

奥三河 (152)

ネットでこの山門を見て、平勝寺に来ることを決めたのに写真がない。
簡素な山門なんですが、鐘楼になっていて、なんか、気に入った山門です。

奥三河 (154)

本堂。
こちらにはご本尊はいらっしゃらいそうで、収蔵庫の方で安置されています。
ご本尊は17年に一度の御開帳です。

奥三河 (153)

前回の御開帳は2008年でした。次はまだまだですね。。。
収蔵庫には多聞天と持国天がご本尊をお守りしています。
こちらの二天立像も17年ごとの御開帳。

奥三河 (156)

本堂の脇に石仏が並んでいるのを発見。

四国八十八か所は裏山をぐるっと回るそうです。
今日は時間がないので行ってません。

奥三河 (155)

この他にも、幕末には平勝寺への三つの参道に百観音が祀られたそうです。
来る道すがら石仏を時々見かけましたが、あの石仏さんがそうだったのかな?

奥三河 (162)

元弘の変(1331)で後醍醐天皇が笠置山で籠城した際、
第三皇子の平勝親王は関白二条良基を共に足助へ落ち延びて来ました。

親王の夢に一羽の鳳凰が現れ、天皇が都へ戻ることを祈るなら、
巽の方角の聖観音を祀る霊場で祈るようにと告げられます。

巽の方角にあったのは平勝寺で、親王は七日間、平勝寺で祈りを捧げると
数日後、天皇が都へ戻り、親王も都へ戻ることが出来ました。

この時、壇独山大悲蜜院という名を鳳凰山平勝寺と改めました。

奥三河 (165)

後醍醐天皇はこの後、また都落ちとなり吉野で最期を迎えますが、
この平勝親王はどうなったんでしょう?
ちょっと検索してみましたが、全くヒットなしで諦めました。

奥三河 (161)

境内に神社もあります。
神仏分離の時も見逃されたんでしょうか?
鎮守社としてここでOKだったのかな?

奥三河 (157)

山に抱かれているという感じの神社です。

奥三河 (160)

えっと、、、読めません;;
祭神は天照大御神と書いてあるのは解読できました。

由緒を読むのは諦めました。

奥三河 (158)

覆い屋の中に小さな四つのお社があります。
好きな感じの神社です。

奥三河 (164)

こちらは庫裡。隣にご自宅。

境内を見て回っているとご住職が、、、どうやらお出掛けのようです。
大変!御朱印をお願いしないと!

お出掛家になる所、申し訳ございませんが、御朱印を頂きたく。。。
ご住職、笑って応じて下さいました^人^

平勝寺

御朱印。
丁寧に書いて頂けました。
300円を渡そうとすると200円と言われるので、100円は賽銭箱へ。

奥三河 (163)

奥様が庫裡を開けて下さいまして、しばらくお話をさせてもらいました。

平勝寺は奥三河で最古のお寺で、昔はいくつもの僧坊が建っていて、
この辺りの田んぼは全部お寺のもので、修行僧たちが米を作っていたそうです。

現在、綾渡町の住民は減る一方ですが、自分たちの命がある限りは
ここを守って行きたいと、地元愛溢れるお言葉でした。

奥三河 (166)

お寺自体は小さいし、何か凄い物があるわけでないですが、
来て良かったな、また来ていなと思えるお寺でした。
ご住職夫婦が良い人だったからですね。
やっぱり「人」が大切ですね。

 鳳凰山平勝寺 HP >>

この後は県道33号を通り、今度こそ山の中を走ります。
相方の好きなオフロードもちょっと走りまして、
豊田市を出て設楽町へ入り、田峯地区へ行きます。

<< 奥三河探訪4 足助城跡        奥三河探訪6 田峰観音 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 鳳凰山 平勝寺 綾渡 夜念仏 聖徳太子 後醍醐天皇 平勝親王 朱印 奥三河

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示