FC2ブログ

奥三河探訪 4

足助城跡 2017-9-15訪問 2017-10-4

猿投町から足助町を通り奥三河の山の中を走り抜け設楽町の田峰を訪ね、鳳来町へ。

本日の訪問コース
猿投神社→香嵐渓・香積寺→足助八幡宮→足助の町並み→足助城跡
鳳凰山平勝寺→田峰観音→田峰城跡→煙巌山鳳来寺→鳳来山東照宮

足助城は真弓山(301m)の山頂にあった山城でした。
真弓山城、松山城、足助松山城などと呼ばれたそうです。

かつては足助氏の築いた足助七屋敷の1つと考えられていましたが、
足助氏時代の遺構は発見されませんでした。
遺構は戦国時代に鈴木氏が築城したものだそうです。


足助城は香嵐渓の飯盛山の隣の山です。
お城ファンでもないんですが、足助の町から近いし、車で近くまで行けるし
ネットで見たら山城が再現されていたので、ちょっと行ってみることにしました。

奥三河 (113)

「城跡公園足助城」 入場料300円。

ここまでの道のりは傾斜のきつい細い道です。
でも、道沿いにずっと民家がありました。

受付で入場料を払うと、おじいさんが見どころや説明をしてくれました。

奥三河 (114)

さあ、あの櫓に向かって行くよ!

奥三河 (115)

え~~~一旦下るんだ~~~また登らないといけないわけか。
山に来たんだから上ったり下ったりは当たり前なんだけどさぁ。

奥三河 (116)

見えてきた~ここは西の丸。西物見台です。

足助城は山頂を本丸として四方の尾根を利用した連郭式の山城です。
戦国時代の映画でこんな山城を見た記憶はある。

奥三河 (120)

西の丸から少し登って南の丸へ来ました。

奥三河 (119)

私の「城」のイメージは名古屋城や大阪城で、城跡と言うと高い石垣の城壁や堀などを
思い浮かべるんですが、神社仏閣巡りをしていると城跡にもよく出くわします。

それは戦国時代の城塞跡で素人が見るとただの山です。
説明があったりすると見た映画などを加味して自分なりに想像してみますが、、、、
まあ、テキトーな想像です^^;

こうやって復元してある山城は初めて見るかも。
これからはもうちょっと史実に近い想像ができそうです^^

奥三河 (117)

竈。どこかで弥生時代の復元でもこんなのを見ました。
この時代、こんなもんなんですねぇ。

奥三河 (125)

こちらは庶民の家みたいですね。
部下たちの詰め所的な所でしょうか?

奥三河 (122)

隣の竈で料理して、ご飯を食べたり生活の場だったんですね。
そう広くはないですが、何人くらい寝泊まりしていたんでしょう?

奥三河 (123)

雨の日はこの格好で山を下りたり登ったり、大変だったね;;

奥三河 (121)

おお~こういう所で戦国時代の武士たちが話し合いをしている場面を
大河ドラマで見るよね~

奥三河 (126)

南物見台からさっきの厨の屋根。
台風が来たら飛んでいきそう。。。大丈夫なのか?

奥三河 (127)

さあ、本丸へ向かいます。

奥三河 (128)

おお~城っぽい~(いやいや城だって)
やっぱり弥生遺跡とは違うね(当たり前だよぉ)

奥三河 (130)

当時はどのくらいの建物が建っていたんでしょうね。
人も何人くらいいたんでしょう?

戦国時代に疎い私は大河ドラマを見てみようと思ったり、
この時代をテーマにしたゲームをやってみようと思ったり、
でも思っただけで終わりました。

奥三河 (131)

戦国時代が舞台の映画を見ることなら、思っただけで終わらないかも。
何の映画が面白いだろう?

奥三河 (132)

足助城は足助氏が造った城ではなく、足助氏滅亡後の戦国時代に鈴木氏が
造った山城跡だそうです。

奥三河 (133)

こちらの建物も中に入れます♪入ってみよう~

奥三河 (138)

ここは天守閣ではなく高櫓なんですね。

奥三河 (134)

日本の城にありがちな急な階段。
上れるなら登ってみよう~

奥三河 (135)

新しいので彦根城より安心して登れます^^;

さて、城主となった鈴木氏ですが、時は戦国時代。
平和な暮らしはありません。

奥三河 (136)

1525年、岡崎の松平清康(家康の祖父)に攻められ、松平に下ります。
1554年、今度は今川軍に攻められ今川配下になり、
1564年、また松平が来て松平配下になります。

1571年、今度は武田軍に足助城を取られ、
1573年、徳川となった家康の長男が武田軍を追い払い、
鈴木氏は返り咲き果たしますが、1575年また武田軍がやって来て
長篠の戦が起こります。

奥三河 (139)

足助の町を見下ろせます。

激動の時代を生き抜いた鈴木氏ですが、1590年、家康の関東入国に従い
足助城は廃城となります。

足助の町は城下町だと思っていましたが、江戸時代は完全に宿場町だったんですね。

奥三河 (137)

人工物が何も見えない景色。

凄い景色だと思うのですが、私的にはよく見る景色です^^;
そんな所ばかり好んで行ってますからね。

奥三河 (145)

家康に付いて江戸に行った鈴木氏ですが、突然徳川家を出奔して浪人になっています。
やっと平和な時代になったのに、彼らにとっては決して安泰ではなかったわけですね。

足助氏も鈴木氏も悲しい結末です。

奥三河 (147)

奥三河 (142)

甲冑がある!と思ったら、段ボール的なもので作ってありました。
凄いよね、ぱっと見、素人目には本物っぽく見える。

奥三河 (143)

厠も撮っておこう。
のぞきみ可、使用不可ってのが面白い^^

奥三河 (144)

見にくいですけど、足助の周りにある城の地図です。
足助七屋敷もこの中にあるんだろうね。

奥三河 (146)

足助城は城の知識はあまり無い私も結構楽しめました。

 城跡公園足助城 HP >>

足助町に来て、香嵐渓と町並みと城跡で1時間半も時間を使いました。
急いで次に行きますよ。
聖徳太子が開いたという山の中の古刹、平勝寺です。

<< 奥三河探訪3 足助八幡宮と町並み       奥三河探訪5 鳳凰山平勝寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 史跡
genre : 学問・文化・芸術

tag : 足助 足助城 足助氏 鈴木氏 松平 山城 連郭式 高櫓 復元

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示