FC2ブログ

奥三河探訪 3

足助八幡宮と町並み 2017-9-15参拝 2017-10-3

猿投町から足助町を通り奥三河の山の中を走り抜け設楽町の田峰を訪ね、鳳来町へ。

本日の訪問コース
猿投神社→香嵐渓・香積寺→足助八幡宮→足助の町並み→足助城跡→
鳳凰山平勝寺→田峰観音→田峰城跡→煙巌山鳳来寺→鳳来山東照宮

足助八幡宮。
字の通り、「足を助ける」と言う事で足、旅、交通の守護神です。
隣には足助神社があります。

そして足助の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
せっかくなので町を歩いてみます。


足助八幡宮と足助の町は、香嵐渓の入口から国道420号の向かい側です。
香嵐渓の入口は駐車場と観光センターがあり、お店が並んでいますが、
紅葉シーズンではないので、開いている店はやっぱり少ないです。

五平餅を食べたいと思っていましたが、香嵐渓を歩き回ってきたので
まだまだ暑くてソフトクリームを食べてしまいました^^;

一休みしたら国道を渡って足助八幡宮へ参拝に行きます。

奥三河 (69)

立派な神社です。境内には杉の巨木があります。
巨木は歴史のある神社の証ですね~

奥三河 (71)

八幡宮ですので祀っているのは応神天皇と仲哀天皇と神功皇后です。

奥三河 (72)

左が足助八幡宮、右が足助神社。

奥三河 (74)

手水舎は立派ですよ。

奥三河 (78)

拝殿。

大きなわらじが印象的。
足の神様ですからね。

奥三河 (86)

足助は街道沿いで宿場町でもあります。
「塩の道」と呼ばれ、三河の塩を信州に運ぶ道でもあったそうです。

街道を行く人々が足と旅の安全を願った神社です。

奥三河 (79)

奉納もわらじですね。カワイイ^^

奥三河 (73)

天武天皇の時代、白鳳二年(673)に創建と言う古社です。
縁起が書いてないですね。ちょっと面白いですよ。

奥三河 (80)

天智の時代に三河国宝飯郡大深山(おおみやま)に、怪異三体が出現した。
一つは、猿の形(猿投大明神・三河三宮)、一つは、鹿の姿(砥鹿大明神・三河一宮)、
もう一つは鬼体で紀州牟漏郡熊野本宮から来たと言う。

鬼は人里離れた足助郷深山に棲もうと思い、一夜で霊山を築いた。今の飯盛山である。
そして人の姿となり帰能士と名のり、山の下に住む神の娘と夫婦となり、
子供を三人もうけて暮らす。

奥三河 (85)

天武の時代の白鳳三(六七五)年に帰能士が死んで、
子供たちが帰能士を祀ったのが八幡宮の始まり。
しかし、人が住んでないので、神社は忘れ去られる。

桓武の時代になり、源秀弘という人物が、足助八幡宮の前を通ると、馬が倒れ落馬し、
気を失った。その時、「我を恭敬すれば、子孫繁栄し、武運長久たるべきことを
知らせんがために落馬させた」との神託が降った。
その後、源秀弘が、この神を祀るようになり神威が増した。

と、言うお話です。
猿投神社は行って来たし、砥鹿神社も行く予定だったんですが、
時間切れで行けませんでした。

奥三河 (75)

御神木の杉。

奥三河 (76)


奥三河 (88)

ここは絵馬殿かしら?額がたくさん掲げられています。

奥三河 (87)

金的中の額。弓道の人が奉納したりするみたいです。
足助重範が弓の名手でだったからかな?

八幡宮には「鉄砲的打図板額」が県の文化財に指定されています。
慶長17年(1612)に、三河国岩神村(現・足助町内)の沢田四郎右衛門尉が奉納したもので、
鉄砲を描いた扁額は全国でも他に3枚しか現存しないそうです。

奥三河 (77)

足神さんもあります。

奥三河 (81)

大イチョウ。

奥三河 (82)

奥三河 (92)

重要文化財の本殿。
見えないのかな?と思っていたら、横から見えるようにしてありました。

奥三河 (93)

文正元年(1466)建立。

奥三河 (90)

こちらが足助神社。

奥三河 (95)

足助重範公を祀っています。
明治にできた新しい神社です。

足助八幡宮

足助八幡宮の御朱印。

足助神社

足助神社の御朱印。
どちらも足助八幡宮の授与所で頂けます。

 足助八幡宮  愛知県豊田市足助町宮ノ後13

では、町へ行ってみます。

奥三河 (97)

川を渡ります。
この橋の右側が香嵐渓です。
橋を渡った左側に足助の古い町並みがあります。

奥三河 (98)

電柱もなくして頑張ってる感じはします。
街の散策地図をHPから印刷して行ったんだけど、
悲しいかな、老眼が進んできまして、、、せっかくの地図が見えない有様。

拡大印刷するとボケたり、何枚にもなったりで困るのよ。
担当者さん、老眼の人も見える地図を作って下さい。

 足助観光協会 HP >>

奥三河 (99)

趣のある古民家が残ってます。

奥三河 (100)

町角にある天王社。

奥三河 (101)

お寺もたくさんあります。普光寺。
時間が無くなってきて行ってません。

奥三河 (102)

宗恩寺。高台にあるので町を見下ろせるかと行ってみました。

奥三河 (103)

足助八景ってのがあるんだ?

奥三河 (104)

本堂は閉まってます。せっかくなのでお参りはしました。

奥三河 (105)

景色は普通でしたーー;

奥三河 (106)

鐘楼はなかなか素敵です。

奥三河 (111)

順番が逆になりましたが宗恩寺への参道。
マンリン小路といいます。「マンリン」の意味は不明。

奥三河 (109)

狭い通りですが、小さなギャリーやカフェがありました。

奥三河 (110)

タイルの壁の家の前に植木鉢が並んでいる光景って
昭和的で私には懐かしい~~~
アロエがないのが寂しいな^^;昭和の家には必ずあったよね?

奥三河 (112)

足助の町は江戸と昭和が混在した感じで地方の小さな観光地にはよくある感じです。
今日は平日で観光シーズンでもないし、人が少なかったんですが、
頑張ってる感はあるので、もうちょっとお店や見る所が増えるといいかも。

次はもう一つ、足助の観光スポット。足助城跡へ行ってみます。

<< 奥三河探訪2 香嵐渓と香積寺

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 豊田 香嵐渓 足助 足助八幡宮 足助神社 歴史的建造物 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示