石山~笠取~大石 6

西国霊場の岩間寺 2017-8-19参拝  2017-9-13

滋賀県大津市石山から京都府宇治市笠取を通って大津市大石を巡る旅です。

今回のコース
石光山石山寺→新宮神社(石山)→幻住庵(大津)→岩間山正法寺
奥宮神社(宇治笠取)→東笠取清瀧宮→西笠取清瀧宮→佐久奈度神社→
湖雲山龍音寺→八幡神社(大石)→富川磨崖仏→春日神社(大石富川)

岩間山正法寺 いわまさんしょうほうじ
「岩間寺」の名前の方が有名かもしれません。

西国三十三所観音12番札所、ぼけ封じ観音4番札所、
琵琶湖百八霊場第2番札所となってます。


岩間寺は滋賀県と京都府の県境にある岩間山(443m)の
山頂近くに位置します。
因みに稜線を辿って行くと次に行く奥宮神社があります。

大津市大石の町中から離れ、のんびりとした田畑の広がる所を山に向かって行きます。
要所要所に岩間寺への案内の看板があります。
そして、リュックを背負って歩いている人も見かけました。

山道に入りますと、思っていたより細い道で坂は急な感じです。
有名なお寺なのでもっと広い道があると勝手に思っていました。
途中、奥宮神社への分かれ道もあります。

石山笠取 (186)

石山の街から車で20分ほどで到着です。
山の中のお寺ですが、さすが西国霊場、車が数台停まっています。

石山笠取 (188)

これを見て、わあ、大きなお寺なんだ~と思たんですが、
実際行ってみると、あれ?そんなに広くないじゃんと思って参拝を終えました。
後で気が付きましたが、どうやら行きそびれた所が多々あったみたいです。

せっかくこの境内図を見たのにね。
まあ、石山寺の散策と幻住庵の想定外の階段で疲れてまして。。。

石山笠取 (189)

景色が見えました。
いったいどの方面を見ているのか方向音痴の私には分かりませんーー;

石山笠取 (190)

読めるかな?
それにしても、なんでさぁ、こんなオドロオドロシイ字なわけ?

元正天皇の病気平癒祈願に功のあった泰澄が養老6年(722年)、岩間山中の桂の大樹から千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻んで、元正天皇の念持仏である金銅千手観音像をその胎内に納め祀ったのが当寺の初めとされる。

石山笠取 (191)

岩間寺の山門は現存しません。
なので、雨に濡れても大丈夫な金属の仁王像。

石山笠取 (192)

奥の方に白装束の一団がいます。
そう言えは駐車場にマイクロバスが停まっていました。
西国巡礼のツアーの方々ですね。

石山笠取 (196)

まずは本堂へまいります。
拝観料500円を払って、御朱印もお願いしました。

幾つかの霊場になっているので御朱印も種類があるのですが、
私は二つだけ頂きました。

岩間寺1

岩間寺の御朱印。

岩間寺2

白姫龍神の御朱印。
美しい心って良いよな~なりたいよな~と思いまして、頂きました。

石山笠取 (197)

ボケた写真ですみません。
写真不可だったので遠くから撮ったらこの有様です。

西国三十三所1300年特別拝観で本堂に上がってお参りさせて頂けます。
そんなに広いお堂ではないのですが、一人でウロウロしてしまいました^^;
(相方は靴を脱ぐのが面倒でいつも中には入りません)

石山笠取 (195)

本堂は、天正5年(1577年)に再建されたもので、寛永年間に解体修理されました。

ご本尊の金銅千手観音立像は、伝承によれば元正天皇の念持仏で、
当初の本尊の胎内仏とされたもの。
秘仏でなんと!1990年に365年ぶりに開扉されました。
その後は2009年と2010年にも御開帳があったようです。
次回はいつなんでしょうね?

石山笠取 (194)

本堂からずっと廊下を歩いて不動堂まで行けました。
ちらっと見えるのは三十三観音です。

石山笠取 (193)

そしてこの池。ただの池じゃありません。
松尾芭蕉が「古池や 蛙飛びこむ 水の音」と詠んだ池です。

石山笠取 (198)

不動堂。

本堂のご本尊は「汗かき観音」と呼ばれています。
毎夜、日没に厨子を抜け出て百三十六地獄を駆け巡り、苦しむひとびとを悉く救済し、
日の出頃、岩間山へ戻られた時には汗びっしょりになっているそうです。
観音さんが濡れていることがあったんでしょうかね?

石山笠取 (199)

大師堂。

岩間寺は雷除けのお寺としても有名です。
泰澄は伽藍にたびたび落ちる雷に困り果て、自分の法力で雷を捕まえ落ちる訳を聞くと、
雷は大師の弟子になりたいのだと申し出でます。
泰澄は快く雷を弟子にし、その代わりに岩間寺に参詣の人々に雷の災いを
及ぼさないことを約束させました。

この雷は、水の乏しい寺のために、自らの爪で井戸を掘ったという。
この"雷神爪堀湧泉"と呼ばれる霊泉は今もあるそうなんですが、
行ってないです。。。。

石山笠取 (200)

夫婦桂。(御本尊出現之霊木)
この木は泰澄が千手観音を彫った木の切り株から生えているそうです。

泰澄の彫った仏像はどうなったんでしょうね?
どこにも書いてないんだけど落雷が多かったそうなので燃えたとか?

石山笠取 (201)

このお堂は確か「龍神」と書いてあったと記憶しております。
で、ここが白姫龍神だと思って拝んだんですが、白姫龍神は違う所でした。
結局、白姫龍神はお参りできていません;;

白姫龍神は女性がお参りすると美人になるそうです。
うーん、残念!!

石山笠取 (202)

境内の端っこに奥宮神社へ徒歩10分と書いてありました。

車で行くつもりでしたので行かなかったんですが、
当初の予定の道は車は全く通れない道でした。
そんな道ばかりで、山を上ったり下ったりを繰り返すことになりましたーー;

石山笠取 (203)

五社権現堂。新しいです。

石山笠取 (204)

岩間寺の鎮守社ですかね?

石山笠取 (187)

最後にボケ封じの観音さんと鐘楼です。

 岩間山正法寺 HP >>

この後、奥宮神社へ行くのですが、地図では山の中に道が載っていたんですが、
実際は舗装もなく荒れていてとても行けそうにありませんので、
来た道を奥宮神社への分岐点まで戻ることにします。

<< 石山・笠取・大石5 幻住庵   石山・笠取・大石7 奥宮神社(宇治笠取) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 滋賀 石山 岩間山 正法寺 岩間寺 泰澄 奥宮神社 西国巡礼 三十三観音 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示