FC2ブログ

高賀山6社巡り 8

星宮神社と粥川寺 2017-7-29参拝  2017-8-21

本日のコース
モネの池(根道神社)→白谷観音→高賀神水庵→蓮華峯寺→
高賀神社・洞戸円空記念館→瀧神社→金峰神社→籠神社→
洲原神社→星宮神社・粥川寺・円空ふるさと館→那比新宮神社→
那比本宮神社→大矢田神社

星宮神社(ほしのみやじんじゃ)は高賀六社の一つです。
粥川寺は星宮神社の別当寺でした。
現在も同じ境内にあります。

ここでは高賀六社であるよりも、円空さん所縁の地であることが
クローズアップされていて、境内に円空ふるさと館があります。


洲原神社からコンビニを探しながら星宮神社へ向かいます。
ローソン発見!しかし反対車線で通り過ぎてしまった。
まあいい、私はこの先に道の駅があることを知っている^^v

道の駅も反対車線でしたが、ここは入ります。
あまり大きくはないですが、他に店が少ないからか賑わっています。

高賀_1375 (150)

道の駅より長良川を見る。

道の駅に地元のおばちゃんたちがやってる小さな食堂があり、
そこで昼食を食べることにしました。
私が高山でもないのに高山ラーメンが食べたいと言っていたら、
そこのメニューに高山ラーメンがあったので。味は普通でした。

お昼時、食堂は初老くらいの夫婦が次から次へと入ってきます。
こうやって旅をしている夫婦はみんな幸せそうです。
私たちもそんな老夫婦になりたいです。

お土産も道の駅で買いました。

高賀_1375 (151)

道の駅より。
藤原高光が妖魔退治の為に駆けずり回った山々。
平安時代の山はもっと険しかったんでしょうね。

星宮神社へは長良川沿いの国道156号から粥川沿いの県道315号へ入ります。

高賀_1375 (152)

円空街道なる看板がありました。
星宮神社・粥川寺が円空街道の終着点です。

円空さんはこの美並町の出身(諸説あり)だそうで、
粥川寺で経文や手習いを学んだそうです。

高賀_1375 (153)

県道315は星宮神社が突き当りになるのですが、今、手前で工事中。
少し手前の二又になった所で林道の方へ行くと大きな駐車場があります。
「粥川の森」と言うこの辺一帯の散策の為の駐車場のようです。

取り合えず円空仏のモニュメント。

高賀_1375 (155)

粥川を渡って星宮神社へ行きます。

この粥川地区の住民はウナギを食べないことで有名なんです。
私、TVでも見たことがあるんです。

ここのウナギは神の使いなんです。
藤原高光が妖魔退治でこの地を訪れた時、道に迷ってしまいましたが
ウナギが道案内をしたとして神の使いとなり村人は食べなくなりました。

高賀_1375 (154)

おや、こんな説明が。
藤原高光さん、御殿を建てて住んでたんだ。
子孫がちゃんといるんですねぇ、この地に。

高賀_1375 (156)

星宮神社の参道。確かに工事中です。

高賀_1375 (157)

鳥居。なかなか立派です。

藤原高光が屋敷を構えたわけですから、重要な場所だったんでしょうね。

また、藤原高光に義貴星という神が粥を施した地だそうです。
「義貴星という神」がポイントかもしれないと妄想を膨らませます。

きっと土地の有力者で娘がいたに違いない!と思う。

高賀_1375 (158)

鳥居をくぐったら絵馬奉納場所です。
絵馬にウナギが付いている!と思ったら…

高賀_1375 (159)

鎌でした。
昔は鎌をお寺の壁に突き立てていたそうですが、現在は絵馬になりました。
絵じゃないんだ@@; 錆びている所を見ると金属ですかね?本物の鎌?

由緒書きによると鎌は左鎌で、祭礼用鎌が左鎌だったため、
と書かれいました。。。他にも左鎌を奉納する神社がありますが、
そちらは日本武尊の双子の兄に関係します。
星宮神社は関係ないのかな?

高賀_1375 (160)

緑豊かな境内。

高賀_1375 (161)

高賀六社の一つなので、星宮神社も藤原高光の創建です。

平安時代の初めに役行者を祀る雄角明神(おづのみょうじん)があり、
周辺には明神に奉仕する十二院がありました。
平安中期から末期には熊野信仰が広がり阿弥陀如来が祀られました。
鎌倉時代から南北朝時代にかけて白山信仰になり虚空蔵菩薩が祀られました。

高賀_1375 (162)

拝殿は新しいです。

虚空蔵菩薩は明星天子(みょうじょうてんし)として祀るので星宮となったそうです。
「星合神社」と称するようになったのは明治に入ってからです。

高賀_1375 (165)

中門。

高賀_1375 (166)

なかなかの彫刻です。

高賀_1375 (167)

現在の本殿は享保8年(1723年)の再建です。
残念ながら、あまり本殿が見えません。

高賀_1375 (168)

初めに役行者を祀っていたのでもわかるように、この地も修験道が盛んでした。
修験集団の中心が粥川寺でした。

高賀_1375 (172)

こちらのお社も覗いてみました。

高賀_1375 (169)

あ、お堂でしたかね?
中心に祀られているのは、、、炎があるから不動明王かなぁ?
写真が小さいくて良く見えないです。

高賀_1375 (171)

周囲に見えるのは十王と綺麗な仏さんも見えます。

高賀_1375 (174)

宝蔵殿と鐘のついた宝印塔。

高賀_1375 (175)

たくさんの宝物は拝観できませんでした;;

高賀六社では、高賀神社、星宮神社、新宮神社が大きかったようで、
この三社にはそれぞれ宝物館があります。
見学できたのは高賀神社だけでしたけど。

高賀_1375 (163)

境内からずっと粥川谷へ道が続いています。
この奥には藤原高光が魔物を討った矢を納めた矢納の滝があり、
その淵を矢納ヶ淵(やとうがふち)と言います。

そろそろ疲れて来てて行かなかったのですが、
ネットで見たら凄く綺麗な滝で淵はエメラルドグリーンでした。

高賀_1375 (176)

境内にある夫婦杉。

高賀_1375 (179)

左端の注連縄があるのが社務所。
屋根続きだけどその隣が粥川寺。

粥川寺は円空が32歳の時に得度したお寺で、
ここを本寺としてあちこちへ出掛けては戻ってきました。

高賀_1375 (178)

屋根続きで、粥川寺の隣が「美並ふるさと館」。
一階が美並生活資料館、二階が円空ふるさと館。

高賀神社の円空館は神社に奉納された仏像で大きなものや細かい彫りの物が
多かったのですが、こちらは個人に彫った仏像が多く小さな念持仏です。

初期から晩年までの仏像が約95体もあり、見応えがあります。

高賀_1375 (177)

210円と言う安さも魅力^^
ここにはおじさんがいるので、御朱印を聞いてみましたが、わからないそうです。
書置きで良いので置いてくれたらいいのにな~

 星宮神社・粥川寺  岐阜県郡上市美並町高砂1252

この後は那比新宮神社へ行きます。
国道を回っても行けますが、高賀山の林道を通って行ってみました。

星宮神社から少し入った所で神社があったのですが、
今考えるとあれが雄角神社だったのかもしれません。
参拝しなかった事を後悔。。。

<< 岐阜高賀7 洲原神社        岐阜高賀9 那比新宮神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 岐阜 高賀 高賀六社 星宮神社 粥川 円空 藤原高光 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示