おそロシア見聞録 8

 ピョートル大帝の夏の宮殿  2017-7-12 φ(..〃)

中部国際空港→ソウル経由→モスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港
2日目 モスクワ
      セルギエフ・ボサード
      アルバート通りとノヴォデヴィチ公園
3日目 モスクワ
      赤の広場とクレムリン
      モスクワからサンクトペテルブルグへ列車の旅
4日目 サンクトペテルブルグ
      ピョートル夏の宮殿
      エカテリーナ宮殿
      聖イサク大聖堂と街の散策
5日目 サンクトペテルブルグ
      市内観光
      エルミタージュ美術館
5・6日目  プルコヴォ空港→ソウル経由→中部国際空港
      帰国とお土産 

今日からサンクトペテルブルグの観光になります。
まずはピョートル大帝の夏の宮殿。

宮殿はサンクトペテルブルグの中心地から29km離れた郊外の
ペテルゴフという街にあり、ペテルゴフ宮殿と呼ばれます。
しかし、日本ではなぜか「ピョートル大帝の夏の宮殿」と
書かれていることが多いようです。


本日は昨日と違って良い天気です。
しかし!最高気温は相変わらず17℃の予想。
上着を1枚余分に持っていきます。

私たちの泊まったホテルは空港の近くで、サンクトペテルブルグの郊外です。
なので郊外にあるペテルゴフ宮殿やエカテリーナ宮殿には行きやすいようです。

ちょっと景色を見ていたらすぐ着いた感じです。
写真は撮り損ねましたが、駐車場はバスでいっぱい。
出店のお土産物屋さんがずらっと並んでいます。

ロシア (163)

ステキな宮殿があるんですが、ペテルゴフ宮殿の内部には入らず、
ここでは庭園を見て回ります。

ちょっと中にも入ってみたいと思ったんですが、この後、エカテリーナ宮殿でもういいわ、、、
と思うほど、宮殿を見学できました^^;

ロシア (165)

ペテルゴフの建設は1714年から始まり、1723年に完成します。
ヨーロッパを訪れたピョートル大帝がベルサイユ宮殿に負けない宮殿をと建設したそうです。

ロシア (166)

ピョートル大帝はピョートル1世のことで、ロマノフ王朝第4代の皇帝です。
荒れた沼地にサンクトペテルブルグの街を造り、首都をモスクワから移した人です。
ロシアを大国に押し上げた皇帝なんです。

ロシア (170)

宮殿をぐるっと回って海側の庭園へ来ました。
ピョートル大帝は噴水が好きだったようで、とにかく噴水だらけの庭園です。

ロシア (171)

海まで続く庭園。

「上の庭園」と「下の公園」、全体で20の宮殿と7つの公園があります。
噴水の数は150を超えるというが、ここが凄いのは給水システムです。
ガイドさんが詳しく説明してくれたけど、忘れた^^;
画期的なシステムと言う事だけ覚えてます。

ロシア (173)

一番有名な大宮殿の前の階段状の「大滝」と その下の「ライオンの口を引き裂くサムソン」
時間になると水が流れ、噴水が出ます。
それまでガイドさんの説明を聞きながら、広大な庭園を散策です。

ロシア (174)

「ライオンの口を引き裂くサムソン」

この像はギリシャ・ローマの神話をモチーフにしています。
ライオンは強敵スウェーデン、聖サムソンはロシアを示し、バルト海の覇権を
めぐる沿岸諸国との戦いの勝利を讃えています。

この勝利のおかげでロシアは海に出ることができたんですね~
海に出ると貿易ができるんですよね~
そしてロシアは富を得たわけです。

なのでこの戦いに勝ったピョートル1世は大帝と呼ばれるようになりました。

ロシア (176)

宮殿にある聖堂。

斜面には階段状の滝がしつこいくらいあります。
花壇はチューリップ。

ロシア (178)

先が見えない庭園。庭園っていうより森?

ロシア (179)

サメみたいな魚の口を割いている男の噴水。
ガイドさんが説明してくれたけど、忘却の彼方。

ロシア (180)

これは覚えてる!温室なんですよ!
なので、屋根に煙突がいっぱいあるでしょう。
オレンジなんかを作っていたそうです。

ロシア (181)

綺麗な庭園。説明は忘れた^^;
同じ噴水が二つあるのが、なんたらかんたら。

ロシア (182)

この噴水、大きいんですよ。
庭園整備のおばちゃん、おじちゃんがあちこちに。

ロシア (184)

階段状大滝。このタイプの滝が好きだったんですかね?

そういえば、モスクワからサンクトペテルブルグまで、山は全く無しで
見渡す限り平原、と言う事は「滝」なんて代物は無いですものね。
滝が欲しかったんですかねぇ。

ロシア (185)

上には妙な生き物が。ドラゴン?

ロシア (183)

片隅に説明看板があります。
読めないけど、わかりますよね。1945年の様子です。

この美しい宮殿と庭園はロマノフ王朝終焉後、荒廃し、
第二次世界大戦ではナチス軍に攻撃され、破壊されました。

宮殿の中には復元された建物もあるそうです。

ロシア (186)

これに乗りたくなるくらい、広いです。

ロシア (188)

ここを真っすぐ行くと海です。

ロシア (190)

この道は「水の小道」と言いまして、道の端に噴水の管がるのがわかりますか?
これ、両側にあって、イタズラ好きのピョートル大帝は人が通ると水を出して、
突然の噴水で濡れた人が慌てるのを見て楽しんでいたそうですよ。

ロシア (192)

リスがいました^^

ロシア (193)

作り物の木やチューリップから噴水が出ています。
問題は奥に見える白いベンチ。

ベンチの前に大きめの石が敷き詰めてあります。
この石のどれかがスイッチになっていて、その石を踏むとベンチからビャーと出る仕組みです。

噴水の左右にあり、ここに来たらどちらかを通ることになります。
でも、水が出るとラッキーなんですって。何がラッキーなんだか???

他の観光客が見守る中、私たちが通りましたが、誰も水は出ませんでした。
その後、中国人観光客が通ったら水が出たようで大騒ぎ^^;
さすが中国人、いろんな意味で持ってます。

ロシア (194)

ベンチの噴水。
これもピョートル大帝のイタズラ噴水で、疲れた客がベンチに座ると、
水を出して出られなくして、それを見てウシシと笑うという代物。

迷惑なオヤジだねぇ。

ロシア (196)

この人が多分、ピョートル大帝。
2メートルもある大男で力自慢だったそうです。

手先が器用で、船大工から花火師まで14の手習いができました。
そして趣味がヨーロッパで覚えた虫歯の抜歯。
家臣の虫歯をバシバシ抜いて、その歯を袋に詰めて持っていたとか。

いいんだか、悪いんだか、つまり家臣は歯抜けが多かったって事かしら?

ロシア (197)

ほんっとに噴水、多い。

ロシア (199)

これもはた迷惑な噴水の一種に違いない。

ロシア (200)

一番初めに建てた海沿いのモンプレジール宮殿。
ピョートル大帝はこの宮殿で大宮殿や庭園ができるのをみていたそうです。

ロシア (198)

この宮殿もボロボロになってしまったんですね。
読めないど、こういう説明板があるのは良いですね。
歴史を感じられますし、ロシア人の努力も伺えます。

ロシア (201)

モンプレジール宮殿の裏へ回ると、そこはフィンランド湾。バルト海です。
遠くに見える街の影はサンクトペテルブルグ。

ロシア (203)

船着き場で撮影会をしている中国人。
どうでもいいけど、彼女らはピンクと赤が好きなようです。

ロシア (205)

ここの噴水の所にはドレスを着たおばちゃんがいます。
貸衣装があるのかと思ったら彼女と写真を撮ると350ルーブル(700円くらい)。
商売かい。

ロシア (204)

おじさん、写真撮ってました^^;

ロシア (206)

大宮殿へ戻ってきました。噴水出てます~

ロシア (207)

噴水が出ていると、やっぱり綺麗ですね。

ロシア (208)

さっき、調べていたらこの「ライオンの口を引き裂くサムソン」像は
ピョートル大帝の頃にはなかったんですって。

てっきり「俺は勝ったぞーーーー!」的な感じで作ったと思っていたんだけど。

ロシア (209)

ピョートル大帝の頃は水路でここまで船でやってきて、噴水の後ろに見える人工洞窟へ
客人を迎え入れたそうです。

ロシア (210)

人工洞窟はグロットと言いまして、グロット内のテーブルに乗せた果物で客人をもてなします。
しかし、そこはイタズラ大好きおじさんなので、果物を取ろうとすると
テーブルから水がビャーーーっと出るそうです^^;

ほんっとに迷惑。
皇帝じゃなかったら、どついたろかって言いたくなるかも o(o・`з・´o)ノ

ロシア (211)

たっぷり2時間の庭園散策。
もちろん庭園のほんの一部なんですけどね。

ロシア (212)

この後は昼食後、またまた広大なエカチェリーナ宮殿が待ってます。

<< ロシア7 モスクワから列車の旅         ロシア9 エカテリーナ宮殿 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : ロシア サンクトペテルブルグ ペテルゴフ宮殿 ピョートル大帝 夏の宮殿

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示