FC2ブログ

おそロシア見聞録 3

セルギエフ・ボサード 前篇  2017-6-28φ(..〃)

最初の観光は世界遺産の至聖三者聖セルギイ大修道院

1日目 中部国際空港→ソウル経由→モスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港
2日目 モスクワ
      セルギエフ・ボサード
      アルバート通りとノヴォデヴィチ公園
3日目 モスクワ
      赤の広場とクレムリン
      モスクワからサンクトペテルブルグへ列車の旅
4日目 サンクトペテルブルグ
      ピョートル夏の宮殿
      エカテリーナ宮殿
      聖イサク大聖堂と街の散策
5日目 サンクトペテルブルグ
      市内観光
      エルミタージュ美術館
5・6日目  プルコヴォ空港→ソウル経由→中部国際空港
      帰国とお土産     

セルギエフ・ボサードは町の名前で、セルギイ修道院を中心にできた地方の古都です。
ロシアの宗教はロシア正教会で、歴史を調べたら複雑で断念。
ガイドさんは確かギリシャ正教会から来ていると言っていたように記憶しています。

セルギエフ・ボサードはモスクワの郊外にあって、その近くにはいくつかの
古い宗教都市が点在し、それらを結んで黄金の環といいます。
セルギエフ・ボサードはその中でモスクワに一番近い街です。

普段はいつも渋滞があって1時間30~40分かかるそうですが、
今日はロシアの祝日で道がとても空いていてなんと40分で到着。
ガイドさんが新記録です!と言ってました^^

ロシア (25)

ガイドさんが時間に余裕があるので、修道院を一望できる丘へ案内してくれました。

ガイドさんですが、ロシア人の40代くらいの女性です。
日本に10年住んでいたそうで、日本語も上手くてロシアの事はもちろん、
日本についても博識で、エリートだな~と思わせる人でした。

この人が凄いのは年代の説明を日本の時代で教えてくれること。
「日本では鎌倉時代ですね」みたいに。
分かりやすいですよね、日本に置き換えてもらえると。
このガイドさんのおかげで、断然旅が面白くなりました。

歴女のOさんはシベリアンハスキーみたいな人と言ってました。
なんか、わかる~そんな感じ~
また、ガイドさんは祖国に誇りと愛情を持っているのを感じました。

ロシア (23)

展望台で死んだように寝ていた犬。

ここは団体観光客があまり来ないようで、個人旅行者が数人だけで、
犬ものんびり昼寝ができるわけです。

ロシア (24)

犬はどうやらこの絵描きさんのペットみたいです。

ロシア (26)

モスクワからの道中、ガイドさんがずっとこの修道院について
詳しく説明をしたくれたんですが、ロシア正教会についての予備知識がなくて、
残念ながらあまり理解できませんでした><

キリスト教とはいえ、かなり違うんですね。

ロシア (29)

入口。
修道院は城壁みたいな建物にぐるっと囲まれています。

駐車場にはずらっとバスが並び、ゲート前にはさまざまな人種がうじゃうじゃいます。
やっぱり多いのは中国人かしらね。

ゲート前で4人のおじさんが民族衣装で演奏をしていましたが、
私たちを見つけると君が代を演奏してくれました。
ちゃんと日本人ってわかって日本の歌を演奏してくれるって嬉しいですね。

ロシア (27)

観光客の入口はここだけなのか、大混雑です。

個人で行くと入場チケットと写真を撮りたい場合は写真チケットもいるそうです。

ロシア (28)

ロシア正教会では聖堂などに書かれた宗教的な絵を「イコン」といいます。
初耳の言葉です。
新しい言葉をインプットすると脳がちゃんと理解するまでパニック状態になります。

40分間のガイドさんの話ですでに本日の脳の記憶容量はパンクです。
もう、無理です><

ロシア (30)

いよいよ入場です。すごい人です。

ロシア (31)

綺麗ですね~この下をくぐって行くのですが、
そこにはたくさんのイコンが描かれています。

ロシア (33)

ガイドさんが描かれた場面について説明してくれたんですが、
残念ながら舞い上がってしまって何も覚えていません^^;

ロシア (34)

多分、このセルギイ修道院の歴史を描いていたと思います。

ロシア (36)

この修道院の始まりは1345年、修道士セルギイが聖堂を建てたのが始まり。

荒れた荒野に一人の坊さんがやって来て草庵を結んで修行したわけですな。
で、彼を慕う修行僧が集まり、だんだん大きくなっていきましたとさ。
彼らは400以上の修道院を建設し、中世ロシアに多大な影響力を持っていたそうです。

聞いたことあるような話です。
さながら高野山か比叡山かって所ですかね?

ロシア (38)

まずはトラペザ聖堂へ入場。
女性はスカーフで髪を隠し、男性は脱帽します。

ロシア (39)

この立派な聖堂は食堂なんだそうです。
大きなお寺にもあるよね、食堂。
やっぱり宗教ってどこか似てくるんもんなんですかね?
いっぱいお堂を建てる所も似てるかも。

ロシア (40)

こちらの絵はモザイクです。
ロシア正教会ではモザイクがたくさん使われているそうです。

ロシア (43)

すごい豪華!
セルギイの永眠後三百年を記念して、1686年から92年にかけてトラペザ聖堂が建設されました。

ロシア (44)

中も豪華。

ロシア (45)

トラペザとは食堂の意味で、建物の東側は教会として使われ、
西側はダイニングルームとして使われたそうです。

ロシア (47)

どっちが東か西か、分からないけど、装飾を見るとわかります。

ロシア (48)

こちらが教会側。
金ぴかピンで綺麗なんですけど、人でいっぱいで近づけません。

ロシア (49)

この後、2つの聖堂に入れてもらえました。
長くなってしまったので前後編に分けます。

セルギエフ・ボサード 後編へつづく。

<< おそロシア見聞録2        ロシア4 セルギエフ・ボサード 後編 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ




スポンサーサイト



theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : ロシア モスクワ セルギエフ・ボサード 黄金の環 ロシア正教会 イコン セルギイ

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示