湖南の山寺を巡る 5

六角氏城跡の和田神社  2017-5-5参拝  2017-5-29

本日のコース
金勝山阿弥陀寺→金勝山金勝寺→こんぜの里 大野神社→
功徳円満山西応寺→和田神社(少菩提寺跡)→円満山菩提禅寺→
大乗山正福寺→雲照山妙感寺→花蔵山園養寺→龍護山大池寺

和田神社。

少菩提寺建立の折、裏鬼門封じとして勧請された祇園天王社が始まりです。
なので創建は少菩提寺と同じ天平3年(731年)です。
ちなみに鬼門封じは八王子神社で今回行ってないですが現存します。

かつてはこの場所に谷城がありました。
信長と敵対した六角氏の配下の城でした。
なので、白はもちろん少菩提寺も和田神社も兵火で焼失しました。


西応寺から細~~~い道を行きます。
子供の頃、近所にあったような昭和チックな雰囲気の道です。

湖南山寺 (116)

懐かしい景色を留めつつも若い人が家を直したりして住んでいるようです。
後で知りましたが、この菩提寺地区は人口が増えているそうで、
地図を見ると周りに団地がたくさん出来ています。

湖南山寺 (86)

西応寺もですが、和田神社も山の麓と言うか、中腹にあります。
つまり、集落の一番奥です。

湖南山寺 (87)

人口が多いと言う事は氏子も多いんでしょうね。
なんか神社が整備されて、新しいです。

湖南山寺 (94)

頑張れば読めますよね?

江戸中期にこの谷城後へ遷座したと書いてあります。
それまではどこにあったんでしょうか?

和田神社と言う名前は再建に尽力したおじいちゃんの名前なんですね。
村人が感謝したってことですね

湖南山寺 (88)

拝殿。

谷城は上城と下城があったそうです。
和田神社の場所は居館があったと思われるそうです。
どこかに井戸が残っていたらしいです。

湖南山寺 (89)

祭神は素盞烏命またの名を牛頭天王。

湖南山寺 (90)

読めないよ、なんの石かな?
撫でるのか、持ち上げるのか、、、どっちかだと思うけど。

湖南山寺 (92)

亀。

境内の様子をちゃんと撮った写真がないですーー;

湖南山寺 (93)

良弁僧正と翁(素盞烏命)と亀の伝説があるんですね。
亀が淵は今でもあるのかな???

湖南山寺 (95)

木々の間から町が見えます。
野洲川の向こうは旧東海道の石部宿です。
その向こうの山は阿星山で国宝の常楽寺、長寿寺があります。

ここら辺は聖武天皇が紫香楽宮の鎮護の為、山と言う山に寺を建ててます。
現在は小さなお寺でも歴史は古く、かつては大寺だった所が多いです。

 和田神社 湖南市菩提寺1806

湖南山寺 (115)

かなり離れた県道27沿いに和田神社の駐車場がありました。
2台くらいしか停められませんけど。そして、かなり遠いですけど^^;

写真の右側が駐車場です。
左に見える看板は菩提禅寺への案内板です。
この駐車場は菩提禅寺から帰ってくる時に見つけました^^

次は菩提禅寺へ行きます。

<< 湖南山寺4 功徳円満山西応寺           湖南山寺6 円満山菩提禅寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 少菩提寺 菩提寺 和田神社 素盞烏命 佐々木六角

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示