桜散る三井寺 5

三井寺の中心 金堂 2017-4-15参拝  2017-5-5

本日のコース
瀬田の唐橋→(京阪電車)→長等神社→三井寺(園城寺)→
円満院門跡・大津絵美術館→お昼(そば)→大津歴史博物館→
三井寺→三尾神社→京阪電車にて瀬田の唐橋

国宝の金堂、三井寺の由来となった閼伽井屋と霊泉、
そして近江八景のひとつ三井の晩鐘を吊る鐘楼。
どれも桃山時代の建築で閼伽井屋と鐘楼は重要文化財です。

ご本尊の弥勒菩薩像は天智天皇の念持仏です。
絶対秘仏の為、誰も見たことがなく写真もないので、どんな像なのかは不明です。

私たちは順路とは逆回りで来たので、弁慶の引き摺り鐘から来ると、
金堂の裏側から来ます。

三井寺 (132)

金堂の裏側には閼伽井屋があります。重要文化財。
桃山時代(慶長五年 1600)に北政所によって建立されました。

この中に三井寺の名前の由来となった霊泉があります。

三井寺 (127)

「閼伽」とは仏前などに供える水のことで、閼伽を汲むための井戸を「閼伽井」といいます。

古記によると、この泉に九頭龍神が住んでいると伝えられています。
年に十日、夜丑の刻に姿を現わし、金の御器で水花を金堂の弥勒に供えるので、
その間は泉のそばに近づいたり、覗いて見るなどの行為は禁じられていたとされています。

三井寺 (126)

天智・天武・持統と三人の天皇の産湯に使われたことが三井寺の名前の由来です。

てっきり「三人が使った井戸」で三井なんだと思ったら、
位の高い人が使う井戸を「御井」と言うことから来ているそうです。

庶民の安易な考えとは違うんだなーー;

三井寺 (125)

今もゴボッゴボッと水が噴き出している音がします。
滾々と湧き出すと言うイメージとは違う音のような気がします…

三井寺 (152)

彫刻で飾られた建物ではないですが、龍の棲家らしく龍の彫刻があります。

この龍、あの左甚五郎の作と言われています。
昔、この龍が夜な夜なびわ湖に出て暴れたため、困った甚五郎が自ら龍の目玉に
五寸釘を打ち込み静めたと伝えられています。

五寸釘、打ってある?

三井寺 (122)

昔は日本最古の庭園があったそうです。

三井寺 (123)

取り敢えず、石の写真を撮りました。
閼伽井の横にあるってことは、この霊泉も庭園を流れていたのかもしれませんね。

三井寺 (143)

金堂。国宝 桃山時代(慶長四年 1599)
豊臣秀吉の正室 北政所によって再建されたお堂です。

三井寺の中興の祖は円珍さんですが、創建はと言いますと。。。
壬申の乱で天武天皇に負け命を落とした弘文天皇の子供の大友与多王が、
父の菩提のため、天智天皇所持の弥勒像を本尊とする寺の建立を発願しました。

三井寺 (146)

天武天皇は、朱鳥元年(686年)この寺の建立を許可し、「園城寺」の寺号を与えました。
「園城」という寺号は、大友与多王が自分の「荘園城邑」(「田畑屋敷」)を投げ打って一寺を
建立しようとする志に感じて名付けたものだそうです。

三井寺 (144)

金堂前に鎮座する石灯籠。

三井寺 (145)

読めますかね?

大化の改新で蘇我一族を滅ぼした天智天皇は罪障消滅の為、
自らの左の薬指(無名指)を切り灯籠の台座の下に納めたと伝わります。
別名 無名指灯籠。

天智天皇が開いた近江大津京はすぐ近くです。

三井寺 (147)

金堂は堂内に入ってお参りできます。

ご本尊は絶対秘仏の天智天皇の念持仏で、誰も見たことない弥勒菩薩です。
さらに推古天皇、聖武天皇、陽成天皇、藤原鎌足、藤原道長、行基菩薩が奉納した
六躯もの弥勒菩薩がお祀りされているそうです。こちらも多分、秘仏。

内陣をぐるっと回れます。秘仏ではない仏像にたくさんお会いできますよ。

三井寺 (151)

金堂の外回りもぐるっと回りました~
裏側には閼伽井屋があります。
高い位置から見れるので、左甚五郎の龍がよく見えます^^

三井寺 (155)

うーん、読みにくい~~~

金堂は北政所の再建ですが、実はその前の金堂が現存します。
なんでも豊臣秀吉の怒りに触れ、闕所(寺領の没収、事実上の廃寺)を命じられ、
本尊や宝物は他所へ移され、金堂をはじめとする堂宇も強制的に移築されました。
で、金堂は比叡山に移され、延暦寺転法輪堂(釈迦堂)として現存しています。

ちなみに秀吉は自らの死の直前になって三井寺の再興を許可したそうです。

三井寺弥勒

金堂で頂ける御朱印。

次は近江八景の一つである「三井の晩鐘」です。
金堂の横にあります。

三井寺 (134)

鐘楼は重要文化財で桃山時代(慶長七年 1602)に建立されました。

三井寺 (135)

一回300円で鐘を撞くことができます。お金は隣の受付で払います。

Tさんによると、3年ほど前は50円だったそうです。
鐘を撞くのが大好きなTさんはちょっと残念がっていました。
2回撞きたかったそうです^^;

三井寺 (138)

現在の梵鐘は慶長7年(1602年)の鋳造で、平等院鐘、神護寺鐘と共に
日本三名鐘に数えられています。音が良いことで有名です。

三井寺 (137)

さあ、鐘を撞きますよ!まずは私から^^
撞木(鐘を撞く木)がとても重くて、力一杯引いて撞いたつもりが
鐘まで届かず。。。もう一回力を込めて  ゴーーーーーン  なんて良い音、すてきな響き。

次はお待ちかねのTさん。
Tさんもなかなか鐘に到達せず。えい!と力を込めたけど、
鐘をかすった感じで小さな音で コーーン、、、Tさんショック!!。゚(゚´Д`゚)゚。

悩んだ末、もう一回撞く!と300円を握りしめ受付へ。
受付の方のご厚意で、無料でもう一回撞かせてもらえることになりました。
ゴーーーーーン 今度は良い音で鳴り響きました。

受付の方にお礼に行くと「良い音でしたね」と言って頂けきました。
Tさん、良かったね^^

三井寺 (139)

龍の化身である蛇を助けた漁師と龍の話です。

三井寺には龍にまつわる伝説がたくさんあります。

鐘を撞いて満足したら次は釈迦堂へ行きます。

<< 三井寺4 唐院エリア          三井寺6 釈迦堂と山門 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ



スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 三井寺 金堂 国宝 閼伽井屋 弥勒菩薩 天智天皇 絶対秘仏 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示