桜散る三井寺 1

瀬田の唐橋から三井寺へ  2017-4-15訪問  2017-4-19

本日のコース
瀬田の唐橋→(京阪電車)→長等神社→三井寺(園城寺)→
円満院門跡・大津絵美術館→お昼(そば)→大津歴史博物館→
三井寺→三尾神社→京阪電車にて瀬田の唐橋

ずっと行きたかった滋賀の三井寺へ行ってきました。
旅の友は社寺友のTさん。

まずは三井寺から遠いけど瀬田の唐橋。
いつからあったのか分からないくらい昔からある瀬田川にかかる橋。

交通の要所であり、幾度となく歴史の舞台となった橋です。

唐橋から三井寺まではけっこう距離があります。
大津市街はいつも渋滞しているイメージがあったので、唐橋まで車で来て
ここから京阪電車に乗ることにしました。

私は初めて(多分)瀬田の唐橋に来たので、唐橋も見学。

三井寺 (3)

瀬田の唐橋は県道16号です。
やっぱり交通量は多いみたいです。

三井寺 (4)

1889年(明治22年)まで瀬田川にかかる唯一の橋でだったそうです。

三井寺 (5)

右に見えるのは中島で、唐橋は二段構えになってます。

三井寺 (6)

なんか、カメラの設定がおかしくなってるみたいで、
白の部分がギラギラして、見にくいです><

この説明も全く読めませんーー;
俵籐太こと藤原秀郷の大ムカデ退治伝説が書いてあります。

三井寺 (8)

藤原秀郷は弓の名手で平将門を討った平安時代の武将です。

彼が唐橋を通りかかった時、翁の姿の龍神が現れ、三上山に住む大ムカデを
退治してほしいと頼まれ、見事、弓でムカデの眉間を射抜き退治します。
龍神はお礼に米俵と巻絹、釣鐘などをくれます。

米俵はいくらでも米が出てくる打ち出の小槌的な代物です。
それで、藤原秀郷は俵籐太と呼ばれるようになります。

三井寺 (10)

釣鐘は三井寺に奉納します。
その鐘は今でも三井寺にあるんですよ。
「弁慶の引き摺り鐘」として残っているのが龍神のくれた鐘だそうです。
ちゃんと見てきましたよ!

三井寺 (14)

唐橋は神功皇后の時代にはすでにあったといわれ、壬申の乱、寿永の乱、承久の乱、
建武の乱など、いつも戦いの舞台です。

ここでたくさんの人が死んだかと思うとちょっと暗い気分になります。

三井寺 (13)

何も説明がなかったので、誰の像かは不明です^^

三井寺 (12)

さて、唐橋前駅から京阪電車に乗って三井寺に向かいます。

<< 石切6 興法寺          三井寺2 長等神社 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 史跡
genre : 学問・文化・芸術

tag : 滋賀 瀬田の唐橋 三井寺 瀬田川 ムカデ退治 京阪電車 俵籐太 藤原秀郷

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示