高田本山 専修寺 3

真宗高田派本山 専修寺                2013-7-20

高田本山、いろんな意味で予想以上にすごいです^^
お坊さんも汗をかきかき丁寧に説明してくれます。

御影堂に続いて如来堂です。
御影堂より小さいんですが、こちらが本堂になります。
なので屋根を二重にして高さを御影堂と同じにしたそうです。

高田本山 041

御影堂より小さいとはいえ、十分大きくて立派です。

高田本山 037

1748年に完成した重要文化財です。
資金集めから始まって30年の歳月をかけて完成したそうです。

この辺りは沼地で地盤が軟弱だったため、造営工事が難航したそうです。
言い伝えで人柱が立ったという話があったそうです。
勘六爺さんと言う人が自ら人柱になったと言う話です。
実際、礎石に年月と名前が彫ってあるんですが時期のずれもあり、
また命を尊ぶ仏教でそんなことは無いだろうと思われていたそうです。

しかし、御影堂に先立って修復工事をした際、
梁に墨書きが見つかり年月が一致して事実であったことが分かったそうです。
説明してくれたお坊さんも「まさか事実だったとはちょっとショックだった」と言ってました。

詳しくはHPに書いてありました。  高田本山 HP 如来堂ができるまで

高田本山 012

如来堂の中もピカピカです。
こんな表現しかできませんが、御影堂と同様に感動したんです。

御本尊は阿弥陀如来さんです。
HPに建物については詳しく書かれているんですが、
御本尊については書かれてないので、
いつの時代の仏さんとか誰の作とかわかりませんでした。

高田本山 016

如来堂も欄間の彫刻がすごいです。
アップはダメなのが残念です;;

ここからもう一人、見学に訪れたおじさんが加わりました。
次は御廟に向かいます。

高田本山 030

歴代上人のお墓です。
真ん中の立派なお墓が親鸞上人です。
親鸞上人の「歯」が納められているそうです。

御廟の手前には御廟拝堂があります。
唐門や透塀も含めて重要文化財です。

高田本山 034

唐門と透塀。
奥にあるのが御廟拝堂です。
今日は納骨が行われておりまして、中を見ることができませんでした。

高田本山 032

こちらもまた見事な彫刻があります。

高田本山 033

これは唐門の透かし彫りです。
唐門の戸にはこの様な見事な彫刻が施されていました。
これは幕末の花鳥画の名手 山本梅逸のデザインと伝えられているそうです。

残念ながら山本さんのことは知りませんが、すごいデザイナーだったんだろうな。

高田本山 035

これが透塀。なんかオシャレ~

次はですね~庭園と茶室です。
御影堂の後ろ側にあります。

高田本山 045

説明をしてくれたお坊さんと一緒に見学したおじさんです^^

高田本山 052

雲幽園(うんゆうえん)
回遊式のお庭と聞いていたので、京都でよく見るような庭園を思い浮かべていましたが、
うーん、想像とちょっと違う…

高田本山 051

この門をくぐったら江戸時代に行けそう^^

高田本山 053

石の橋を渡って…

高田本山 054

苔むした庭を進んでいくと…

高田本山 057

安楽庵があります。
江戸時代初期の茶室で千利休の長男 道安と信長の弟 有楽斎の合作と言われているそうです。
なので二人の名前を合わせて安楽庵^^;

高田本山 058

ますます時代劇っぽい。

高田本山 059

現在も年に数回、お茶会をするそうです。

高田本山 062

侘び寂びの世界です。

高田本山 063

世間から切り離されたような世界です。
街中にありながら雑踏が全く聞こえないと、言いたい所ですが、
高田本山には中学校と高校があり、お寺のすぐ隣なので
元気な学生の声が微かに聞こえてきます。

時間に取り残されたような静寂と生命溢れる若者の声となんだか不思議な空間です。

ついでに蚊とカエルと蝉の生命力も嫌でも感じます。

最後に宝物館の見学です。
ここには三重県では数少ない国宝が納められているんです。

親鸞 直筆の手紙や古文書です。
凄い物なんですが、残念ながら読めない…ああ悲しや…

高田本山 065

たくさん宝物があるので入れ替えているそうです。
私たちに分かり易い仏像とか絵の展示は今回はありませんでした。

こうして2時間半にわたる見学を終えたのでありました。
しかし、高田本山にはまだまだいろんな物がある。
それは分かっているんだけど、暑さもあってちょっと疲れた私たち><

高田本山 067

こちらは太鼓門。重要文化財
明治になるまで時間を知らせる太鼓を打ってたそうです。

高田本山 068

太鼓番の人はこの門に住んでいたそうですよ。

高田本山 070

鐘楼。
大晦日にはたくさんの年越し参りの人々が金を打つそうですが、
百八つではなく、人数分打つそうですので、延々鐘が鳴り響くらしいです^^;
良いのか悪いのか、、、でも万人平等に打てるってきっと良いんでしょうね。
だって、私も打ってみたいもん。

高田本山 043

こんな立派な燈籠もいくつもありました。
これ、すごく大きいんです。
細工も細かくて綺麗です。
年月日や造った人や寄贈した人の名前も書いてあったように思いますが、
いっぱいあり過ぎて良く見ていません><

高田本山 071

こうして高田本山を後にしました。

帰り道、Tさんと「なんで今まで来なかったんだろう?勿体ない事だよね」と話しました。
伊勢の国には、まだまだ知らずに損している物がいっぱいあるんだろうな~

高田本山には今度はお祭りの時に来たいです!

真宗高田派本山 専修寺 HP

    << 高田本山 専修寺 2

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 一身田 高田本山 専修寺 親鸞 重要文化財 安楽庵

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示