ジャンボ干支の辰水神社

ジャンボ干支の辰水神社 2017-1-3参拝 2017-1-23

地方の小さな神社は普段は無人です。
しかしお正月には人がいると言うことにやっと気が付きました^^;

今年は津の山里の神社へ初詣巡りに行ってきます。

本日のコース
辰水神社→枇杷ヶ谷地蔵→高宮神社→射山神社→金龍山青巌寺

年末に津のグリーンロードという山の麓を南北に走る広域道路を走っていた時、
「ジャンボ干支 辰水神社」と言う看板が目に入りました。
お正月に連れて行って欲しいとすぐに相方に頼んだのでありました。

辰水神社は伊賀街道と交差したグリーンロードを少し北へ行った所にあります。
現在は津市ですが、平成の合併前は美里村、その前は辰水村でした。

津の山里 032

辰水神社は辰水村の氏神様みたいです。
予想以上にたくさんの初詣客がくるようで、臨時駐車場が数カ所用意してありました。


津の山里 033

神社の入口で噂の(?)ジャンボ干支が迎えてくれます。
田舎のおじいちゃん家にやってきた孫たちと記念撮影がされていて、
大賑わい^^; なかなかジャンボ干支をくぐって境内に入れません。

でもみんな、いい笑顔ですよ~幸せですね、日本は。

津の山里 049

もちろん、私は始めてきたんですが、これまた予想以上の干支の出来栄えにビックリ。
「ジャンボ干支!」と宣伝?するわけだわ。

津の山里 035

そしてもう一つ予想外、急な長いつづら折れの石段。
小さな子供も老人も「がんばれ、がんばれ」と家族で励まし合って登っています。

津の山里 036

二の鳥居。先は長かったです・・・

津の山里 047

中間地点辺りの何かの跡。
石段があって平らな土地があるので、末社があったのかな?

津の山里 046

古い山の神だけが祀られていました。

津の山里 044

最後まで急な石段でした。。。

津の山里 043

神社の建物は平地が狭いようで、わりと階段ギリギリに建っています。
人がたくさん押しかけたら大混雑になるんじゃないかな?

地元の人ばかりなら、そんな心配はいらないのかな?
私見たいなのは少ないのかしら?

津の山里 040

お参りをします。
この時は祀られている神様の名前を見たんですが、忘れてしまったんです。
いつもは由緒書を写真に撮るので、ああ~と思い出すんですが、
見落としたのか、無かったのか、由緒書の写真がありません。

神社庁のHPによると鵜草葦不合尊・多紀理比賣命・多氣津比賣命が祀られています。
鵜草葦不合尊は神武天皇のお父さんです。

津の山里 038

本殿の端っこの授与所で御朱印は頂けたんですが、由緒書はありませんでした。

で、ネット調べようと思ったら、ジャンボ干支のことしか書いてないし。
由緒が全く分らずじまいです。

辰水神社朱印

御朱印。
「心」という文字が印象的です。

津の山里 041

拝殿の横から裏へ回ると「どんど火」がありました。
どこの神社でもどんど火の回りには人が集まりますね^^

神社の由緒が分からないので、辰水村について調べてみようと思ったんですけど、
これまたネットでは出てこない~
何かヒントはないかと、地図を見ると家所城跡(いえどこじょうあと)を発見!

津の山里 037

参道からチラッと見えた辰水の村。

家所城は家所氏のお城。
家所氏はこの辺り一帯を鎌倉時代から戦国時代まで治めた長野氏の一族。
織田信長に敗れ、統治は終わりを告げました。
と、そんなことしか分りませんでした。

津の山里 048

神社の向かいの山がかつての家所城のようです。
辰水村にはお寺や地蔵堂がいっぱいあります。
その昔はけっこうな城下町だったのかも。

津の山里 050

この山の木の少ない所が神社です。
結局、神社の由緒はわかりませんでした><

 辰水神社 三重県津市美里町家所1941

次は「経が峯」と言う山の中にある枇杷ヶ谷地蔵へ行きます。
平安時代には七堂伽藍が建ち並んでいたと言う寺跡です。

<< 平家六代の墓(松阪市嬉野)         枇杷ヶ谷地蔵(津市) >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 津市 美里 辰水 辰水神社 朱印 ジャンボ干支 家所

comment

Secret

辰水神社

辰水神社ってねえ
僕の高校時代の通学電車仲間の一人がこの神社の子でした

確か生徒名簿の住所が神社になっていたと思います
父さんを亡くしていたので 多分父さんが生きてられた時に宮司さんだったのだろうと思います

彼も宮司になるつもりでいたんでしょうけど
高校時代に慌てて車の免許を取って
運転ミスで競艇場の近くの海に沈んで逝ってしまいました

神社とは関係ない話になってしまいましたが
神社の名前みて真っ先に思い出しました

彼のことを知ってる人ももうほとんどいません
久居の街中の小学校で校長をしているBB君くらいです 
その彼もこの3月で定年退職です
そんなに歳月が流れました

立派な神社になっていて嬉しいです

Re: 辰水神社

こんにちは。

ご友人、若くして亡くなれたのですか。
悲しいですね。

主婦の立場から思うのは、ご主人を亡くされて、
その上、これからと言う時に息子さんを亡くされて、
ご友人のお母さんはどんな思いだったのだろうと
感情移入すると泣けてきます。

私が行った時、辰水神社は地元の人がお手伝いにたくさん来ていて、
ブログにも書いたとおり、たくさんの人がお参りに来ていました。

地元に愛される氏神さんだと思います。

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示