FC2ブログ

六道の辻9 六道珍皇寺

冥界への入口 六道珍皇寺 2016-11-26参拝  2016-12-20

今回のコース
六波羅蜜寺→西福寺(六道の辻)→愛宕観音堂→市村一房堂(浮世絵)→
摩利支天堂(禅居庵)→建仁寺→京のおばんざいランチ→六道珍皇寺
八坂の塔(法観寺)→安井金比羅宮→吒枳尼天豊川稲荷→
京都ゑびす神社→若宮八幡宮(陶器神社)

大椿山 六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

六道珍皇寺といえば小野篁の冥土へ通じる井戸が有名です。
今回はこの井戸を含む寺宝の特別公開にあわせてやって来ました!

なんで小野篁にはこんな不思議な伝説があるんでしょうね?
室町時代にはすでに伝説として定着していたらしいです。

建仁寺からランチを食べに松原通の六道の辻付近まで戻ってきました。
六道の辻には次の目的地、六道珍皇寺があります。

六道の辻 136

松原通にある山門。

何度も書いてますが、この辺りが六道の辻。
平安京の葬地であった鳥部野(鳥辺野)の入口にあたり、
この世とあの世の境であった所です。

六道の辻 137

このお寺は六道参りが有名みたいで、8月13日から16日の五山の送り火に終る
盂蘭盆(うらぼん)の前に8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を
迎えるためにお参りするのだそうです。

六道の辻 139

境内はそんなに広くは無いです。
お堂も少ないように思います。
昔は大寺院だったそうですが、やはり兵火により焼失したそうです。

六道の辻 138

閻魔堂(篁堂)
ここのお堂に篁作とも言われる閻魔大王座像(平安時代)や、
実物大と言われる小野篁立像(6尺2寸(180cm))が鎮座します。

撮影禁止でしたので遠くからです。

六道の辻 151

たくさんのお地蔵さん。
室町時代の石仏がたくあんあるそうです。
そういえば、六道の辻にあるもう一つのお寺、西福寺にも石仏がたくさんあったわ。

六道の辻 150

さあ、本堂へ特別拝観に伺います。
「冥土の通い井戸」も本堂の奥にあります。

拝観料600円。御朱印も頂けます。

本堂内もすべて撮影は禁止でしたので写真はありません。
ご本尊は薬師如来坐像。
薬師さんは重要文化財で平安時代の作で収蔵庫の中らしいです。

本堂にはいくつかの仏像をはじめ、地獄絵図や曼荼羅もいくつか見たように記憶しています。
「なかなか良かった」と言う印象は残ってるんですが、どんな仏像だったのか、
どんな曼荼羅を見たのか思い出せません><

六道の辻 141

お庭だけは撮影OKでした。

六道珍皇寺は奈良の大安寺の住持で弘法大師の師にあたる慶俊僧都(きょうしゅんそうず)で、
平安前期の延暦年間(782年〜805年)の開創であると伝わります。
しかし諸説あり定かではないです。

六道の辻 143

寺号についてもいろんな呼称があり、文献によって違ったりするそうです。
まあ、創建が違えば名前も違うってことかしら?

六道の辻 145

この奥に見えるのが「冥土の通い井戸」です。
小野篁が冥府へ毎晩通ったと言われる井戸ですね。

小野 篁(おの の たかむら、延暦21年(802年) - 仁寿2年12月22日(853年2月3日))
平安時代前期の公卿・文人。

文武両道にして巨漢(188cm)で、けっこう出世した人物です。
しかし異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称されました。

どうやらかなりの変人だったようですね^^;

六道の辻 142

小野篁は遣唐副使に命ぜられますが、上司と喧嘩して乗船を拒否し帰ってきます。
この後、遣唐使事業や朝廷を風刺する漢詩を作り、それが嵯峨上皇の怒りを買い
隠岐へ流罪となってしまいます。

この時、読んだ歌は百人一首に入ってます。

二年ほどして隠岐から帰ってくるんですが、その後も要職についてます。
きっと有能な人だったんでしょう。

六道の辻 144

井戸の中を覗いてみました。水がまだ湧いていました。
井戸の中の写真は何やら撮ってはいけない気がして、撮りませんでした。

ところで小野篁はなんで冥府の役人だったと言われているんでしょうね?
なんでも室町時代にはすでに定説となっていたそうです。

ある日、篁の恩人である藤原良相が病気で死に、閻魔大王のもとに来た時、
傍らに篁がいて、閻魔大王に助けて欲しいと頼んでくれたので生き返ることができた。

「江談抄」によると、藤原高藤も気を失い気がついたときに「閻魔王庁へ行ったが、そこには、第二の冥官として小野篁が座っていた」と話したといわれているそうです。

「江談抄」や「今昔物語」「元亨釈書」等にそういう逸話が書かれているらしいです。
それから篁が地獄の冥官であるという話は自然に世間に広まっていったそうです。

夢を見たんじゃないかと思うけど、「閻魔大王と一緒にいても不思議ではない人」と
みんなが思っていたってことでしょうね。
さすが「野宰相」。みんな彼を恐れていたのかも?

六道の辻 149

ここからさらに奥へ行きますと・・・

六道の辻 147

黄泉がえりの井戸です!
行きと帰りは井戸が違うとは知りませんでした。

ここもまだ水が湧いてました。井戸って暗いし深いし、なんか怖いです。
あの怖い映画のせいでより一層怖さが増しました。

六道の辻 148

「黄泉がえりの井戸」は平成23年に見つかったって書いてあります。
あら~最近ですね~

隣にはそばには篁の念持仏を祀った竹林大明神の小祠があります。

六道の辻 152

「黄泉がえりの井戸」は外の道に面しているのですが、
みごとにガードされ、外からは全く見えません。

六道珍皇寺1朱印

御朱印。

六道珍皇寺2朱印

閻魔大王の御朱印。

今日は特別拝観で金文字の御朱印もありました。
6種類くらいあって、エンジ色の紙の物もあって、でも一つ500円だったので、
閻魔大王だけにしました。。。

なかなか楽しい特別拝観でした^^
普通に来ると井戸も本堂も見れないので、特別拝観をお勧めします!

 六道珍皇寺 HP >>

次は人ごみを掻き分けて八坂の塔へ行きますよ^^

<< 六道の辻8 建仁寺 後篇           六道の辻10 八坂の塔 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト



theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 六道の辻 六道珍皇寺 小野篁 冥土の通い井戸 黄泉がえりの井戸 閻魔大王 冥府

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
シンプルアーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示