日本武尊の終焉の地 能褒野 

日本武尊の墓の能褒野神社 2016-10-22参拝  2016-11-9

能褒野神社は「のぼのじんじゃ」と読みます。

三重県亀山市にある神社です。
日本武尊の墓と言われる古墳が亀山・鈴鹿にいくつか存在しますが、
明治になって能褒野にあった王塚古墳を内務省が日本武尊の墓と決ました。

それまでは古墳しかなかったのですが、明治28年(1895年)に社殿が建立され、
「能褒野神社」が創建されました。

内務省は古墳の周りを調べただけで発掘はしていないそうで、
どうやって「ここ!」って決めたのか、決め手は何だったのか聞いてみたい所です。

すぐ近くに加佐登神社がありまして、神社の横に白鳥陵という古墳があり、
こちらが長らく日本武尊の墓と言われていました。
加佐登神社のご神体は日本武尊が死の間際まで持っていた笠と杖です。

加佐登神社は創建不明の古社です。
 加佐登神社 2013年の記事 >>
ブログを書き始めた頃に行きました。

のぼのと荒木 031

能褒野神社と古墳は公園にもなっています。
古墳の周りには外溝・外堤が巡らされていたそうですが、
現在あるのは明治に作ったものらしいです。

のぼのと荒木 033

公園の案内図はボロボロですが、駐車場は2箇所あり、トイレも完備されています。
ポケモンのジムとポケストップもあり、数人がスマホを手にして歩いてました^^;

のぼのと荒木 032

町興しにも一役買っているようです。

のぼのと荒木 001

池の水はキレイです。
神社やお寺の池の水って緑に濁ってて魚がいるかすらわからない所多いじゃないですか。
ここは水の流れがあるようです。

のぼのと荒木 002

近所の人がよく餌をあげるんでしょうかね、鯉が足音を聞いて集まってきます。
遠くから凄い勢いで泳いできます。
ごめんね~何も餌になるもの持ってないのよ~。

のぼのと荒木 003

こちらが神社への入り口です。

日本武尊とネットで検索すると、古事記と日本書紀に神話が載っているようで、
わかりやすくお話として書いてくれてあるのがいくつか見つかります。

彼の足跡には神社があったり、彼に因んだ地名が残っていたり
それらを巡るのも面白そうです。

のぼのと荒木 016

日本武尊は伊吹山の神に挑むのですが、敢無く返り討ちに遭います。
そして深い傷を負って大和の地を目指しますが、この能褒野で力尽きます。

伊吹山の三合目で遭難してからここまで、醒ヶ井(滋賀)で彼が腰掛けた石とか
水を飲んだ湧き水とか、四日市市采女の杖を突いて上った坂(杖突坂)とか
血を洗った所には御血塚もあり、彼の足取りがよくわかります。

のぼのと荒木 008

「三重」の由来も、彼が四日市辺りで「わが足三重の匂(まか)りなして,いと疲れたり」と
言ったのでこの地が三重になったとか。
「足が三重に曲がって疲れた」と言うことらしいですが、どんな状態?
どっちにしろ、あまりいい意味ではないですよね。

まあ、「三重」という地名が古くから残っていたので、そのまま県名にしたようです。

のぼのと荒木 009

本殿は見えませんが拝殿は普通です。

祭神はもちろん日本武尊。
配祀神に子の建貝児王(たけかいこのみこ)と妻の弟橘姫命(おとたちばなひめのみこと)

のぼのと荒木 010

この奥にも何かありますよ。

のぼのと荒木 011

式内社の那久志里神社。
他にも式内社の志婆加支神社など40社が合祀されたそうです。

のぼのと荒木 012

のぼのと荒木 013

水の神と山の神。

のぼのと荒木 005

公園というより雑木林になってしまっています。
ボロい東屋もあって造った当時は良かったんだろうなぁって感じです。

のぼのと荒木 004

彼の墓は4世紀末の古墳で前方後円墳、伊勢北部では最大規模です。
周辺には10数基の古墳がありそれを陪塚といい、大きい古墳に付随するものです。

墳丘表面からは鰭付円筒埴輪・器財埴輪などの埴輪片が発掘されてます。

のぼのと荒木 017

こんもりした山に立て看板があります。これが小さい古墳です。

のぼのと荒木 019

「陪塚い号」こんな立て看板がいくつかありました。
看板がないと素人にはわからん。

のぼのと荒木 028

確かにポコポコと小さな土の山はあります。

のぼのと荒木 020

どうやら整備計画はあるようです。
もうちょっと散策できるように、古墳もわかりやすいようにして欲しいですね。
できれば埴輪も並べて^^

のぼのと荒木 022

神社はこんもりとした森にあるわけですが、その森の縁を歩いて
日本武尊の墓へ行きます。
多分、古墳に沿って歩いているんだと思います。

のぼのと荒木 023

日本武尊は皇族なので、この古墳は宮内庁の管轄です。

のぼのと荒木 025

きっちり整備されていますね。
地元のおじいさんがお参りに来ていました。

のぼのと荒木 024

もうちょっと木を切って古墳って分りやすくしたらどうかなって思ったけど、
木を切ったらダメなんだね~宮内庁ですから。

のぼのと荒木 027

言い伝えでは明治以前の墳頂には何人もの人が入れる盗掘坑があったといい、
元々は竪穴式石室であった可能性が指摘されています。

もう一回盗掘坑から調査したらいいのに、ときっとみんな思っているだろうけど
管轄が宮内庁ですから。。。

のぼのと荒木 026

古墳の形はさっぱりわからずです。

日本武尊について調べて、現代に残る彼に纏わる数々の地名や場所が
身近にあってちょっとした感動を覚えていたところですが、、、

wikipediaを最後まで読んだら衝撃の事実が!!
日本武尊の実在の可能性はかなり低いと書いてあるではないですかΣ(゚д゚|||)

いろんな人のエピソードを集めて日本武尊と言う人物を作ったのでは?と
言われているそうですが、絶対いないとは言えないようだし。

伊吹山へ行ってこの地で死んだ誰かはいたんでしょうね。
それはそれで歴史ロマン~~~

 能褒野神社 三重県亀山市田村町1409

<< 宇治と八幡さん6 石清水八幡宮       石仏に会いに…中之瀬磨崖石仏 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 三重 亀山 能褒野 日本武尊 伊吹山 古墳 加佐登神社 鈴鹿 王塚古墳

comment

Secret

立派な神社ですねえ

驚きました
立派な神社なんですね

今は津市内に勤務してますが
その昔は鈴鹿山麓の丘陵の中に通勤していた時代があって
亀山市内の能褒野神社 の入り口は毎日通りました。

市川猿之助のヤマトタケルを初演(30年くらい昔じゃないか)でみて
この時代の歴史物語にも興味を持っていましたが
神社には寄っていなかったのですね

行きたくなってきたわ

Re: 立派な神社ですねえ

こんにちは^^

神社自体は新しいし普通なんですけど、
土地は広いしそれなりに行政が整備したので、まあまあです。

私は神社としては加佐度神社の方が古いし好きなんですけどね^^;

古墳を含めての今後の整備に期待してます。

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示