FC2ブログ

京都 世界遺産と御朱印の旅 3

世界遺産 石庭の龍安寺  2016-9-11参拝  2016-9-26

本日のコース 天龍寺→龍安寺→仁和寺

大雲山龍安寺 だいうんざん りょうあんじ。
「りゅうあんじ」ではなく「りょうあんじ」です。
ついさっきまで「りゅうあんじ」と言っておりました^^;

かの有名な石庭のある禅寺です。
華美ではなく白と黒の静かな侘び寂びの世界が広がるお寺。

1975年にイギリスのエリザベス女王が訪問し石庭を絶賛したことが
マスコミに報道され、世界に知られることとなりました。
現在は世界遺産として世界中から人々が押し寄るお寺です。

嵐山からわりと近い龍安寺。
仁和寺、龍安寺、金閣寺を結ぶ道を「きぬかけの道」と言います。

背後に衣笠山があり、第59代宇多天皇が真夏に雪見をしたく、
衣笠山に絹を掛けたと伝えられる出来事があるそうです。

が、命名されたのは平成3年です。意外と新しい。

バス・京都世界遺産 056

龍安寺は大きな駐車場があり、拝観者は1時間だけ無料です。
拝観料は500円です。

バス・京都世界遺産 057

山門から境内をずっと歩きます。
数十年前に来た時の記憶はほとんど無いんですが、こんなに歩いたっけ?
きっと歩いたんだろうな~

バス・京都世界遺産 078

庫裡から入ります。
日本人はもちろん、修学旅行生、外国人と入り混じってインターナショナル~

バス・京都世界遺産 058

入り口の飾られた書道の屏風。
外国の方はやっぱり「おお~~日本的!」って思うんでしょうか。
私はおお~日本的~って思いましたけど^^;

バス・京都世界遺産 071

いざ!!石庭へ! 人、多い ーー;

この写真の時は少し人が減ったんですが、入ってすぐの時は、
拝観者が三重くらいに縁側に座っていてびっくりでした。
後ろの人は庭見えないだろう、って思うくらい。

人は多いだろうと思っていたけど予想以上でした。
ただ、日が当たって暑いので回転は速いです^^;

バス・京都世界遺産 073

この庭には大小15個の石が配置されています。
きっと深い意味があるんだろうけど、残念ながら私の感性では????

実は作庭者、作庭時期、意図ともに諸説あって不明なんです。
諸説あるということは、自分なりに解釈すれば良いって事ですよね。

しかしどう解釈していいのかさえも????

バス・京都世界遺産 069

龍安寺のHPを見ると石庭にかかわる「4つの謎」があるそうです。
作庭者と「小太郎・□二郎」という刻印と遠近法と土塀。
行こうと思う方は読んで行くといいかも。

私は読んだけど結局、悟りの境地には達せず。

バス・京都世界遺産 072

15個の石ですが、どこから見ても一つだけ、石に隠れて見えないように作られているそうです。
東洋では「15」という数字は完全を表す数字だそうで、石庭は「不完全」を現すんですって。

「不完全」は何を意味するんでしょうね?
数十年前に石庭を訪れた時、京都の知人が、
「石庭をずっと眺めていると、一つ無いはずの石が見えてくる。
それが自分の石なんだって。」と言っていたのを思い出しました。

自分の石は今回も見つけられず・・・

バス・京都世界遺産 074

石庭の昔の絵図。
この他にも石庭の模型もありました。

バス・京都世界遺産 066

方丈。

石庭は方丈の部屋から立って眺めるために造られた庭です。
部屋のどこかに一点だけ15個すべての石が見れる場所があるそうです。

バス・京都世界遺産 068

禅寺らしい落ち着いた水墨画のような襖絵。

実は明治の廃仏毀釈まで狩野派の襖絵があったそうです。
残念ながら散逸してしまい、現在の襖絵は昭和30年頃に皐月鶴翁が描いたものです。

もしかしたら美しい彩色の襖絵だったかもしれませんね。

バス・京都世界遺産 067

私の好きそうな龍の襖絵は、ちょうど開いていて「ぐるぐる」しか見えませんがな;;

バス・京都世界遺産 075

こっちは「手」しか見えない~

バス・京都世界遺産 077

方丈の西側の庭。

こっちは涼しいからか、みなさん腰を落ち着けて庭を眺めてます。
みなさん、ここに来たらとにかく庭を眺めるのが責務のようです^^;

バス・京都世界遺産 065

こちらは石庭の反対側の庭。
ここも涼しいです~なんか昼寝してるような外国人もいるよ。
それだけ寛げる空間って凄いかも?

バス・京都世界遺産 059

こちらの庭には侘助椿(わびすけつばき)があります。

桃山時代に「侘助」という人物が朝鮮から持ち帰ったそうです。
秀吉が絶賛し、利休も眺めた椿は樹齢400年です。

バス・京都世界遺産 063

そして徳川光圀の寄進とされる蹲踞(つくばい)。
でもこれはレプリカ。本物は茶室にあります。非行開;;

バス・京都世界遺産 064

この蹲踞。四方向に字が書いてあるのはわかりますか?
真ん中の四角を「口」と読んで「れ、だ、ることをる」と言う格言を図案化したものです。

そう言われると四つの漢字が見えてくるでしょ^^b

バス・京都世界遺産 079

方丈から出て境内を散策します。

外から勅使門が見えます。重要文化財。
寛政9年(1797年)の火災で方丈、仏殿などが焼失したため、
塔頭の西源院から方丈と共に移築されました。

エリザベス女王はこの門から入って石庭を鑑賞したそうです。

バス・京都世界遺産 082

納骨堂。

そう言えば御本尊はどこ?と思うでしょ。
実は方丈の隣に仏殿があったんですが、非公開で近づくこともできず ><

バス・京都世界遺産 088

鏡容池(きょうようち)

大きな池ですがこちらは池泉回遊式庭園です。
平安の時代、ここは徳大寺家の別荘で、貴族が龍頭の舟を浮かべて
雅楽などを聴きながら優雅に遊んでいたわけです。

バス・京都世界遺産 087

この地には永観元年(984年)に建立された円融天皇の御願寺である円融寺がありました。
その後、徳大寺家の別荘になり、宝徳2年(1450)細川勝元が寺地として
譲り受け龍安寺を創建します。

応仁の乱で焼失、そして復興。寛政9年(1797年)の火災で焼失、塔頭の西源院から移築。
明治の廃仏毀釈で衰退するが、エリザベス女王の訪問を機に復活。

バス・京都世界遺産 085

弁天島の弁財天。

木が茂りすぎてここから池の様子は見えません。

バス・京都世界遺産 086

弁天堂に置かれた小石。
誰かが置いたのをみんな真似してこんなになったんだよね。

願掛けでしょうけど、真似した人はとにかく置いているだけだと思う^^;

バス・京都世界遺産 080

龍安寺は石庭のイメージしかなく、こんなに緑いっぱいのお寺とは知りませんでした。
石庭ももちろん良いんですが、池の周りをのんびり回るのもまた、いとをかし。

 龍安寺 HP >>

龍安寺

龍安寺の御朱印。

オリジナルの御朱印帳もありましたよ。

<< 京都 世界遺産バスの旅2 天龍寺     京都 バスの旅4 仁和寺 前篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 世界遺産 龍安寺 石庭 朱印 バスの旅

comment

Secret

かたつむり?

こんにちは。いつもお世話になっております。
おや、お姉さまにしては少ない…と思ったらバスでしたのね。

見てもわからないあのお庭は、きっと人を拒むために作ったんだわ!っとかお馬鹿な事ばかり考えてしまいます。

まぁ、おっきなかたつむり♪の絵は、龍ですか!おほほほほ。
襖絵は開けてあるとわからないですよね。いつも悔しいです。

つくばい。見えましたよー!文字が見えました!

寛、永、通、宝。

だめかしら?

Re: かたつむり?

こんにちは^^

実は「この庭を理解できる人」はほとんどいないだろうと
秘かに思っています。

かたつむりって言われたら、かたつむりに見えてきましたよ。
つくばいもあの形を見ると思い浮かぶのは寛永通宝だよね~

何だかんだと見所の多いお寺ですね。

バス旅行はゆっくり見れないからって思ってたけど、
一回行くと次に行く時、何かと役に立つんだよね。

どうせ見忘れたーとか言って、又行きたいって言うんだもんね。
一回で全部見ようというのが間違っていると気付きました^^;


FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示