京都 世界遺産と御朱印の旅 2

夢窓国師の開山の天龍寺  2016-9-11訪問  2016-9-23

本日のコース 天龍寺→龍安寺→仁和寺

天龍寺は正しくは霊亀山 天龍資聖禅寺(れいぎざん てんりゅうしせいぜんじ)。
臨済宗天龍寺派大本山。

夢窓国師作の美しい庭園が有名です。
また、天龍寺建立の資金を調達するために貿易をした天龍寺船も有名です。
そういえば聞いたことあるよな天龍寺船、って感じなんですけどね^^;

かつては毎日のように天龍寺で映画のロケが行われていたそうです。
冬には毎年雪が降るので忠臣蔵の雪中討ち入りの場面の撮影がよく行われたんですって。
現在は映画のロケは断っているそうですが、昔の時代劇をよーく見てみると
天龍寺がいっぱい写っているかも。

バスは10時半前に天龍寺に着きましたが、すでに拝観者がたくさんいます。

天龍寺での拝観は1時間30分。
その間に写経もします。

バス・京都世界遺産 053

写経は数十年ぶりの二回目で結構楽しみなんですが、拝観もたっぷりしたいです。

バス・京都世界遺産 001

御朱印と拝観はここの受付でお願いします。
バスツアーは書置きの御朱印にして下さいと言われていますので、
後でバスの中で御朱印を頂きます。

バス・京都世界遺産 002

庫裏から入ります。

バス・京都世界遺産 003

見たことある達磨さん?の絵。

みなさん、思うことは同じで早く写経を始めたいようで、急いで中へ入っていきます。
しかし、どこで写経をするのかわからない。
みんなウロウロ。そのうち、どこだー?!と文句を言い始める^^;

バス・京都世界遺産 006

大方丈。ここから夢窓疎石作の池泉回遊式庭園が見えます。
軒下にずらっと人が並んで庭を見ているのがわかりますか?
特に欧米系の人がじっと庭を鑑賞していました。

バス・京都世界遺産 015

大方丈の辺りで写経会場を探したけど見つからず。
結局、庫裏に戻ってから、みんな揃ってからお寺の方に先導されてずっと奥の方へ。

バス・京都世界遺産 020

こんなに遠いとはお釈迦様でも知りますまい^^;ってくらい遠かったです(ちょっと大袈裟)

バス・京都世界遺産 008

大方丈、小方丈を抜けて長い渡り廊下を渡って辿り着いたのは多宝殿。
奇麗なお堂でお坊さんの注意を聞いて写経を始めます。

バス・京都世界遺産 009

筆ペンだろうと思っていたら、ちゃんと筆と墨で書きます。
初めてでも大丈夫、うすーく印刷してあるのをなぞって書きます。

バス・京都世界遺産 013

お坊さんから上手に書くことが目的ではありませんので、精神統一しながら気持ちを込めて、と
お話がありましたが、早く書かないとって思いがあって集中できない~
しかも、障子一枚向こう側を拝観者がどたどた歩くんですよ。
他のツアーのガイドさんの説明をついつい聞いてしまう始末。

バス・京都世界遺産 012

出来上がった私の経は雑だし、下手だし、見ての通り9月なのに8月と書き、直しました。
学生時代の書道の時間、隣の席の友人に「もっと丁寧に書いたら?」と
言われたことを思い出す・・・ちょっと反省。

次回、写経をする機会があったら、丁寧に気持ちを込めて精神統一しながら書きます!!

バス・京都世界遺産 014

雑なだけあって、書き終わったのはほぼ一番^^;(同時に3人くらい書き終えました)
他の人は慣れているのか、書道が上手いのか、奇麗な出来上がりでした。
その横に並べるのが恥ずかしいかも~~~でも、気にしな~~い。

写経を終って部屋から出るとたくさんの人。
こりゃあ「静かに」は無理だよね。

バス・京都世界遺産 018

ではまた渡り廊下を通って方丈へ戻ります。

バス・京都世界遺産 007

渡り廊下からは木々の向こうに茶室が見えます。
人口の小川を造って自然の中の寂れた一軒家的な雰囲気を造っているのかな?

バス・京都世界遺産 019

なんて書いてある?何月?

バス・京都世界遺産 022

大方丈と庭園。

天龍寺は康永4年(1345年)、開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石で
後醍醐天皇を弔うために建立されました。
足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされ世界遺産です。

バス・京都世界遺産 030

天龍寺と言う名は足利尊氏の弟・直義が、寺の南の大堰川(保津川)に
金龍の舞う夢を見たことから付けられました。

かつての寺域は約950万平方メートルもあり、渡月橋や亀山公園を含む広大なものでした。
子院150か寺を数えたといいますが、度重なる火災で創建当時の建物は尽く焼失。

バス・京都世界遺産 023

幕末の元治元年(1864年)、禁門の変(蛤御門の変)で大打撃を受け、
現在の伽藍はほとんど明治時代後半以降のものだそうです。

バス・京都世界遺産 031

バス・京都世界遺産 037

正面の石組などをちゃんと撮った写真がないです^^;
辛うじて石が見えます。

バス・京都世界遺産 032

こんなぐるんと曲がった松は写真に撮ったんだけど。
なにか謂れは無いの?

バス・京都世界遺産 024

みなさん、方丈の中からのんびりと庭園を眺めています。

バス・京都世界遺産 027

こちらは曽我蕭白の雲龍図。
曽我蕭白の絵は迫力があって好きです。

バス・京都世界遺産 029

実は複製画です。本物はボストンです。

バス・京都世界遺産 033

どのお寺の襖絵だったかも、龍の胴体部分がどこへ行ってしまったかも謎だそうです。
そう言われてよく見ると、頭と尻尾なんですね。

十分、巨大な龍ですが元はもっと大きかったんですね。
胴体があったらもっと迫力があったかも。

バス・京都世界遺産 041

庭に出てみます。
さっきの庭園の反対側ですが、こちらも白砂の庭園です。

バス・京都世界遺産 035

バス・京都世界遺産 044

藤原時代の仏様、よく見えなかったんだよね;;

バス・京都世界遺産 045

お庭を歩いてみます。
池の向こう側をぐるっと回ることができたんですが、時間がなくなってしまいました。

バス・京都世界遺産 047

ずっと奥へ歩いていくと竹林になってきまして、ここにも出入口があり、
この先には有名な竹林の小路があります。

そう、外国人がこぞって写真を撮る竹林の道です。
あのくらいの竹林なんぞ、あちこちにいくらでもあるのに~と思うのは日本人だけかな?

そういう私はこの竹林に行ったことがありません^^;
今回も行けませんでしたーー;

バス・京都世界遺産 040

そろそろ集合場所へ戻ります。

ちなみに拝観料は庭園は500円。
方丈などお堂は300円追加。

バス・京都世界遺産 038

行きませんでしたが法堂は500円。
加山又造画伯(1927~2004)による「雲龍図」が天井に描かれています。

 天龍寺 HP >>

天龍寺

天龍寺の御朱印。
こちらはツアーのため、印刷でした(200円)ちと残念。

次は石庭で有名な龍安寺です。

<< 京都 世界遺産バスの旅1    京都 世界遺産バスの旅3 龍安寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 嵐山 天龍寺 世界遺産 朱印 写経 夢窓国師 庭園

comment

Secret

No title

天龍寺といえば
托鉢のお坊さんです

歩いて15分ほどのところに住んでいましたので
そりゃあしょっちゅう来ました

ウォーって唸るような声が遠くから聞こえてくるんです
何人ものお坊さんの列が路地をしゃしゃしゃと袈裟の擦れる音を残して過ぎ去って行きます

秋の庭も綺麗ですよ
人の数は40年で10倍くらいになったかな
そんな感じかな

Re: No title

おお~~托鉢のお坊さんが家の前を歩いて行くんだぁ。
なんかちょっと憧れます、そんな場所に住むの。
お坊さんのウォーって声を聞いたら気持ちが凛としそうですね。

このまま行くと京都に住む事はなさそうな人生ですけど、
子供たちが独立して仕事をリタイヤして、時間とお金に余裕が
できたら長期滞在はしてみたいです。

毎日、神社とお寺と歴史的な場所を巡りたい~


FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示