若狭小浜の旅 5

幽谷に佇む明通寺 2016-8-14参拝  2016-9-2

本日のコース
鵜の瀬・白石神社→若狭彦神社→若狭姫神社→若狭歴史博物館→明通寺
昼食→空印寺→八幡神社→妙楽寺→多田寺→若狭神宮寺→萬徳寺→羽賀寺

棡山 明通寺 ゆずりさん みょうつうじ。

大同元年(806年)坂上田村麻呂の創建と伝わり、
本堂と三重塔が国宝です。
明通寺は若狭彦神社のあった県道35と平行して走る県道23沿いにあります。
コチラの県道も川沿いで、行く先は滋賀や京都の県境の山々へ繋がります。

どんどん道を遡って行くと長閑な山村の雰囲気になります。

小浜 092

県道沿いに駐車場があり、そこに停めるとこの赤い橋を渡って明通寺に行きます。

小浜 091

でも、そこにも駐車場があります。
こちらは門前町を抜けて来ると来られますが、道は細そうです。

大した差はないので、県道沿いでも良いと思います。

小浜 063

立派な山門です。
左側の斜面が庭園っぽかったので、帰りに見ようと思っていたら、
順路あり帰路が別のところだったので見逃しました ><

ここじゃないかもしれないけど、どこかに回遊式庭園があったようです。

小浜 062

明通寺は「針畑越え」という鯖街道沿いなんですね。
今は地図を見ても行く先は山で行き止まりっぽいけど、
徒歩なら山を越えられるのでしょうか?

昔の人はこの険しい山を越えて都へ向かったんですね~
昔の人、偉い!!

小浜 065

この山門は明和9年(1772)に再建されました。

小浜 064

いつも思いますが、細かく木を組み合わせるこの造りは凄いですよね。
布切れ一枚正確に切ることの出来ないザツな私は毎回毎回、超感心するんです。
(なので洋裁が苦手ーー;)

小浜 066

仁王像は鎌倉時代の作だそうです。

小浜 067

説明文、ちょっと読みづらい;;

小浜 068

山門をくぐると鐘楼があります。
コチラの鐘楼もかっこいい鐘楼です。

小浜 070

こちらの手水も山からの湧き水のようです。
水は豊富なところなんですね。

小浜 071

手水舎の梁に小さな達磨さんが。
他にも石灯籠なんかにも達磨さんがならんでました。

達磨みくじが受付で売っていたみたいです。
私は見たような、見てないような???

小浜 069

階段をのぼった右側の受付で拝観料500円を払います。
御朱印もこちらでお願いしてから拝観に向かいます。

小浜 072

木立の中に国宝の本堂が見えてきました。

小浜 077

本堂は正面は閉まってますが、横から堂内に入れて、
若いお坊さんが説明をしてくださいます。
その後、内陣なども拝観させてもらえます。

小浜 076

社寺巡りをする中で、たくさんの国宝の素晴らしいお堂を拝見してきましたが、
違いが分からない残念な私。
そろそろ、お堂についての知識も増やしていかなければなぁと思います。

小浜 074

堂内に安置された仏像は藤原時代という古い方々でした。
かっこいい明王様がおられました~~~ ^^

小浜 083

大同元年(806年)、坂上田村麻呂によって創建され、
棡の木の大木で薬師如来、降三世明王、深沙大将の3体を彫って安置したと伝わります。

小浜 081

坂上田村麻呂の創建の社寺はあちこちで見ます。
戦勝祈願の神社もありますが、こちらのお寺は戦死者を悼む為に立てたそうです。

ここを創建する少し前、坂上田村麻呂は蝦夷討伐に向かい、
捕虜にした首長のアテルイらの助命を願いますが彼らは処刑されます。
国や仲間を守るために戦った同じ武人として、心を痛めたのでしょうね。

小浜 084

蝦夷の人々の為だけではないでしょうけど、
彼はきっと数え切れないくらい命を奪ってきたんでしょうから、
自責の念が湧いてもおかしくないよね。

小浜 075

国宝、三重塔。

小浜 079

内部には美しい絵が描かれていますが、今日はぴったり閉まってます。

余談ですがTさんはバスツアーで来たので、見せてもらったそうです。
こう言う時、ツアーはいいよなぁ。「特別」で。

小浜 078

Wikiに書いてありましたが、地方寺院は中世までの沿革が不明のところが多いそうで、
ここも例に洩れず。。。なので歴史を調べてもよく分かりません。

地方なので政変に巻き込まれることも無く、平和に今日まで来たのなら良いですけど。

小浜 082

お寺の守護の神様かな?

小浜 086

順路の帰り道。
こちらのお堂にも藤原時代の不動明王(重文)が安置されています。

小浜 087

古そうな虎のつい立て。絵師は誰かな?

小浜 089

庫裡か自宅か?窓のガラスが昭和チックで懐かしい感じ。

先に行った歴史博物館で、小浜にはお寺が130もあると言ってました。
バスツアーでTさんが、どこかのお寺さんで、
檀家さんが30件しかなく、お寺を維持するのが大変で秘仏も公開して人に来てもらって
拝観料を頂いて何とかがんばっている、という話を聞いたそうです。

そんな話を聞くと昨今の御朱印や巡礼ブームも少しは役に立っているのかな?

小浜 090

最後に樹齢500年のカヤの大木。
斜面に生えているので、上手く撮れず大きさは全く伝わりません><

 明通寺 HP >>

御朱印。

明通寺・如来

薬師如来の御朱印。

明通寺・不動

不動明王の御朱印。

明通寺・釈迦

釈迦如来の御朱印。
左側はあて紙です。

明通寺にはオリジナルの御朱印帳があったんですが、
まだ使ってない物がたくさんあるので悩んだ末、買いませんでした。
次に参拝した時は買いたいと思います^^v

<< 若狭小浜4 若狭姫神社        若狭小浜6 空印寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 小浜 若狭 明通寺 国宝 坂上田村麻呂 藤原時代 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示