吉野周辺へ行ってみる 7

中臣鎌足を祀る談山神社 前篇  2016-7-23参拝  2016-8-19

本回のコース
烏川神社→運川寺→丹生川上神社・上社→鳴貝山龍泉寺→蜻蛉の滝→
宮滝遺跡→桜木神社→比曽寺跡(世尊寺)→壺坂寺→談山神社

談山神社は「たんざんじんじゃ」と言います。
奈良県桜井市の多武峰(とうのみね)という山にあります。

この多武峰は中臣鎌足が中大兄皇子と大化改新の相談をした所です。
なので「談い山(かたらいやま)」と呼ばれたそうです。
歴史ロマンですね~~~なんかワクワクしますね~~~

壺坂寺から明日香村を通り抜けて多武峰へ向かいます。
途中、キトラ古墳や石舞台や稲淵宮殿跡とか魅力的な遺跡の看板が目に入ります。

が、相方はいつも目的に地に向かって突き進むのみ。
おかげで寄り道せずに必ず目的地に辿り着きます^^;

東奈良より 171

県道155沿いに土産物屋と駐車場がありますが、門前町にも駐車場があります。
リサーチしてなかったので、ウロウロしてしまいました。

東奈良より 226

駐車場にあった門。
これが離れた所にある東大門だと思っていたら、違っていました。
リサーチ不足だと見逃す物が多いです><

東奈良より 172

山の中に神社だけがあるんだと思っていたら門前町がありました。
大きなホテルもあり、びっくり。

秋は紅葉で有名なので、その時は大混雑だそうです。
駐車場待ちの車で渋滞するらしいです。

東奈良より 225

お土産物屋さんの向かいにポツンと建つ重要文化財の石燈籠。
説明看板は見えませんね^^;

東奈良より 175

なかなかの階段であります ( ̄^ ̄)
でも大丈夫、このくらいは平気だよ!私も鍛えられました!

東奈良より 224

境内図。

神社の後ろの左の御破裂山には藤原鎌足のお墓があるそうです。
右の山が「談い山」。

東奈良より 174

字がきれい過ぎて読めません^^;

歴史に必ず出てくる「大化の改新」を中大兄皇子と共に成し遂げた中臣鎌足。
天智天皇となった中大兄皇子に藤原姓を賜ります。

ここから藤原氏の繁栄が始まるわけですな。
現在も苗字に「藤」の付く人はだいたい藤原氏の子孫と聞いてます。

祖は天児屋根命で藤原氏が創建した春日大社に祀られています。

東奈良より 173

入山料500円。今年の9月からは600円になるそうです。

東奈良より 179

本殿前の楼門。

まずは本殿へのお参りです。
ここで御朱印も頂けます。

東奈良より 180

楼門をくぐると左に本殿、右に拝殿があります。

東奈良より 189

私の勝手なイメージですが広い平地の境内があると思ってきました。
しかし、山の斜面で狭い平地がだんだん畑状態で広くはありませんでした。

拝殿は舞台造りになっています。

東奈良より 188

拝殿の中は宝物が展示してあります。
撮影OKなんですが、あんまりバチバチ写真を撮るのは気が引けて写真は少ないです。

その時は展示のお宝におお~~~すごーい!と思ったんですが、
やっぱり写真がないと、悲しいかな忘れるんですよね (´;ω;`)

東奈良より 187

空中に浮かぶ拝殿の景色は緑の木々。
秋には紅葉なんでしょうけど、その昔はきっと遠くまで見通せる眺望だったに違いない。

最近思うのですが、木を大事にしすぎて景色が台無しって所が多いです。
昔の人はここから木を見たかったわけじゃないよねぇ~景色を見たかったと思うけどな~

まあ、何かに指定されると木も切れないようですし、木を切るにもお金がかかるしね。
どうするべきでしょうか?

東奈良より 184

本殿。重要文化財。優美で豪華!

現在のお社は嘉永3年(1850)に建て替えられたものです。
日光東照宮造営の際のお手本となったことでも有名だそうです。

東奈良より 181

談山神社は鎌足の長男の定慧によって、摂津にあった鎌足の墓をこの地に移し、
十三重塔を造立したのが始まりです。

鎌足の息子は不比等意外に初めて聞いたな~
昔のことだから、あちこちにいっぱい子供がいてもおかしくないけど長男なんだ~
と、思いますよね?

東奈良より 186

この定慧と言う人は、かなり悲劇の人です。

わずか10歳で遣唐使と一緒に唐へ渡って勉強しました。
12年後、やっと日本に帰国すると言う時、百済で、百済人にあまりにも優秀で嫉妬され、
毒を盛られ何とか帰国しますが3ヵ月後には他界します。

なんとも不憫ですね~
その余命3ヶ月の間に父の墓をこの地に移したんですね。

東奈良より 185

しかし、この話、ちょっと???ですよねぇ。
まず、優秀だからって日本に帰るのに毒を盛られるのも変だし、
毒を盛られて瀕死なのに父の墓を移すってのも???

定慧さん、実は孝徳天皇の「落とし胤」とも言われ、天智天皇には邪魔な存在。
唐と百済と日本の政治的な関係もあるようですけど。

東奈良より 182

実では先に死んだのが定慧で、可哀想な息子の墓を立てたのは鎌足。
お堂を建てて整備したのが不比等らしいという説も読みました。

真実は歴史の闇の中。
定慧は優秀でありながら歴史の狭間に消えていった人なのでありました。

東奈良より 183

さてさて、お墓としてスタートした談山神社は明治の神仏分離まで
多武峯妙楽寺(とうのみねみょうらくじ)という言うお寺でした。

藤原氏の繁栄と共に発展し、大寺院であったそうです。

東奈良より 190

西宝庫。

東奈良より 191

談山神社の建物のほとんどが重要文化財です。

東奈良より 194

東宝庫。 東西そっくりです。

東奈良より 192

東殿は恋神社となっていて縁結び御利益です。

東奈良より 193

祀られている鏡女王は鎌足の正妻で不比等の母ですが、もとは天智天皇の妻です。
で、天智天皇は弟の大海人皇子(天武天皇)の妻の額田王を自分の妻にしてしまいます。
この額田王は鏡女王の妹です。
なんとも複雑ですね。

こんなんで縁結びの効果はあるのかなぁと思ってしまうのは私だけ?

東奈良より 195

談山神社のシンボル、十三重塔。
鎌足の追福の為、定慧と不比等によって678年に建立されました。

現在の塔は享禄5年 (1532)室町時代に再建されたものです。重要文化財。

東奈良より 196

東奈良より 197

龍神社。

ここは談山神社の中で一番古い霊地なのかな?
藤原鎌足が中大兄皇子と大化改新の相談をしに来た時、
もしかしてここで喉を潤したりしたかもしれませんね。

東奈良より 177

長くなってしまいました。 なので、  後篇へ続く。。。

<< 吉野周辺6 壺坂寺          吉野周辺8 談山神社 後篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 吉野 談山神社 多武峰 藤原 中臣鎌足 談い山 大化改新

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示