吉野周辺へ行ってみる 3

雄略天皇ゆかりの蜻蛉の滝と龍泉寺  2016-7-23参拝  2016-8-5

本日のコース
烏川神社→運川寺→丹生川上神社・上社→鳴貝山龍泉寺→蜻蛉の滝
宮滝遺跡→桜木神社→比曽寺跡(世尊寺)→壺坂寺→談山神社

「蜻蛉」は普通に読むと「せいれい」ですが「トンボ」のことです。
「とんぼ」をPCで変換すると「蜻蛉」と出てきます。
この辺りの地名は「蜻蛉野」といい「あきつの」と読みます。

いろんな読み方があるもんですねぇ。
漢字って難しい。。。

蜻蛉野はコレと言った何かがある訳ではないんですが、
吉野の周辺にはたくさんの滝があるし、涼しいかな?と思いました。
また、雄略天皇ゆかりって珍しいかもと思って行ってみる事にしました。

雄略天皇は古墳時代の天皇で3世紀ごろの人で
中国の歴史書に出てくる「倭の五王」中の倭王武とされます。

確か、神話の時代の天皇の中で唯一実在が確認されている天皇と
何かで読んだ記憶があります。違っていたらごめんなさい^^;

滝の近くに龍泉寺と言うお寺を発見。
グーグルで見てみたら「雄略天皇行宮址」と見えたので行きました。

東奈良より 051

しかし、なんとも細い曲がりくねった道。

東奈良より 058

山あいの村なので、けっこうな坂道だし個人の道か?と思うようなコンクリートの道。
この道が現れた時、「もう行かなくてもいいわ・・・」と相方に言いましたーー;
幸い軽自動車で来たので行けましたけど、私なら無理。

東奈良より 050

なかなか立派なお寺です。

東奈良より 052

境内もきれいです。
御自宅もありましたが、お留守のようです。

東奈良より 053

こちらのお寺に関して由緒書もなくて、ネットで検索しても何も出てこなかったので
全くわからないままです。

東奈良より 054

雄略天皇や持統天皇の名前が出てくるくらいなので、
きっと古い歴史があるんじゃないかと思ったのですが判らずです;;

東奈良より 055

東奈良より 056

境内の様子。

次は蜻蛉の滝へ行きます。
蜻蛉の滝は「あきつの小野スポーツ公園」の奥にあります。

龍泉寺からは500mくらいです。

東奈良より 060

公園は意外にも大きくて施設もたくさんあり、人も多いです。
ひっそりとした滝を思い描いていたのでびっくりです。

滝は一番奥で野球場の駐車場に車を停めます。

東奈良より 059

整備されて川原で水遊びができるようになってました。
小さな子供を連れたファミリーがいっぱいです。

ここ、とても涼しいし川は浅いので溺れる心配もあまりないし、いい遊び場です。
うちの子が小さい頃に知っていたら、ここに来たのにな~

東奈良より 078

川の公園地図を見るとお堂があります。
やっぱり歴史はあるんですね。

東奈良より 061

鳥居をくぐって山の方へ。
コチラへ来る人は少ないです。

東奈良より 062

苔むした祠です。

東奈良より 063

仙龍寺というお寺があったようです。
山崩れで対岸に移されたと書いてありますが、それは龍泉寺ではないのかな?
近くには龍泉寺しかなかったし、名前も似てるけど…

東奈良より 064

梵字岩です。
凄く見難いです。洗って磨いて見やすくしたらダメなのかな?
説明板がなかったら、ここに梵字があるって絶対わからないです。

東奈良より 065

この公園は修行をするお寺だったんですね。

東奈良より 066

ここから階段です^^;

東奈良より 069

途中にはお堂があります。

東奈良より 067

おお~~~思ったより立派な滝!
蜻蛉の滝の故事は日本書紀と古事記に書かれています。

雄略天皇がこの地に狩に訪れた時、天皇のヒジにアブが食いついたのを
飛んできた蜻蛉が噛み殺したという伝説からついた滝。
天皇は褒め称えこの地を「蜻蛉野」と呼ぶことになりました。

ふーん、トンボってアブを食べるんだ?意外と凶暴なんだ?

東奈良より 068

大きい滝と細い滝がありました。

東奈良より 076

写真ボケちゃいましたが、東屋があり、そこから下へ降りられる螺旋階段があります。
ちょっと怖いですよ ((´・ω・`;)) 
下が隙間から見えるし、この階段の溶接が外れたら…と思うと手に力が入りますーー;

東奈良より 073

滝壺までは降りられませんが、近くで滝を見られます。
迫力ありますよ~~~落差は50mです。

東奈良より 075

下を覗き込むと滝は二段になってます。
これも怖いです。

しかし、この滝で修行はかなりキツイと思います。
いっちゃってる修行僧はきっと上の段で修行しようとしたに違いない。
で、水に押し流されて下の滝壺で・・・恐ろしや~~~

東奈良より 070

滝からまだずっと登って行けます。
公園地図にもあったように、ちょっと怖い吊り橋もあるそうです。

登山する人はさらに吉野の山まで登ることができるそうです。

東奈良より 071

今は過疎に悩む地域ですが、昔は天皇や文人が訪れる所でした。

澄んだ水が豊富で山の幸に恵まれ、高い山々には神が降臨する神聖な土地柄。
人々は何を求めて来たんだろうなぁ?

次は吉野町へ入って天武天皇ゆかりの地へ行きます。

 鳴貝山龍泉寺 奈良県吉野郡川上村大滝346
 蜻蛉の滝 奈良県吉野郡 川上村西河

<< 吉野周辺2 丹生川上神社・上社     吉野周辺4 桜木神社と宮滝遺跡 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 川上村 蜻蛉の滝 あきつの 雄略天皇 鳴貝山 龍泉寺 仙龍寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示