浄土宗総本山知恩院

京都朱印巡りバスの旅4 知恩院  2016-7-9参拝  2016-7-28

本日のコース
今宮神社→鶴屋吉信(和菓子)→ホテルランチ→八坂神社→知恩院

華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)

浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院。
ご本尊は法然上人と阿弥陀如来さん。

八坂神社にもっと時間がかかると思っていたので、
参拝できると思って無かったんです。なので何も調べずに来てしまいました。

八坂神社から円山公園を抜けて知恩院へ行きます。
集合場所も知恩院の駐車場なので丁度いいです。

朱印めぐり2 093

この門をくぐると知恩院で、バスの駐車場もあります。
なので、バスの観光客がぞろぞろ歩いています。

たまたまなのか、私たちの周りからは中国語しか聞こえません。
ここはドコ???

朱印めぐり2 095

総本山なだけあって、さすがに広いです。

朱印めぐり2 094

知恩院の説明。

朱印めぐり2 066

国宝の三門。
圧倒的な存在感です。

朱色の優美な楼門も素敵ですが、黒い重厚感のある巨大な門は不思議な重みを感じます。
この重さは何でしょう?歴史かな?信仰かな?両方なんでしょうね。

朱印めぐり2 097

この三門は、元和7年(1621)、徳川二代将軍秀忠公の命を受け建立されました。

なぜ「山門」でなくて「三門」かというと、「空門」「無相門」「無願門」という、
悟りに通ずる三つの解脱の境地を表わす門「三解脱門」を意味するそうです。

朱印めぐり2 098

二階に登れるようになってますよね。
普段は非公開なんですが、特別公開があるそうです。

華麗な彩色の豪華な絵や仏像があります。
HPに載ってました。

朱印めぐり2 099

本堂である国宝の御影堂は修理中 Σ(´Д`*) ショック!!
ここでもきっと圧倒的な存在感を感じることができたんでしょうけど残念です。

法然上人の御影を祀ります。御本尊は法然上人です。

御影堂は寛永10年(1633年)の火災で焼失し、寛永16年(1639年)三代将軍徳川家光によって
6年の歳月をかけて再建されました。
大修理は平成30年までかかります。平成24年から8年かけて修理するんですって。
修理って建設より大変なんですよね~

朱印めぐり2 100

宝仏殿。
黒い服を着た方がいらして、法事か何かあったようなので、
遠くから写真だけ頂きました。

朱印めぐり2 101

納骨堂。
前に池に蓮が咲いて奇麗です。

朱印めぐり2 103

納骨堂前でお線香を立てました~

朱印めぐり2 102

池の向こうにあるのは経蔵(重要文化財)。

朱印めぐり2 104

朱印めぐり2 105

経蔵も内部は非公開なんですが、HPで見ました。
それはそれは極彩色で色鮮やか!
天井や柱、壁面は狩野派の絵画で飾られています。

特別公開はないんだろうか?

朱印めぐり2 106

この辺りでみなさん、ほとんど帰ってしまうようで、ぐっと人が少なくなります。
でも!ぜひ、この先へ行ってください!
階段は大変ですけど。

朱印めぐり2 107

こちらは墓地のようで行けませんでした。

朱印めぐり2 108

こちらが勢至堂(せいしどう)への門です。

勢至堂は法然上人が終焉を迎えられた地で元は御影堂でした。
後奈良天皇が「知恩教院」と書いた扁額があり知恩院の名の起源です。

朱印めぐり2 109

勢至堂(重要文化財)。
ちょうど勢至菩薩像(重文)が御開帳で、しかもお坊さんがお経を上げていたので
いっしょに南無阿弥陀仏を唱えて拝んできました。

勢至堂の左隣のお堂にも古い地蔵尊や顔だけの大仏さんがありました。

朱印めぐり2 110

勢至堂から階段を上った先に御廟があります。

朱印めぐり2 120

勢至堂から見上げた御廟と拝殿。

朱印めぐり2 111

なかなか急な階段ですが、登っていきましょう!

朱印めぐり2 113

御廟の前には拝殿があります。
永7年(1710)に建てられた檜皮葺のお堂です。

朱印めぐり2 118

木魚が並んでいます。中に入ってお念仏を唱えられます。
ぽくぽく木魚を叩いて「ナンマイダー」と拝んできました。

朱印めぐり2 114

御廟は遠くてよくは見えませんが、とても豪華なのはわかります。
慶長18年(1613)、常陸国土浦藩主 松平伊豆守信一の寄進を得て改築されました。

朱印めぐり2 115

法然上人の説いた専修念仏(浄土宗)は旧仏教側から激しく糾弾され、
建永2年(1207年)には4年間、讃岐国に流罪となります。
許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没しました。

朱印めぐり2 117

どの宗教も宗派も開祖はみんな、ほとんど波乱の人生ですよね。
がんばった人は千年経っても語り継がれるワケですな。

朱印めぐり2 116

御廟から京都の街が見えます。

一息ついて景色を眺める・・・なんて時間はありません。
気が付けば残り時間10分少々。
大鐘を見たい!急げ!!

朱印めぐり2 121

元の場所まで戻って、さらに階段を登った先に大鐘楼があります。
写真では鐘の巨大さがわからないのが残念です。

朱印めぐり2 122

この大鐘が鳴らされるのは御忌大会(4月)と大晦日の除夜の鐘だけです。

朱印めぐり2 123

ほら、大晦日のTV「ゆく年くる年」でお坊さんが引きずられる様に突いている鐘ですよ。
16~7人で突くのでお坊さんは綱を必死でコントロールしてるんでしょうね。
あの場面を見るたびに、ここのお坊さんは鐘突きが一年で一番大変な仕事だろうと思います。

朱印めぐり2 124

最後に阿弥陀堂。

朱印めぐり2 126

阿弥陀堂となりの多宝塔。

時間切れで庭園(有料)は拝観出来ませんでした;;
方丈や濡髪大明神(千姫の墓)も行けませんでした。
御影堂が完成した頃にまた来ようと思います…

智恩院・朱印1

法然上人の御朱印。

智恩院・朱印3

今年限定の天樹院の御朱印。
天樹院は千姫(徳川秀忠の長女)で没後350年記念の御朱印です。

智恩院・朱印2

勢至菩薩の御朱印。

 総本山知恩院 HP >>

境内には売店もあったのですが、そちらも行けませんでした。
でも、駐車場にある売店でお土産が買えました。

あとは帰るだけ。帰りのバスではグーグー寝てしまいました。
これもバス旅行のいい所だね^^b

          京都朱印巡りバスの旅   おわり

<< 朱印巡りバスの旅3 八坂神社       吉野周辺1 烏川神社と運川寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 知恩院 浄土宗 総本山 法然上人 念仏 御朱印 天樹院 千姫 バスの旅

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示