FC2ブログ

伏見深草の寺めぐり 2

多宝塔のある宝塔寺   2016-6-7参拝  2016-7-11

本日のコース
伏見稲荷大社・本殿→奥社→伏見神宝神社→三ツ辻→四ツ辻→三ノ峯→
二ノ峯→一ノ峯→御膳谷奉拝所→四ツ辻→三ツ辻→裏参道→荒木神社→
本殿→東丸神社→石峰寺→宝塔寺→瑞光寺

深草山宝塔寺 (じんそうざんほうとうじ)

平安時代に藤原基経が創建したと言う歴史ある古いお寺なんですが、
鎌倉時代末期、住職であった良桂が日蓮宗の僧・日像と法論を行い、
論破され日像に帰依し、真言律宗から日蓮宗に変わりました。

そんなすぐに変わるもんなんですかねぇ?
お弟子さんも檀家さんもびっくりですよね^^;

宝塔寺は石峰寺から直線距離で100mくらいなんですが、
山の麓なので一旦、下まで下ってまた登ることになります。
それでも大した距離ではないですけど。

京都伏見 199

住宅街の中に突然現れる門と先の見えない参道。

車はもう一本隣の道から駐車場へ行けるようです。

京都伏見 200

ちょっと読み難いですけど。

寺名は日像が京都の七口(京都に入る7つの街道の入口)に
建立した題目石塔の1つを日像の廟所に祀ったことによります。

京都伏見 201

四脚門(総門)は室町時代中期に建立された重要文化財です。

参道の両側には頭塔が建ち並びます。

京都伏見 202

まずは大雲寺(西之大坊)、天文5年(1536年)建立。

京都伏見 203

それから圓妙院、慶長2年(1597年)建立。

京都伏見 204

直勝寺、慶安4年(1648年)創建。

京都伏見 205

霊光寺、天正13年(1585年)再建。

京都伏見 207

慈雲院、明暦3年(1657年)創建。

どれもこれも立派なお寺ですね~

京都伏見 206

そして山門です。 1711年(宝永8年)再建。

京都伏見 208

京都伏見 209

山門の天井には牡丹の花。
鮮やかで奇麗です。2000年に修復されたそうです。

京都伏見 239

本堂。慶長13年(1608年)建立の重要文化財。
とても大きな本堂です。

御本尊は三宝尊。
三宝尊って知らなかったんですが法華宗・日蓮宗の本尊で
仏・法・僧の三宝を祀るんだそうです。

京都伏見 220

はじめに書いた通り、藤原基経が発願し、その子の藤原時平により899年(昌泰2年)に
建立されました。当時は極楽寺といい、藤原家の菩提寺でした。

源氏物語の三十三帖「藤裏葉」に寺が登場するそうです。
お話しに登場するほどのお寺だったわけですね。

京都伏見 210

当時の藤原家の権力を考えても、相当大きな、しかも豪華なお寺だったのでは?
鎌倉時代には論法で負けて、日蓮宗になるわけです。

長い歴史の中では応仁の乱で焼けたり、一時荒廃した時期もあったそうです。

京都伏見 213

彫刻などは全く無いシンプルなお堂です。

が、とても大きいんです。威厳があるんです。
心地よい緊張感があって、この場を離れ難い気分でした。

京都伏見 212

本堂に三つの額がありましたが、その真ん中の額です。
なんて書いてあるんでしょう?
真ん中が「南無妙法蓮華経」って書いてある事しか分かりません。

京都伏見 214

「七面大天女」と書かれています。

裏の山は七面山と言い、山頂に七面大明神を祀る七面宮があります。
お寺の鎮守として吉祥天女が祀られています。

京都伏見 221

渡り廊下?をくぐって七面宮へ行ってみます。

京都伏見 222

太鼓楼?になってるみたいです。

京都伏見 223

ずっと登りの石段が続きます。
散々歩いた後なので、ちょっと足に来ます><

京都伏見 224

途中にはお社やお堂やお墓もあります。
こちらは三十番神。

京都伏見 225

日像上人廟。論法に勝った人ね^^b

京都伏見 226

日蓮上人像。

京都伏見 227

千仏堂。鬼子母神が祀られています。

京都伏見 228

まだ登ります・・・・

京都伏見 229

ちょっと平らになって、その先にまだ階段があると言うフェイク山頂 ;;

京都伏見 231

じゃーん、思ったより立派なお社。
寛文6年(1666年)に勧請された七面天女を祀ります。

神社が先かと思ったら、お寺が先なんですね。

京都伏見 230

ここでお火焚祭と言う行事も行われるそうです。
建物の大きさからして、たくさんの人が集まるようですね。

京都伏見 233

山頂には他にもお堂があります。

京都伏見 234

こちらはお社。
小さな堀があって橋も架かってますよ。

今日は天気が悪くて、何も見えなかったんですが、安土桃山城も見えるそうです。
視界がいいと大坂城まで見えるとか。

京都伏見 215

本堂の所まで戻って来ました。

この門は高麗門と言うそうです。
奥には客殿があります。

京都伏見 219

こちらから寺務所へ行けるようです。
御朱印を頂に行きます。

京都伏見 217

ご住職の御自宅にもなっているようです。

京都伏見 216

寺務所の天井。
立派な梁ですね~天井が高いです。
こちらの建物もずいぶん、古そうです。

京都伏見 218

こちらは鐘楼。

京都伏見 235

最後に多宝塔。
墓地への入り口に建っています。

京都伏見 236

重要文化財で少なくとも室町時代、1438年以前の建立と見られています。
瓦が「行基葺き」と言う独特の様式だそうで、飛鳥、奈良時代に多く見られ、
それ以降はほとんど例がないそうです。

京都伏見 237

残念ながら、その瓦は全然写真に写ってません^^;

京都伏見 238

お墓はかなり大きくて、歴史に名を残した人のお墓もあるようです。
古いお墓はいろんな形の墓標があって、実は見るのが好きです。

今、外国人観光客が日本のお墓を見に来ると聞きましたが、
あー分かるなぁと思ってしいます。
しかしながらお墓ですからね・・・失礼の無いように・・・

宝塔寺

御朱印。
おお~~かっこいい御朱印です。

 深草山 宝塔寺 京都府京都市伏見区深草宝塔寺山町32

次は本日最後の参拝のお寺、瑞光寺です。

<< 伏見深草の寺めぐり1 石峰寺     伏見深草の寺めぐり3 瑞光寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 京都 伏見 深草 宝塔寺 日蓮 日像 藤原基経 藤原時平 極楽寺

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示