千本鳥居の伏見稲荷 7

伏見稲荷大社7  裏参道  2016-6-7参拝  2016-7-4

本日のコース
伏見稲荷大社・本殿→奥社→伏見神宝神社→三ツ辻→四ツ辻→三ノ峯→
二ノ峯→一ノ峯→御膳谷奉拝所→四ツ辻→三ツ辻→裏参道→荒木神社→
本殿→東丸神社
→石峰寺→宝塔寺→瑞光寺

日本中に3万社あると言われるお稲荷さん。
その総本宮が伏見稲荷大社なのは言うまでもないですが、
稲荷大社の意に反して、やたらと「稲荷勧請」がされてしまったようです。

中には野きつねの巣が元となって稲荷勧請を行なったり、本宮以外の者が勧請を行うなど、
正当な稲荷信仰とは違う祀られ方をしたものが多くなってしまいました。
「狐憑き」なんて言葉もありますが、お稲荷さんは狐霊を祀っているのではありません。

その辺は誤解されている事が多いと思います。

さて、三ツ辻から来た道とは違う、もう伏見稲荷の境内ではない道へ行きます。
こちらが裏参道と呼ばれる道のようです。多分。

京都伏見 125

もう、「山の中」ではなくて普通の道っぽいです。
赤い鳥居のトンネルもなくなりました。

京都伏見 124

道沿いは神社だらけ。
しかも神仏習合。神と仏が入り混じって混沌とした状態です。

京都伏見 126

やっぱりお稲荷さんが多いのは多いです。

京都伏見 127

これもお塚なんでしょうか?
もう、私にはさっぱり分かりません。

祠に混じって普通の民家も出てきました。
空き家っぽい家も多いです。
確かに、道は狭いし斜面だし、観光客は多いし住み辛そう。

京都伏見 128

足腰守護のお不動さん。
たいへん惹かれましたが、下へ降りていくのに足腰が疲れてしまって・・・

京都伏見 129

ずらっと横一列に鳥居が並ぶ様。なんか不思議な光景。
でも、こんな感じで神社がならんでます。

お参りしていいんだか悪いんだか????

京都伏見 130

立派なものもあります。やっぱり個人のお塚ですかね?

京都伏見 131

豊川大神と書かれていますが、愛知県の豊川稲荷と関係ある?
愛知の豊川さんはお寺でしたけど、、、

京都伏見 132

豊川大神は立派なお社があります。

京都伏見 133

脳天大神は弘法大師とも関係があるようで・・・

京都伏見 134

ここにはお不動さん。

京都伏見 136

写真ボケてしまいました。

真ん中に狐の人形がありますが、これは伏見発祥の土人形です。
おみやげ物でたくさん売ってました。

ここもおみやげ物屋さんかと思ったら・・・

京都伏見 143

荒木神社でした。
怪しい?祠ばっかりだったので、いかにもちゃんとした神社でほっとします^^;

京都伏見 141

おみくじや絵馬がいっぱいです。
この神社の御利益は縁結びなんだそうです。

さっきのボケた写真の狐の土人形は3体セットで、夫婦とお伴だそうです。
口入(くちいれ)人形と言い、良縁祈願には清められたこの人形を頂くそうです。
口入とは仲人のことだそうです。

京都伏見 139

宮司さんもいらっしゃいましたが、ここには御朱印はないそうです。
ざんねーん、かわいい狐の朱印があったら良いのに!

京都伏見 140

コチラは荒木神社の境内社のお不動さん。

京都伏見 142

秋には紅葉が素敵かも。

京都伏見 144

ここも豊川稲荷ですね。荼枳尼天(ダキニテン)は仏教系とききますが。

京都伏見 145

公園のような神社。

京都伏見 147

まだまだ続くよ、神社の道・裏参道。

京都伏見 150

怪しさ満載!?いや、失礼。。。

京都伏見 151

これもお塚???

京都伏見 154

ここは地図に載ってました。鬼法尼寺。
授与所にはおばさんたちが楽しそうにおしゃべり。

京都伏見 155

釈迦堂。
なんか説明の看板があるんですが、いつもならそれを写真に撮るんですが、、、、
なんせ、疲れてきてますのでパスしてしまいましたーー;

京都伏見 156

この裏参道、昔からこんなんだったんでしょうか?
もしかすると、お寺とかがたくさんあったんでしょうか?
それとも茶店とか宿屋とか?

今の町並みからは、昔の様子は推理できません^^;

京都伏見 158

民家も増えてきました。

京都伏見 159

でも神社はまだまだありますよ。

京都伏見 160

ちょっと古い家を神社にした???

京都伏見 162

産婆大神。ここは地図に載っていたので行ってみました。

京都伏見 163

民家に囲まれた小さな境内です。
その昔、狐の夫婦が住んでいたそうで、狐は子供を大切にするといわれ、
子宝と安産の神になったそうですよ。

京都伏見 164

産婆大神の横の細道を行くと「こんだゆうの滝」があるみたいです。
行きませんでしたけど、滝行する所かな???

京都伏見 174

門前町まで来ました。
祭りでもないのに、雨模様なのに出店がいっぱい、人もいっぱい。

お土産を買った店で「平日でもこんな人ですか?」と聞いたら、
今日は雨で少ない方で、半分以上は外国人だと言ってました。

この先、駅方面へ歩いてみましたが、歩けないというか、
歩くのも嫌になって戻ってきました^^; 人が溢れてました。

京都伏見 166

伏見稲荷へ戻ります。
当然ながら参拝客10倍増。
トイレも並ばないと入れません。

京都伏見 173

手水舎に人が集ってます^^;

これで今日は少ないんですね。
やっぱり平日の雨の日に来て正解だったわけですね。

京都伏見 169

最後に境内の端にある東丸神社(あずままろじんじゃ)へ行きます。
境内の中にありますが伏見稲荷大社とは別の独立した神社です。
でもとっても関係の深い神社です。

京都伏見 171

学問の神様として、江戸時代の国学者で、国学四大人の一人、荷田春満(かだのあずままろ)が祀られている神社です。

荷田家は伏見稲荷大社の社家(宮司を務める家柄)で、秦氏の末裔なわけです。
他にも末裔の社家がいくつかありますけど。

で、この方は神職にならずに国学者になってしまったわけです。
将軍家からも重用された凄い人です。

京都伏見 170

ネットで御朱印をもらっている人がいたので、授与所へ行きましたが、
御朱印を・・・というと、伏見稲荷で聞いてくれと言われました。

なくなっちゃったのかな?

京都伏見 172

東丸神社の右隣には荷田春満の旧宅があります。
実は自宅の一部にに神社を造ったそうです。

京都伏見 168

こちらは伏見稲荷大社の境内で、東丸神社の左隣になります。
神楽殿と御茶屋があります。

御茶屋は茶店ではないですよ。
1641年、後水尾上皇より下賜され、仙洞御所から移築された重要文化財です。

京都伏見 012

こちらは神楽殿を朝に撮った写真です。
巫女さんがいろいろ捧げ物をして、多分この後、舞の奉納もあったようです。
私は見てないのですが、微かに音楽が聞こえてました。

京都伏見 256

伏見稲荷大社を満喫です^^
翌日は醍醐寺の醍醐山ほどでは無かったですが、微かに筋肉痛でした。

この後、まだ深草のお寺を歩き回りましたからね。

京都伏見 255

     伏見稲荷大社・おわり

でも、深草のお寺巡りにつづく・・・

 伏見稲荷大社 HP >>

<< 伏見稲荷大社6 御膳谷奉拝所           伏見深草の寺めぐり1 石峰寺 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 伏見稲荷大社 稲荷 お塚 荒木神社 東丸神社 荷田春満

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示