女帝の創建した西大寺

西ノ京・天平の寺 1 西大寺  2016-4-16参拝  2016-4-22

本日のコース 西大寺→薬師寺→唐招提寺

平城京の西に鎮座する三つのお寺。
どれも有名なお寺ですよね。
名前は良く聞くお寺なんですが、私は始めての参拝です。

そして今回は初登場の歴史好きの旧友・Oさんとお寺巡りです。
いつも如く、私の我がままであちこち引きずり回すんですけどね^^;

まずは西大寺から行きます。

西大寺は駅の名前にもなってますので、一度行ってみたいと思っていました。
Oさんもやっぱりずっと行ってみたいと思っていたそうです。

昨年の暮れに平城京に来た時には、この駅の近くに車を停めてレンタサイクルであちこち巡りました。
その時、西大寺は愛染堂と聚宝館(宝物館)が公開してなかったので行きませんでした。

今回はこの二つの公開に合わせて計画を立てました。

西大寺 003

西大寺の山門。こちらは東門です。

今回巡るお寺は全部駅の近くなので、電車で来ました。
西大寺は西大寺駅から徒歩5分。
街中にあるお寺です。

西大寺 005

境内図。
なかなか広い境内のように思いますが、昔の1/10くらいの広さだそうです。

そうですね~東大寺はあれだけの広さがあるんですものね、
西の大寺も同じくらいの広さがあったはずですよね。

西大寺 007

東門から入ると、まず 四王堂(しおうどう)があります。
拝観できるお堂です。

中で本堂、四王堂、愛染堂、聚宝館のセット券1000円を買います。
それぞれ買うよりお得です^^

西大寺 009

四王堂は、西大寺創建の端緒となった称徳天皇誓願の四天王像をまつるお堂。
現在のお堂は江戸時代、延宝2年(1674年)の再建。

平安時代後期、仏師円信の作と言われる十一面観音立像(重文)が祀られています。
鈍い金色で歴史を感じさせてくれます。そして大きいです。

この時、うわ~大きいな~凄いな~と感動したのですが、
この日はこの後も、こんな感じの大きな仏像様ばかりと出遭います。
さすが奈良!!

西大寺 008

もちろん四天王もいらっしゃいますよ。四方角をしっかり守ってます。
しかしながら奈良時代の物は足の下の邪鬼のみで本体は鎌倉、室町時代の作だそうです。

西大寺・四王堂

四王堂で頂ける御朱印。

西大寺 011

四王堂の前には八重桜。後ろにはマンション。

西大寺を造った称徳天皇(しょうとくてんのう)は御存知ですか?
東大寺を造った聖武天皇の娘で二回天皇になった女帝です。
はじめは孝謙天皇そして称徳天皇となりました。

一生独身で晩年、道鏡と言う坊主に騙され(?)た女帝です。
権力に振り回され、女の幸せを掴めなかったという印象です。

西大寺 012

世阿弥の能、百万は西大寺の故事を題にしたものです。
「百万古柳」と書かれた説明版があり、縁の柳が残っています。

真ん中の太い木だと思うのですが、私の知っている柳じゃないけど。。。
細かいことは詮索しない。

西大寺 013

参道の両横には僧坊が建ち並んでいます。

西大寺 014

この看板がなかったら素通りしてしまう聚宝館。
入ってもいいのかな?と思わせる雰囲気。

西大寺 015

やっぱり国宝はしっかり保存保護!

ちょっと古めの建物。あまり大きくもないです。
でも、国宝があります!一見の価値あり!
開館している時期が決まっているので、調べて出かけて下さい。

西大寺 016

不動堂。
寛永年間の末年頃(1643)に建立。宝山湛海作の不動明王を祀ってます。

西大寺 018

本堂。
現在のお堂は寛政10年(1798年)頃造営に着手、文化5年(1808年)頃完成したもの。

お堂の中はたくさんの奉納された金色の宝塔があり、すべてが明りを灯されていて
なんとも幻想的な空間となっています。写真を撮れないのが残念です。
奥の方には昔に奉納されたのかな?土の宝塔がありました。

西大寺 019

御本尊は釈迦如来立像(重文)。鎌倉時代の建長元年(1249年)、仏師善慶の作。

私のお気に入りは獅子に乗った文殊菩薩像と四従者。
こちらも鎌倉時代の正安4年(1302年)の作、重要文化財。

西大寺 020

本堂は彫刻も素敵^^

西大寺 021

龍も像もいいね^^v

西大寺

本堂でもらえる御朱印。

西大寺 022

南都七大寺の一つと言われた西大寺ですが、平安時代に入ると都が京都に移り衰退します。
鎌倉時代には僧・叡尊が尽力し復興しますが、室町時代の文亀2年(1502年)の火災で大きな被害を受け、
現在の伽藍はすべて江戸時代以降の再建です。

西大寺 023

本堂の前には東塔跡の礎石が残っています。

西大寺 024

残念ですねぇ。最近燃えたんじゃなきゃあ諦めも付きますけど。

西大寺 025

本堂の左側にあるのが愛染堂と大黒堂。

西大寺 026

こちらが大黒堂。
永正元年(1504)海竜王寺沙弥仙算、木寄番匠奈良宿院七郎太郎の手になる大黒天半跏像をまつる。

西大寺 028

大きいお堂が愛染堂。
祀られているのは、もちろん愛染明王。

お堂は京都御所の近衛公政所御殿を寄進を受けて宝暦12年(1762年)移築したもの。
お公家さんの家だったんですね@@;

西大寺 029

愛染明王坐像(重文)は宝治2年(1247年)、仏師善円作。
ですが、秘仏で年に二回後開帳されます。
今日は御前立ちですが江戸時代の素敵な像でしたよ。

西大寺・愛染堂

愛染堂で頂ける御朱印。

西大寺 032

鐘楼。こちらも奈良市の文化財。

とても良いお寺だったんですが、写真を見ての通り、他の参拝者は疎らです。
駅に近くアクセスも良いのに、なんで拝観者は少ないのかな?
仏像も凄く良かったのに。

西大寺 033

観音さん。

拝観者が少ないからこそ、私はじっくり拝観できたんですけどね。
穴場ってことですね。

西大寺駅にはレンタサイクルもあるし、奈良観光の拠点にいいと思うんだけど。

西大寺 001

こちらは東門の向かいにある石落神社。
この神社も西大寺の神社です。

西大寺 002

近くで拝めないのが残念です。

この後、西大寺駅の中でランチを食べて西ノ京へ向かいます。

 真言律宗総本山 西大寺 HP >>

<< 醍醐寺を歩く4 上醍醐の伽藍      西ノ京・天平の寺2 薬師寺 前篇 >>

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ


スポンサーサイト

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

tag : 奈良 西大寺 称徳天皇 百万 世阿弥 叡尊 善円 善慶 朱印

comment

Secret

FC2プロフ
プロフィール

じゅみーcoco

Author:じゅみーcoco
伊勢神宮の近所で生まれ育って
現在、伊勢の隣の町に在住。

忙しかった子育ても一段落。
行きたかった神社、お寺、
歴史の舞台、遺跡etc
あちこちお出かけするぞ~~
御朱印ももらっちゃうもんね^^

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
お勧めショップ

仏教美術の世界にようこそ



ご朱印帳と旅する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
神社・寺などの名前を入れてね。
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Amazon商品一覧【新着順】
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QR
RSSリンクの表示